本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



韓国に3つの「危険な動向」、最後に割りを食うのは自分自身—中国メディア
2023年1月13日、新民週刊は、韓国に3つの「危険な動向がある」とする記事を掲載した。まず最初に挙げたのは、核武装化だ。記事は、韓国国防省と外務省が先日合同で開いた政策報告会で尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領が戦術核兵器の調達または自主開発の意向を示したと紹介。...
別窓で開く

中国、韓国の “入国制限ビザ”につづき “サード配置”も指摘…「中韓関係の妨げになってはならない」
中国は、「入国ビザ制限」をとりまく中韓間の葛藤の中、韓国内の「サード(THAAD:終末高高度防衛ミサイル)」についても牽制球を投げた。中国外務省の報道官は13日の定例会見で、“早ければ3月に、サードの韓国内公式配置手続きが終わるだろう”という韓国メディアの報道について、論評を求める中国記者からの質問...
別窓で開く

中韓、経済共同委員会テレビ会議…文化コンテンツ交流拡大を議論
韓国と中国が24日、テレビ会議で開かれた第26回中韓経済共同委員会で両国間の文化コンテンツ交流拡大などについて議論した。イム・スソク外交部(外務省に相当)報道官は同日、定例ブリーフィングで「政府は各種の契機ごとに中国側に韓中間の文化交流の重要性を強調し、文化コンテンツ交流拡大のために中国側と協議を続...
別窓で開く

韓国大統領室、中国の “3不1限”の主張に「サードは自衛的防衛手段・安保主権」
韓国大統領室は11日、サード(THAAD:終末高高度防衛ミサイル)の配置・運用に関して韓国政府が「3不1限を宣言した」とする中国政府の主張に対して「政府はサードが北核とミサイル脅威から国民の生命と安全を守るための自衛的防衛手段だということを改めてお伝えする」と一蹴した。...
別窓で開く

中韓外相が「チップ4」「サード」など率直な対話…「中韓関係が変わった」=韓国報道
中韓外相が300分間、両国の懸案において熾烈(しれつ)な外交戦を繰り広げた。米国主導の半導体供給網協議体「チップ4」(米・日・韓・台)から「サード」(THAAD:終末高高度防衛ミサイル)「限韓令」(韓流制限令)まで、すべての懸案を議題のテーブルにのせた。修交30周年を迎え和気あいあいとした雰囲気の中...
別窓で開く

韓国、北京オリンピックでジレンマ…中韓関係・終戦宣言が試験台に
米中の葛藤が激しくなる中で、韓国が再び政治的ジレンマに置かれることになった。米ホワイトハウスは6日(現地時間)、中国新疆地区のウイグル少数民族弾圧をはじめとする人権蹂躙(じゅうりん)を理由に、来年2月の北京冬季オリンピックに対する外交的ボイコットの方針を明らかにした。米国は北京オリンピックに選手団は...
別窓で開く

日本「李在明候補は “対日強硬派”」中国「尹錫悦候補は中国と “利害対立”」=日中がみる韓国大統領選
韓国最大野党“国民の力”のユン・ソギョル(尹錫悦)次期大統領選候補は公の席で「もし当選すれば、米国が韓国に核兵器を配置することを許容するだろう」と発言した。これは中国の利益と大きく相反する。(11月16日、中国社会科学院アジア・太平洋グローバル戦略研究員および中国周辺戦略研究院の主任である王俊生氏の...
別窓で開く

尹氏の「戦術核配備」要求に…中国、「責任ある行動ではない」と批判=韓国報道
韓国大統領選の野党有力候補であるユン・ソンニョル(尹錫悦)前検事総長が、外交安保分野の公約として「米国に戦術核配備を要求する」と明らかにしたことに対し、中国が「責任ある行動ではない」と批判した。...
別窓で開く

駐韓中国大使「ユン前検察総長による “サード発言”へ反発は、当然のこと」=韓国
韓国の次期大統領選に出馬宣言した ユン・ソンヨル(尹錫悦)前検察総長による “サード(THAAD:終末高高度防衛ミサイル)発言”に反発した ケイ海明 駐韓中国大使は、“自身が大統領選に介入している”という物議に対して「当然のことをしただけだ」という見解を述べていたことが明らかとなった。...
別窓で開く

韓国外務省、駐韓中国大使に “サード問題”の「自粛を要請」
韓国外交部(外務省)の高位関係者はきょう(20日)、ケイ海明 駐韓中国大使に「サード(THAAD:終末高高度防衛ミサイル)への対応」に関する自粛を求めた。次期大統領選立候補者による外交・安保の見解に対して 中国大使が公(おおやけ)に批判したことで、政界では物議をかもしている。...
別窓で開く


<前へ12次へ>