本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



韓国に3つの「危険な動向」、最後に割りを食うのは自分自身—中国メディア
2023年1月13日、新民週刊は、韓国に3つの「危険な動向がある」とする記事を掲載した。まず最初に挙げたのは、核武装化だ。記事は、韓国国防省と外務省が先日合同で開いた政策報告会で尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領が戦術核兵器の調達または自主開発の意向を示したと紹介。...
別窓で開く

<W解説>2022年も「日中韓首脳会談」は見送り=2か国間に懸案あっても開催の当初の原則に立ち返るべき
日本、中国、韓国3か国による首脳会談が今年も見送られることとなった。2019年12月に中国で開かれたのが最後で、3年連続の見送り。元徴用工訴訟問題を抱える日韓関係や、中韓関係が悪化していることが要因となっている。日中韓首脳会談は1999年に当時の小渕恵三首相の提唱により、フィリピンでの国際会議に合わ...
別窓で開く

「世界で最も反中感情が強いのは韓国人」「独特の嫌い方」米外交専門メディア
韓国人の反中感情が世界56カ国の中で最も強い水準だという調査結果が出ている。24日(現地時間)、米外交専門媒体「ディプロマット」によると、中央ヨーロッパアジア研究所(CEIAS)などが参加した国際研究陣が今年4月11日〜6月23日の間、韓国成人男女1364人を対象に中国に対する認識などを問う世論調査...
別窓で開く

<W解説>中国のOTTで韓国映画の上映が再開=「限韓令」解除につながるか?
韓国の大統領室は今月22日、中国のオンライン動画配信サービス(OTT)で、韓国映画の上映が再開されたことを明らかにした。中国は韓国と米国が2016年、米国の最新鋭地上配備型迎撃ミサイル「高硬度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に合意したことに反発し、韓流コンテンツの流通を制限する「限韓令」を発令...
別窓で開く

<W解説>中国が韓国のTHAAD配備に反発する理由
韓国のユン・ソギョル(尹錫悦)大統領は16日、大統領室で、2泊3日の日程で訪韓した中国共産党序列3位の栗戦書(りつせんしょ)全国人民代表大会(全人代)常務委員長(国会議長)と会談した。韓中関係が膠着(こうちゃく)する決定的要因となったTHAAD(最終段階高高度地域防衛)問題についても議論された。...
別窓で開く

中韓外相が「チップ4」「サード」など率直な対話…「中韓関係が変わった」=韓国報道
中韓外相が300分間、両国の懸案において熾烈(しれつ)な外交戦を繰り広げた。米国主導の半導体供給網協議体「チップ4」(米・日・韓・台)から「サード」(THAAD:終末高高度防衛ミサイル)「限韓令」(韓流制限令)まで、すべての懸案を議題のテーブルにのせた。修交30周年を迎え和気あいあいとした雰囲気の中...
別窓で開く

アメリカの戦略が見えなかった「ペロシ氏の台湾訪問」 日本はどのような「メッセージ」を示すべきか
国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙が8月5日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ペロシ米下院議長の台湾訪問について解説した。台湾の立法院(国会)を訪れるペロシ米下院議長=2022年7月3日、台北(ロイター=共同)写真提供:共同通信社中国が弾道ミサイル発射、日本のEEZに5...
別窓で開く

「中国の代案はヨーロッパ」と宣言したが…新たな中韓関係は「宿題」=韓国
スペイン・マドリードで開かれたNATO(北大西洋条約機構)首脳会議の日程を終え、きょう(1日)帰国した韓国のユン・ソギョル(尹錫悦)大統領は、自由民主主義に基づいた価値規範の連帯を掲げ、NATOと米国・日本など西側諸国と「密着」した。一方、朝鮮半島情勢と韓国経済においてかなりの割合を占めている中国と...
別窓で開く

中韓国防相、2年半ぶりに「対面協議」=北核問題など議論か
中韓の国防相が10日、2年半ぶりに顔を合わせる。北朝鮮の核、朝鮮半島情勢など両国の懸案を協議する。シンガポールで開かれるアジア安保会議(シャングリラ会合)に出席するイ・ジョンソプ韓国国防長官はこの日、中国のウェイ・フォンホー(ギ・ホウカ/魏鳳和)国務委員兼国防相と会い、対面で会談を行う。...
別窓で開く

中露朝の武力示威、試される尹錫悦政府の「経済安保」=韓国メディアのコラム
北朝鮮は今月25日、核弾頭の搭載が可能で米国全域を攻撃できるいわゆる「怪物ICBM」と呼ばれる “火星17型”と推定されるICBM(大陸間弾道ミサイル)をはじめとした3発の長・短距離ミサイルを発射した。北朝鮮が日本と韓国が射程圏に入るSPRM(短距離弾道ミサイル)2発を含めて発射したのは、日米韓3か...
別窓で開く


[ thaad アジア ] の関連キーワード

ヨーロッパ アメリカ ペロシ

<前へ123次へ>