本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



中韓国防相、2年半ぶりに「対面協議」=北核問題など議論か
中韓の国防相が10日、2年半ぶりに顔を合わせる。北朝鮮の核、朝鮮半島情勢など両国の懸案を協議する。シンガポールで開かれるアジア安保会議(シャングリラ会合)に出席するイ・ジョンソプ韓国国防長官はこの日、中国のウェイ・フォンホー(ギ・ホウカ/魏鳳和)国務委員兼国防相と会い、対面で会談を行う。...
別窓で開く

北京五輪「外交ボイコット」に日本が参加…大きくなる韓国のジレンマ=韓国報道
日本が北京五輪の外交ボイコットに参加することを決めたことで、韓国政府の苦悩が深まっている。ボイコット参加には線を引いているが、米国の主要同盟国の不参加が増えるほど外交的圧迫が強まるしかないからだ。12日(きょう)、日本政府は北京五輪に閣僚級の高官は派遣せず、東京五輪組織委員会の橋本聖子会長を派遣する...
別窓で開く

韓国がファイブアイズに加われば「大きな代償」、THAAD配備時のように=中国
 ファイブアイズは、米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドが機密情報を共有する枠組みだが、近年ではこれに日本や韓国などを加えて拡大することが議論されている。しかし、中国メディアの網易はこのほど、韓国がファイブアイズに加わるなら、その「代償」は「得られる利益よりずっと大きくなる」と主張す...
別窓で開く

豪は「反中」、ニュージーランドは「親中」…韓国は?
米中覇権競争が激化する中、米国と中国は 各国が自分たち側につくことを強要している。そのような中、同じ“ファイブ・アイズ”の加盟国でも、オーストラリアとニュージーランドは正反対の動きをみせている。“ファイブ・アイズ”は、米国・英国・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドの5か国で、米・英と英国の植民...
別窓で開く

習近平、年内訪韓の可能性大…新型コロナウイルス後初の対面首脳会談が実現
習近平、年内訪韓の可能性大…新型コロナウイルス後初の対面首脳会談が実現中国の外交政策を総括する楊潔チ中国共産党外交担当政治局員が、来週訪韓する可能性が高いと報じられ、習近平中国国家主席の年内訪韓の日程が決まるのかが注目される。習主席の訪韓が実現すれば、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)騒動...
別窓で開く


<前へ1次へ>