本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



全豪主催者による“ジョコビッチ妨害禁止令”に元世界3位ワウリンカが「やりたいようにやるべき」と反論<SMASH>
間もなく開幕を迎える年内最初のテニス四大大会「全豪オープン」(1月16日〜29日/オーストラリア・メルボルン/ハードコート)。 同大会には昨年1月のオーストラリア入国問題で国外退去を余儀なくされ、「3年間の入国禁止」を通告されていた元世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア/現世界ランキング5位)も...
別窓で開く

42歳の元女王ビーナスが全豪オープンのワイルドカードを返上。ケガのため2年ぶりの出場はならず<SMASH>
女子テニス元世界ランク1位のビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)が、本戦ワイルドカード(主催者推薦)で出場を予定していた年内最初のテニス四大大会「全豪オープン」(1月16日〜29日/オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の欠場を発表した。 元世界女王のセレナ・ウィリアムズを妹に持ち、四大大会のシン...
別窓で開く

「全力を尽くして戦う」ガン公表のナブラチロワ氏が治療に向け決意。解説予定の全豪はリモート出演に<SMASH>
四大大会のシングルスで通算18勝を誇る女子テニス元世界ランク1位のマルチナ・ナブラチロワ氏(チェコ/66歳)が、咽頭ガンと乳ガンを患っていることを公表した。 当時53歳だった2010年4月にも乳ガンの診断を受けたものの、その後の懸命な治療で半年後には寛解に至ったナブラチロワ氏。...
別窓で開く

テニス選手の“ラケット破壊”は「エンターテイメント」としてあり?世界9位フリッツが持論「人が好きなものを罰することはできない」<SMASH>
中国・香港で開催された男子テニスのエキジビジョンマッチ「バンク・オブ・コミュニケーションズ 香港インターナショナルテニスチャレンジ2022」(12月23日〜25日/ハードコート)に出場した世界ランク9位のテイラー・フリッツ(アメリカ)が、テニス系海外メディア『Claytennis』のインタビューに登...
別窓で開く

「すべてを失うまでチャレンジしたい」実業団を辞めて単身アメリカへ 元JR北海道・中野優の飽くなき挑戦
先日アメリカの卓球場を取材した際に「2月からウチの卓球場でナカノユタカさんがコーチとして働いてくれるんだ」という話を聞いた。「ナカノユタカ?」一瞬わからなかったが、すぐに「あ、元JR北海道の中野選手か」と思い出した。と同時に、「中野選手って、アメリカにいるんだ」という驚きと「なぜアメリカに?」という...
別窓で開く

日本代表が訪問した卓球場オーナーが語るアメリカ卓球最前線「アマチュアがプロと試合できる!?」
先日、Rallys公式インスタグラムにこんなDMが届いた。「A picture of Japanese Team at Texas Table Tennis Club(日本代表選手がテキサス卓球クラブに来たよ!)」このメッセージと共に添付されていた写真には、確かに張本智和選手や伊藤美誠選手ら日本代表...
別窓で開く

42歳ビーナスが来季全豪のワイルドカードを獲得。大会主催者は歓迎の意「我々の偉大なロールモデル、リーダーだ」<SMASH>
来年1月16日から29日まで開催される年内最初のグランドスラム「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)に、42歳の元世界女王、ビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)が本選ワイルドカード(WC、主催者推薦)で出場することが明らかになった。テニス系海外メディア『UBITENNIS』など複...
別窓で開く

元世界ランク1位のウォズニアッキはセレナのツアー復帰に懐疑的「もう彼女のカムバックはないと思う」<SMASH>
2020年1月にプロテニス選手としてのキャリアを終えた女子元世界ランク1位のキャロライン・ウォズニアッキ氏(デンマーク/32歳)がアメリカのテニス専門チャンネル『Tennis Channel』のインタビューに登場。元世界女王のセレナ・ウィリアムズ(アメリカ)がツアー復帰する可能性に懐疑的な見方を示し...
別窓で開く

国際卓球連盟、WTT大会2023年シーズン前期予定を発表
ITTF(国際卓球連盟)は11月30日、WTT(World Table Tennis)シリーズとWTTフィーダーシリーズの前期大会予定を発表した。前期大会予定を発表2023年の上半期には、WTTシリーズとWTTフィーダーシリーズが3つの大陸で開催され、15を超えるイベントが開催されることが発表された...
別窓で開く

「森上亜希子/扉が開いた瞬間」大局的視座を持った指導者たちの英断が世界41位へと導いた<SMASH>
女子テニスの「WTAツアー」でトップ50位内に入った実績を持つ日本人8名が、その経験値をジュニア世代に還元するために立ち上げた一般社団法人『Japan Women's Tennis Top50 Club』(JWT50)。現在9名いるメンバーがリレー形式でキャリアの分岐点を明かすのがシリーズ『...
別窓で開く