本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「僕はメディアから悪役のように扱われやすい」ジョコビッチが“フェイクニュース”に不満を爆発「不公平を許すつもりはない」<SMASH>
現在開催中のテニス四大大会「全豪オープン」の男子シングルスで4回戦に進出した元世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア/現世界ランク5位)が自身をめぐる“フェイクニュース”に対し、不快感をあらわにしている。 事の発端は現地1月17日に行なわれたジョコビッチとロベルト・カルバレ...
別窓で開く

全豪主催者による“ジョコビッチ妨害禁止令”に元世界3位ワウリンカが「やりたいようにやるべき」と反論<SMASH>
間もなく開幕を迎える年内最初のテニス四大大会「全豪オープン」(1月16日〜29日/オーストラリア・メルボルン/ハードコート)。 同大会には昨年1月のオーストラリア入国問題で国外退去を余儀なくされ、「3年間の入国禁止」を通告されていた元世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア/現世界ランキング5位)も...
別窓で開く

全豪オープンがロシア・ベラルーシ選手の受け入れを決定。ウクライナ大使からの出場禁止要請を却下<SMASH>
昨年2月末に始まったロシアのウクライナ侵攻を受け、同年7月のウインブルドンでは男女ともにロシアと同国の軍事攻撃を支援するベラルーシ出身の選手の締め出しを実行した。こうした動きを受けて今月16日から29日まで開催される年内最初のテニス四大大会「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)...
別窓で開く

ロシア・ベラルーシ選手除外で英テニス協会に100万ドルの罰金!ATP決定に「理解が欠如している」と反発<SMASH>
イギリス国内で芝コートのツアー大会を運営するイギリス・ローンテニス協会(以下LTA)が、ロシア・ベラルーシ国籍の選手の大会出場を禁止したために、ATP(男子プロテニス協会)から100万ドル(約1億3700万円)もの罰金を科されていた。テニス系海外メディア『UBITENNIS』が報じている。...
別窓で開く

世界4位チチパスが“第2の人生”について言及「映画製作に携わることを視野に入れている」<SMASH>
男子テニス世界ランク4位のステファノス・チチパス(ギリシャ)がドイツのテニス専門メディア『Tennis Magazine』のインタビューに登場。そのなかで自身が思い描く現役引退後のセカンドキャリアについて語った。 強力なフォアハンドや巧みなネットプレー、無駄のないスイングから繰り出される片手バックハ...
別窓で開く

「気づくのに20年かかった」引退したばかりの名手がジョコビッチの弱点を指摘。「精密機械」と評される男の弱みとは<SMASH>
最近、母国のポッドキャスト番組『Court N゜1』に出演した男子テニス元世界ランク6位のジル・シモン(フランス)が、35歳ながら依然として驚異的な強さを発揮するノバク・ジョコビッチ(セルビア/世界5位)の弱点を指摘し話題となっている。...
別窓で開く

綿貫陽介が四日市チャレンジャーを制し2週連続優勝「最高の1年の締めくくり」<SMASH>
男子テニスの国際大会「四日市チャレンジャー」(11月21日〜27日/四日市市・四日市テニスセンター/ハードコート/ATPチャレンジャー)は、現地11月27日にシングルス決勝を実施。第3シードの綿貫陽介(世界ランク173位)がフデリコ・フェレイラ・シルバ(ポルトガル/同244位)を6−2、6−2のスト...
別窓で開く

チチパスが試合中にまさかの“親子喧嘩”。「両親にセラピーが必要」とレジェンドが助言<SMASH>
現在開催中の男子テニスシーズン最終戦「Nitto ATP ファイナルズ」(11月13日〜20日/イタリア・トリノ/ハードコート)に出場した第2シードのステファノス・チチパス(ギリシャ/世界ランク3位)は、現地時間18日に行なわれたラウンドロビン3戦目、アンドレイ・ルブレフ(ロシア/同7位)との試合に...
別窓で開く

「今年できて良かった」西岡良仁が新王者アルカラスとの対戦で今季終了。ランキングは「30位台まで上げた」<SMASH>
男子テニスの西岡良仁が、11月3日に自身のツイッター(@yoshihitotennis)を更新し、今季終了の報告と感謝のメッセージを綴った。 現在開催中の「ロレックス・パリ・マスターズ」(フランス・パリ/インドアハードコート/ATP1000)に出場した西岡。...
別窓で開く

西岡良仁がパリマスターズで2回戦に進出。次の相手は19歳の新王者アルカラス!<SMASH>
現在開催中の男子テニスツアー「ロレックス・パリ・マスターズ」(10月31日〜11月6日/フランス・パリ/インドアハードコート/ATP1000)は現地10月31日にシングルス1回戦が行なわれ、世界ランク38位の西岡良仁が登場。同58位のアスラン・カラチェフ(ロシア)を6−3、6−4のストレートで下し、...
別窓で開く