本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ファンタジーでは定番! アニメ&ゲームに登場する色んな『ゴブリン』キャラクターのイラスト集
 「ゴブリン」とは、ヨーロッパの民間伝承に出てくる空想上の生物を指します。TRPGやRPGなどでは序盤で登場するモンスターとして扱われることが多いです。 本記事では、イラストをコメント付きで楽しめるサイト「ニコニコ静画」に投稿された「ゴブリン」の画像をお届けします。...
別窓で開く

この人の死因はなに?推理ゲーム「Ai‐オートプシー」の作者に聞いてみた
 ドラマや映画のシーンでも見かける事の多い検死。それにおいて、実際の死因を探る際に実施する死亡時画像診断の事を「オートプシー・イメージング(Autopsy imaging)」、略してAiと呼びます。 このAiを題材に、事件現場に残された数々の証拠から死体の死因を探る「Ai‐オートプシー」というアナロ...
別窓で開く

TMNまで届くのは時間の問題!? 団塊ジュニアは老人ホームで「Get Wild」を聞くという予想ツイートが未来視感
2022年4月8日に発売35周年を迎えたTM NETWORKの大ヒット曲「Get Wild」。アニメ『シティ・ハンター』のED曲としても馴染み深く、カラオケで一度は歌ったという人も多いのではないでしょうか。『3分診療時代の長生きできる受診のコツ』(世界文化社)の著者で神経内科医の高橋宏和氏(@hir...
別窓で開く

TRPG『歯車の塔の探空士』下層民の食事を再現! フィッシュ・アンド・チップスが贅沢品に見える簡素を極めた1日の食事を体験してみた
 今回紹介するのは、名倉三吾さん投稿の『探空士のすゝめ【漫画飯再現料理祭2022|歯車の塔の探空士】』という動画です。投稿者メッセージ(動画説明文より) 蒸気と冒険の飛空艇TRPG、歯車の塔の探空士(スカイノーツ)の時間だ!こんなに散財して生活費は大丈夫なのかって? ……ハハハ。それはそれとして今日...
別窓で開く

「にじさんじ」周央サンゴ、サンリオキャラクター「ポチャッコ」への愛が止まらない…! 世怜音女学院メンバーへの想いやお気に入りの動画の紹介も
 今のニコニコを伝える、今後のニコニコについてみんなで考える番組『週刊ニコニコインフォ』。 61回目の放送では、司会に百花繚乱氏、運営から栗田穣崇氏、そして今週のピックアップゲストコーナーには、周央サンゴ氏が登場。 周央サンゴ氏は、2020年8月6日にデビューしたにじさんじ所属のバーチャルライバー。...
別窓で開く

19世紀のロンドンで探偵たちが怪事件に挑む!? アニメつきのTRPGリプレイ動画がすごくわかりやすい!
 今回紹介するのは、難易度ルナティック(濃厚民族)さん投稿の『うごくクトゥルフ神話TRPG「ヴィクトリアン・アンノウン / 第1話 トリオ・ザ・アンノウン」part1』という動画です。投稿者メッセージ(動画説明文より) クトゥルフ神話TRPGのセッションリプレイアニメ 第5弾。19世紀ロンドンを舞台...
別窓で開く

やりこみプレイ、RTA、TRPG──2021年に掲載した“動画投稿者インタビュー”7本まとめ。“愛と狂気に満たされた世界”を覗き見してみませんか?
 ニコニコニュースORIGINALでは、この1年間で7本の動画投稿者(配信者)へのインタビューを実施してきた。 1日16時間以上”マイクラ建築”をし続けた結果、『マイクラ』の幻聴が聞こえるようになった実況者。 縛りプレイ記録更新のために本職のゲームデバッガーになり、『FF6』のバグを令和になっても探...
別窓で開く

年末年始だからこそ遊びたい 気軽に楽しめるTRPGの世界
 年末年始は忙しいと思ったら予定していた行事が早く終わり急に空いた時間が出来たりします。しかし、お正月で定番の双六や福笑い、カルタなどはもう飽きてしまった。そんな時に魅力的なのが短時間で出来るボードゲームやTRPG。今ではネットで多数のゲームやルールが無料配信され、実は意外と気軽に楽しむことができる...
別窓で開く

クトゥルフ神話TRPG『沼男は誰だ?』をセッションしてみた! 名は”丸出犬”だが人間で半裸の脱獄犯というやべー探索者が気になりすぎる
 今回紹介するのは、吹逸甘造すいーつあまぞうさん投稿の『【クトゥルフ】ずん子KPの『沼男は誰だ?』 1話目 【実卓リプレイ】』という動画です。投稿者メッセージ(動画説明文より) 本動画はma34様作のシナリオ「沼男は誰だ?」を加筆アレンジしたむつー様の台本を参考にしており、ネタバレがあります。...
別窓で開く

ホラー映画のお約束で遊べ!アナログゲーム「フラグのいけにえ」作者に聞く
 ホラー映画を観ていると、必ず「あ、きっと次の犠牲はこのキャラクターだな」と察しがつく場面があります。これをネット用語で「死亡フラグ」といい、ある意味テンプレ化した展開を楽しむ文脈で使われる言葉。 そんな、映画でおなじみの死亡フラグを題材にしたアナログゲーム「フラグのいけにえ」の作者である「チームさ...
別窓で開く



<前へ123次へ>