本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


二枚舌外交を極める尹錫悦 米中二股にいら立つバイデンの「お仕置き」のタイミング
「米国側に戻る」と言いながら、中国に忖度し続ける尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領。露骨さを増す二枚舌外交に米国は苛立つ。通貨危機の足音が聞こる今、韓国観察者の鈴置高史氏が「米国のお仕置き」を予測する。■「親米路線」を疑うNYT鈴置:9月18日、NYT(ニューヨーク・タイムズ)が尹錫悦大統領の単独会見...
別窓で開く

<W解説>中国が韓国のTHAAD配備に反発する理由
韓国のユン・ソギョル(尹錫悦)大統領は16日、大統領室で、2泊3日の日程で訪韓した中国共産党序列3位の栗戦書(りつせんしょ)全国人民代表大会(全人代)常務委員長(国会議長)と会談した。韓中関係が膠着(こうちゃく)する決定的要因となったTHAAD(最終段階高高度地域防衛)問題についても議論された。...
別窓で開く

韓国が米国にTHAAD敷地供与、中韓関係が再び悪化か—中国メディア
中国紙・環球時報(電子版)は20日、韓国が再び米国に高高度防衛ミサイル(THAAD)敷地を供与したことについて、専門家の話として「中韓関係は再び深い淵に落ちるように悪化する可能性が高く、THAAD配備の推進は双方の利益に合致しない」と報じた。...
別窓で開く

中国・栗戦書全人代委員長が訪韓—実質的進展は共産党大会終了後か、焦点は依然としてTHAAD
中国全国人民代表大会常務委員会の栗戦書委員長が15日から17日にかけて韓国を訪問し、尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領や金振杓(キム・ジンピョ)国会議長ととの会談も行った。しかし中韓関係の実施的な進展は10月16日に始まる中国共産党全国代表大会(中国共産党大会)の終了後との見方が出ている。...
別窓で開く

“中国序列3位”に会う尹大統領…「中韓首脳会談」「サード」が “最大課題”
中国共産党の序列3位である、中国全国人民代表大会(全人代)の栗戦書(りつせんしょ)常務委員長が15日、66人の大規模な中国代表団を引き連れ訪韓する。先月には米国序列3位のナンシー・ペロシ米国下院議長が訪韓したが、当時「電話会談」だけを行なったユン・ソギョル(尹錫悦)大統領は、16日午後に栗常務委員長...
別窓で開く

韓国の半導体産業は「過去10年で最も深刻」、専門家らが懸念=韓国ネット「大統領のせいで非常事態」
2022年9月5日、韓国・ヘラルド経済は「韓国の半導体産業は過去10年間で最も深刻な水準に陥っている」と伝えた。記事によると、大韓商工会議所が韓国内の半導体専門家30人を対象に、韓国の半導体産業景気に関する認識調査を実施した。...
別窓で開く

韓国・星州に「THAADミサイル装備搬入」で市民らが猛反発
韓国・キョンサンブクト(慶尚北道)ソンジュ(星州)の駐韓米軍THAAD基地地上アクセス正常化のための政府当局の措置が、去る4日未明に本格に施行された。THAAD反対団体によると、日曜日だったこの日午前1時30分ごろ、装備やオイルを積んだ車両1台、ワゴン車などおよそ10台がTHAAD基地に搬入された。...
別窓で開く

韓国・ユン大統領の就任から4ヶ月 日本はどこまで彼を信頼できるのか
ムン政権の5年間、日韓関係は戦後最悪とまで言われた。しかし、今年5月、日韓関係の改善と発展を目指すユン政権が誕生したことで、日韓関係が飛躍的に改善することが内外で大きく期待された。■日韓関係からの脱却に暗雲もちろん、就任から4ヶ月あまりで同政権の全てをジャッジできるわけではない。...
別窓で開く

中韓国交正常化30年、「和而不同」で新たな未来を、「危機迎え岐路に」とも—韓国各紙
朝鮮戦争で敵として向かい合った中国と韓国が国交を結んでから24日で30周年を迎えた。この間、両国を取り巻く環境は激変。韓国各紙は「和而不同(和して同ぜず)で新たな未来を」と呼び掛ける一方、在韓米軍への「高高度迎撃ミサイル(THAAD)配備問題などで「危機を迎え岐路に」と警鐘を鳴らした。...
別窓で開く

韓国・現代自が日本と中国で苦戦、米国での販売にも赤信号=韓国ネット「市場を見る目がない」
2022年8月24日、韓国・ソウル経済は「現代自動車グループが再起を宣言した中国と日本の自動車市場で苦戦している」と伝えた。記事によると、現代自動車の中国工場は今年上半期に9万4158台を生産、販売した。前年同期(19万4085台)に比べて51%の減少となった。これにより、現代自動車の海外生産全体の...
別窓で開く


[ thaad ] の関連キーワード

共産党