本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



復刻以来大人気の「Q TIMEX」にGMTモデルが追加!
1979年、腕時計の主流が機械式からから電池式(クォーツ)へ移行しつつある中で発売されたのが、先端技術のクォーツ・ムーブメントを搭載した「Q TIMEX(キュー タイメックス)」。2019年に、当時のオリジナルモデルのデザインをそのまま踏襲した新生「Q TIMEX」が復刻した際は、大きな話題となりま...
別窓で開く

「TIMEX 80」新色は斬新な組み合わせが結構かわいいぞ!
1980〜’90年代に誕生したTIMEX(タイメックス)の定番コレクション“Classic Digital(クラシック・デジタル)”は、通称“角デジ”とも呼ばれ、ベーシックな機能と80年代のレトロなテイストのデザインが人気を呼んだロングセラー。...
別窓で開く

ミリタリーなルーツを持つ最新腕時計5選
基本機能は時刻を確認することになるのですが、腕に着けるという使い方だからこそ、使用シーンに応じてスペックが変わっていく腕時計。ダイバーズやクロノグラフはそういった使用シーンに合わせて生まれた腕時計です。このような腕時計のルーツを辿っていくと、ひとつのジャンルとして確立されているのが“ミリタリー”です...
別窓で開く

超人気の「Q TIMEX」機械式に黒青カラーが追加!
TIMEX(タイメックス)の「M79」(4万1800円)から、新色“ブラック×ブルー”が新登場! 清涼感のあるカラーリングは、これからの季節のコーディネートを爽やかに演出してくれそうです。「M79」は、TIMEXの人気ウォッチ「Q TIMEX」の、電池不要な機械式として生まれ変わったウォッチ。...
別窓で開く

ん?これTIMEX「Camper」?実はフランスブランド“Kelton”の復刻モデルなんです
パッと見たらTIMEX(タイメックス)の腕時計だけど、よく見たらブランドはKelton(ケルトン)。何だこれ? ってなりますよね。出自を知ったら、つい人に教えたくなってしまいそうな腕時計なんです。フランスウォッチブランド・Keltonは、ベトナム戦争期に、TIMEXが米軍へ開発したミリタリーウォッチ...
別窓で開く

洗濯機で丸洗いOK!リラックスできるセットアップでリモートワークを快適に
仕事の場に自宅が含まれるようになった昨今。スーツやYシャツを着る機会もそれに合わせて随分と減った、という人も多いのではないでしょうか。とはいえ、定期で開催されるウェブ会議やオンラインミーティングでは、画面越しでもさすがにTシャツというわけにはいきません。...
別窓で開く

タイメックスの新作アウトドアウォッチは方位、気温水温、潮汐をアナログで表示!
1854年の創業以来、アメリカン・カジュアルウォッチとして不動の人気を誇るTIMEX(タイメックス)。 そのアウトドアウォッチ・コレクションが、誕生以来およそ30年の時を超えてアップデート。現代にふさわしいコンセプトとともに、新コレクション“EXPEDITION NORTH(エクスペディション ノー...
別窓で開く

歴史ある軍用時計が手軽なクォーツになって復刻!
軍用時計(ミリタリーウォッチ)は、戦地という極限状況で利用される腕時計。そのため、壊れにくい堅牢性や、サッと時間を確認できる視認性などに優れた製品が多く、シンプルかつ機能的なデザインが独自の魅力を放っています。100周年を迎えたアメリカのブランド・BENRUS(ベンラス)から、かつて米軍特殊部隊で使...
別窓で開く

闇夜に浮かぶバットマンにジョーカーモデルも!テンデンスのバットマンコラボ登場
Tendence(テンデンス)はイタリアのデザインセンスと、スイスの時計品質を兼ね備えた新進気鋭のファッションウォッチブランドです。ブランド誕生後すぐにパリやニューヨーク、ミラノなど世界の有名百貨店やセレクトショップで販売。日本には2008年に進出し、2014年には旗艦店を出店。...
別窓で開く

良作を見極めるのが重要!2021年に登場した20万円以下の機械式腕時計5選
【2021年人気アイテム総まとめ】正直言うと、この価格帯は非常に難しいポジションにある。というのも、多くの時計ブランドが材料費や人件費の上昇を理由に、商品価格を上げており、層が薄くなっているのだ。さらには時計ユーザーの消費傾向も「どうせだったら良い時計を買おう」という意識があって、日本市場における時...
別窓で開く


[ timex ] の関連キーワード

camper kelton バットマン フランス メックス

<前へ12345678次へ>