本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「子供の落書き」「燃えるゴミ箱のよう」 あまりに酷いタトゥーに怒りで号泣の女性(米)<動画あり>
失恋した女性が髪型を変える話はよく聞くが、アメリカのある女性は離婚したことを機に新たなタトゥーを腕に入れることにした。信頼する彫り師に無料で施術してもらえることになった彼女だが、その出来栄えは希望したものとは似ても似つかないほど酷いものだったという。『The Sun』などが伝えている。...
別窓で開く

悪いことだと知っていても、浮気や不倫を繰り返す人がいる。政治社会学者の堀内進之介さんは「我慢するべきなのに我慢できないのは、人間の本性のせいだ。自制心をめぐる問題は古代ギリシア時代から論じられてきた」という——。※本稿は、堀内進之介『データ管理は私たちを幸福にするか? 自己追跡(セルフトラッキング)...
別窓で開く

ラジオとの出会いは「孤独だったアメリカでの生活」 秀島史香
黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(6月20日放送)にラジオDJ・ナレーターの秀島史香が出演。自身のラジオとの出会いについて語った。秀島史香黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。6月20日(月)〜6月24日(金)のゲストはラジオ...
別窓で開く

本拠地に鳴り響いた凄まじい打球音——。大谷翔平の16号に同僚左腕は「毎回『1本欲しい』と伝えている」と告白
その凄まじい一発にチームメイトも脱帽するしかない。【動画】快音とともに飛び出した圧巻弾! 大谷翔平の特大16号をチェック 現地時間6月25日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたシアトル・マリナーズ戦に「3番・DH」で先発出場し、4打数1安打1打点をマーク。...
別窓で開く

全国18カ所にゴルフ場を展開する太平洋クラブは、2012年に経営破綻。その後、スポンサーとなった遊技業界大手のマルハンによって「名門ゴルフ場」として復活した。韓俊社長は何をやったのか。『名門再生 太平洋クラブ物語』(プレジデント社)を出すノンフィクション作家の野地秩嘉さんが書く——。(第2回/全4回...
別窓で開く

イギリス王室の人気を支える“オープンすぎる”SNS戦略 日本の皇室が学ぶべき危機感とは「小室眞子さんの騒動があっても、何も変えようとしない」
 エリザベス女王の在位70周年を祝う祝賀イベントは日本を含めて世界中で大きな注目を集めた。 イギリスの王室は戦後の日本皇室にとって、ある種の「お手本」であったと言われている。国民との距離感や、家族の関係性、情報公開から不祥事の対応まで……。...
別窓で開く

終戦後、米国の占領下にあった沖縄県は、日本の法律ではなく、アメリカ民政府が出す「布令」の縛りを受けた。その中には、庶民の魚であるサンマに20%の関税を課すものもあった。沖縄テレビの山里孫存ディレクターは「米国側を訴えた魚屋の女将は、1人で7000万円を勝ち取った。米国の意向が絶対の沖縄で劇的な勝利だ...
別窓で開く

なぜ日本人の給料は上がらないのか。ビジネス・ブレークスルー大学学長の大前研一さんは「岸田文雄首相は賃上げした企業に税制を優遇するというが、まったく的外れな政策だ。このままでは韓国や台湾に1人当たり名目GDPでも抜かれてしまう」という——。※本稿は、大前研一『大前研一 世界の潮流2022-23スペシャ...
別窓で開く

男性は「たくさんのお金があればモテる」と思い込みがちだが、それは全部勘違いだ、とするのは、「進化論的モテのノウハウ」を明らかにした『モテるために必要なことはすべてダーウィンが教えてくれた』だ。女性たちはお金ではなく、一定のお金を得る力、またその使い方によって男性たちの「特性」と「資質」を判断するのだ...
別窓で開く

今季のプロ野球で、審判に関するトラブルが相次いでいる。4月24日のオリックス−ロッテ戦では、ロッテ佐々木朗希選手に白井一行球審が厳しく注意をし、その態度には批判が集まった。アマチュア野球で年間200試合の審判を務める粟村哲志さんは「プロの審判が感情で判定することは絶対にない。怖い顔も激しい口調も、す...
別窓で開く


[ the 不二子 アメリカ ] の関連キーワード

イギリス アメリカ sns 太平洋