本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



<W解説>2022年も「日中韓首脳会談」は見送り=2か国間に懸案あっても開催の当初の原則に立ち返るべき
日本、中国、韓国3か国による首脳会談が今年も見送られることとなった。2019年12月に中国で開かれたのが最後で、3年連続の見送り。元徴用工訴訟問題を抱える日韓関係や、中韓関係が悪化していることが要因となっている。日中韓首脳会談は1999年に当時の小渕恵三首相の提唱により、フィリピンでの国際会議に合わ...
別窓で開く

<W解説>北朝鮮無人機の韓国領空侵犯で浮き彫りとなった「防衛の穴」
北朝鮮の無人機5機が26日午前、南北の軍事境界線を越えて韓国北西部の領空に侵入した。最初に確認された1機はソウル首都圏の北部地域まで一時接近し、領空侵犯から約3時間で北朝鮮に戻った。残りの4機は北西部のカンファド(江華道)周辺で活動する航跡を見せたが、その後、姿を確認できなくなった。北朝鮮無人機によ...
別窓で開く

北朝鮮の無人機が侵入、韓国軍の砲撃は命中せず—独メディア
2022年12月26日、独国際放送局ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは、北朝鮮の無人機5機が韓国の領空に侵入、韓国軍の砲撃は命中しなかったと報じた。記事は、韓国軍が26日午前10時25分、京畿道一体で複数の北朝鮮の無人機と見られる飛行軌跡を捉えたと紹介。...
別窓で開く

5年半ぶりに北朝鮮の無人機、MDL侵犯…韓国軍「撃墜を試みている」
韓国軍が26日、数機の北朝鮮の無人機南下に対応し、戦術措置に乗り出した。無人機は西部戦線の軍事境界線(MDL)を越えて偵察活動をしたものとみられる。北朝鮮の無人機のMDL侵犯は、2017年6月以降、5年6か月ぶりのことだ。...
別窓で開く

“ミサイル射程圏内”グアムの最新防衛事情 楽園の島に迫る脅威は「全て撃ち落とす」
北朝鮮の弾道ミサイルが、グアムを射程に収めるようになってしまいました。中国の巡航ミサイルによる脅威も高まってきています。日本人には馴染み深い南の島グアム、その防衛の現状と、今後の展望について解説します。5年ぶりに日本上空を通過した弾道ミサイル グアムといえば、日本人には自国から程近い南国リゾートとし...
別窓で開く

<W解説>中国が韓国のTHAAD配備に反発する理由
韓国のユン・ソギョル(尹錫悦)大統領は16日、大統領室で、2泊3日の日程で訪韓した中国共産党序列3位の栗戦書(りつせんしょ)全国人民代表大会(全人代)常務委員長(国会議長)と会談した。韓中関係が膠着(こうちゃく)する決定的要因となったTHAAD(最終段階高高度地域防衛)問題についても議論された。...
別窓で開く

中韓外相が「チップ4」「サード」など率直な対話…「中韓関係が変わった」=韓国報道
中韓外相が300分間、両国の懸案において熾烈(しれつ)な外交戦を繰り広げた。米国主導の半導体供給網協議体「チップ4」(米・日・韓・台)から「サード」(THAAD:終末高高度防衛ミサイル)「限韓令」(韓流制限令)まで、すべての懸案を議題のテーブルにのせた。修交30周年を迎え和気あいあいとした雰囲気の中...
別窓で開く

中韓国防相、2年半ぶりに「対面協議」=北核問題など議論か
中韓の国防相が10日、2年半ぶりに顔を合わせる。北朝鮮の核、朝鮮半島情勢など両国の懸案を協議する。シンガポールで開かれるアジア安保会議(シャングリラ会合)に出席するイ・ジョンソプ韓国国防長官はこの日、中国のウェイ・フォンホー(ギ・ホウカ/魏鳳和)国務委員兼国防相と会い、対面で会談を行う。...
別窓で開く

中露朝の武力示威、試される尹錫悦政府の「経済安保」=韓国メディアのコラム
北朝鮮は今月25日、核弾頭の搭載が可能で米国全域を攻撃できるいわゆる「怪物ICBM」と呼ばれる “火星17型”と推定されるICBM(大陸間弾道ミサイル)をはじめとした3発の長・短距離ミサイルを発射した。北朝鮮が日本と韓国が射程圏に入るSPRM(短距離弾道ミサイル)2発を含めて発射したのは、日米韓3か...
別窓で開く

米国、韓国のTHAAD追加配置に慎重「追加配置の計画はない」
終末高高度防衛ミサイル「THAAD(サード)」追加配置を公約に掲げていたユン・ソギョル(尹錫悦)次期大統領就任を控えて、慎重な姿勢を見せている。米国防総省のマーティン・マイナース報道官は5日(現地時間))、韓国にTHAADを追加配置することに対する立場を尋ねる質問に「追加THAAD関連計画があるとは...
別窓で開く


[ thaad 北朝鮮 ] の関連キーワード

グアム mdl 北朝鮮

<前へ1234次へ>