本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米がウクライナに「パトリオット」を供与するのは「ロシアのインフラ攻撃」が効いている証拠
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が12月16日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。バイデン政権がウクライナへ供与するとみられる迎撃ミサイル「パトリオット」について解説した。...
別窓で開く

台湾、防空ミサイル密集度「世界2位」…中国からの脅威に「ハリネズミ戦略」を具体化
中国からの軍事的脅威が増している台湾は、「世界2位の防空ミサイル密集度」を構築していることがわかった。きょう(18日)台湾の日刊紙”中国時報”など台湾メディアによると、台湾の防空ミサイル密集度が、低高度防御システム「アイアンドーム」などを運用するイスラエルにつづき 世界2位であることが調査された。...
別窓で開く

THAADとパトリオットのシステム統合を本格化か=在韓米軍
米軍がTHAAD(高高度防衛ミサイルシステム)とパトリオットシステムなどについての性能改良作業を本格化しているものと観測される。昨年初めの米国防部のTHAADシステム性能改良が具体化されたことを示す。...
別窓で開く

バイデン政府、北朝鮮ミサイル対応のためミサイル防衛システムとキルチェーン強化へ
バイデン政府が北朝鮮からの核・ミサイル脅威に対応するため、ミサイル防衛(MD)システムを大幅に強化するものとみられる。特に北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)がアメリカ本土に「実在的危険」になっていると判断し、ミサイルを発射前の段階で探知して無力化できる「キルチェーン」をはじめとする多層的防御網構...
別窓で開く

韓国国防部、「THAAD基地に新たな装備搬入なし…性能改善とは無関係」
韓国国防部はキョンサンプクド(慶尚北道)ソンジュ(星州)の在韓米軍THAAD(終末高高度防衛ミサイル)システム基地に新たに搬入された装備のうち、パトリオットミサイル(PAC)との統合運用のための新規装備が含まれたとの報道について、1日「事実ではない」と反論した。...
別窓で開く


<前へ1次へ>