本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



鈴木誠也の見事な“悪球打ち”に地元メディアが驚愕! 前日に続いてまたも大暴れ「IL明けから2戦連発だ」
故障明けのサムライの勢いが止まらない。【動画】鈴木誠也が2戦連発! 地元メディアも注目した見事な“悪球打ち”をチェック 現地時間7月4日、シカゴ・カブスの鈴木誠也は、敵地で行なわれたミルウォーキー・ブルワーズ戦に「4番・ライト」でスタメン出場し、勝ち越し6号2ランを含む5打数...
別窓で開く

「スズキはカブスの未来にとって重要だ」復帰目前の鈴木誠也に現地メディアから激励の声。今後数年にわたる“外野の要”としても期待
左手薬指の負傷により、先月末から戦列を離れていたシカゴ・カブスの鈴木誠也が、復帰間近だ。すでに、複数の現地メディアを中心に、現地時間10日のニューヨーク・ヤンキース戦から試合復帰の見通しだという声が聞こえてきている。 開幕からの華やかな活躍の後、5月には一転して相手投手の厳しいマークに苦しみ、さらに...
別窓で開く

「ジョーの責任じゃない」大谷翔平が12連敗で解任されたマッドン監督に“謝罪”。「すべてに感謝しています」
  現地時間6月7日、そして日本の朝に衝撃の一報が届いた。 ロサンゼルス・エンジェルスはジョー・マッドン監督を解任することを発表したのだ。前日のボストン・レッドソックスに0対1で敗れたエンジェルスは球団ワーストとなる12連敗。2週間前には27勝20敗で両リーグ勝率8位を記録していたが、今で...
別窓で開く

三振率36.4%と「酷い」打撃不振に苦しむ鈴木誠也。「コンタクトした打球は凄く強い」が5月の本塁打が“ゼロ”のワケは?
アメリカの地でチームの期待に応えられず、不振にあえぐシカゴ・カブスの鈴木誠也。 開幕した4月の勢いは凄まじかった。一時は打率4割を超える好成績をマーク。月間最優秀新人にも選出されるなど、現地メディアでの期待値も高かった。しかし、その後成績は急降下。5月も中旬に入り、ようやく毎試合コンスタントに安打を...
別窓で開く

「上昇傾向かもしれない」鈴木誠也がフェンス直撃の二塁打&盗塁成功で復調の兆し!?「そろそろホームランが見たい」とファン反響
現地時間5月23日、シカゴ・カブスの鈴木誠也は、敵地で行なわれたシンシナティ・レッズ戦に「3番・右翼」で先発出場。3打数1安打2四球1盗塁の活躍でチームの勝利に貢献した。【動画】今季12本目の二塁打で勝利に貢献!鈴木誠也が放ったフェンス直撃の一打をチェック 4回の第2打席、鈴木は相手先発ブラディミー...
別窓で開く

「ボール球に手を出し、見逃しも多い」鈴木誠也の不振に現地メディアが見解 投手の攻め方の変化も指摘「受け身の打席が増えた」
5月を迎え、日々盛り上がりを見せる米メジャーリーグ。今季よりシカゴ・カブスでプレーする鈴木誠也の調子がおかしい。開幕直後から連日のように繰り出していた鮮やかなバッティングが一転、鳴りを潜めているのだ。 ここまでスタメンでの出場は続けているものの、直近6試合で安打はわずかに1本。また、三振数の多さも目...
別窓で開く

「超人セイヤが地球に帰ってきた」CY賞右腕を“攻略”の鈴木誠也に地元メディアは熱狂!「これから数週間が大きな試練」との指摘も
和製スラッガーが幸先いい5月スタートを切った。【PHOTO】大谷翔平、鈴木誠也、ダルビッシュ有…MLB 2022シーズンで躍動する“サムライ戦士”たちの厳選フォトを一挙紹介! 現地時間5月1日、シカゴ・カブスの鈴木誠也は、敵地で行なわれたミルウォーキー・ブルワー...
別窓で開く

鈴木誠也、快音響かず4試合ぶりにノーヒット。2度の“見逃し三振”に悔しさ滲ませる場面も
現地時間4月26日、シカゴ・カブスの鈴木誠也は、敵地で行なわれたアトランタ・ブレーブス戦に「2番・右翼」でスタメン出場。この日は4打数無安打、2三振と不発で、4試合ぶりにノーヒットに終わった。 第1打席に見逃し三振、第2打席は遊ゴロに倒れた鈴木。1-1の5回2死一、二塁と一発出れば逆転の第3打席、外...
別窓で開く

止まらない鈴木誠也をカブス専門メディアもべた褒め! 「常識を覆し続けるルーキー」とリーグトップ水準の打力に注目
今季から名門シカゴ・カブスの一員となった鈴木誠也。移籍直後は米メディアでもプレーに対する期待が論じられる一方で、MLBへの適応など不安要素も語られたが、開幕してからはそうしたことも少なくなった。彼が見事なまでの打棒を発揮しているからだ。...
別窓で開く

「きっと大丈夫、約束する」打撃不振の大谷翔平にMLB公式メディアは“復調”を期待!鈴木誠也には「カブスが夢に見た存在」と称賛も
現地時間4月7日に開幕したメジャーリーグ。昨シーズン“二刀流”として野球史に名を刻んだ大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)や、日本の主砲・鈴木誠也(シカゴ・カブス)の挑戦に日本のみならず現地でも注目が集まっている。 初の開幕投手を務めた大谷は4回2/3を投げ、被安打4、9奪...
別窓で開く


<前へ12次へ>