本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本の自動車メーカー、EVへの腰重く=水素エンジン車の先行きも不安?—中国メディア
2022年8月3日、中国メディアの界面新聞は、日本の自動車メーカーが電気自動車(EV)開発を打ち出すも、なおも既存車種のモデルチェンジに力を入れていると報じた。多くの企業が続々と参入してEV業界が「渋滞気味」になりつつある中、日本の3大自動車メーカーであるトヨタ、ホンダ、日産もぞれぞれEV計画を打ち...
別窓で開く

 7月の国内新車販売台数の車名別ランキングは、トヨタ自動車の小型車「ヤリス」が2カ月ぶりに首位となった。6月のトップだったホンダの軽自動車「N—BOX」は、2位に後退した。 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が4日、発表した。 ヤリスは前年同月比では半導体不足などで19.5%減の1万8...
別窓で開く

輸入車の墓?日本が米中韓のEV激戦地に=韓国ネット「韓国車は売れない」「日本の国民性は…」
2022年7月26日、韓国・マネートゥデイは「『輸入車の墓』と呼ばれる日本の自動車市場が世界各国の自動車メーカーの電気自動車(EV)激戦地となっている」とし、「今年2月に12年ぶりの日本再進出を宣言した韓国現代自動車に続いて中国BYDまで参戦し、静かだった日本の電気自動車市場に火がついた」と伝えた。...
別窓で開く

三菱エクリプスクロスPHEVを購入すると補助金はいくらもらえる?条件や注意点とは
− 三菱PHEVの補助金を徹底解説 −ガソリン価格が高騰している現在、車を買い替えるのであれば燃費が良くて災害発生時に役に立つ車が欲しいところです。そうなると候補に上がるのはEVやPERVといった家に給電できる“蓄電池”としても活用できる車ではないでしょうか。PHEVでありながらSUVという、いわば...
別窓で開く

三菱eKシリーズの特徴とは?三菱eKクロススペースとスペーシアギアとの違いも解説
− eKクロススペースの特徴や人気の理由とは −現在、軽自動車の中でも人気のジャンルなのがスーパーハイトワゴンと言われるタイプです。スーパーハイトワゴンとは、スズキ・ワゴンRやダイハツ・ムーヴなどの屋根が高いハイトワゴンタイプよりも、さらに屋根を高くし、室内空間を確保した乗用車のジャンルを表します...
別窓で開く

「米国人はかつてのように日本車を信頼していない」韓国メディアの指摘に、ネット「斜陽は当然」
2022年7月22日、韓国・オートヘラルドは「米市場調査会社J.D.パワーによる今年の自動車商品魅力度(Automotive Performance, Execution and Layout、APEAL)調査で、現代自動車グループが価値ある成果を収めた一方、日本のメーカーは軒並み低評価となった」と...
別窓で開く

第2世代e-POWER搭載に4WDの追加!日産「キックス」のマイチェンはアップグレード感増し増しでした
いま、日本のSUVマーケットでもっとも人気となっているジャンル。それがコンパクトSUVセグメントです。トヨタの「ヤリスクロス」をはじめ、同じくトヨタの「カローラクロス」、ホンダ「ヴェゼル」、そしてスバル「XV」など人気モデルが勢ぞろい。魅力はなんといっても運転しやすい車体サイズとその割に広い荷室、さ...
別窓で開く

日産「エクストレイル」がデビューしたのは2000年。筆者は当時のことを今もよく覚えている。ライバルとして想定されていたのは、少し前にデビューしていたトヨタ「RAV4」とホンダ「CR-V」だった。この2台は、ともに横置きエンジン前輪駆動(FF)のセダンのプラットフォームを活用していたことが特徴だった。...
別窓で開く

エンジンタイプ駆け込み需要!? 好調販売スポーツカー〜企業経済深層レポート
企業経済深層レポート (C)週刊実話Webスポーツカーの売れ行きが伸びているという。ディーラー関係者が、こう解説する。「ダイハツが2人乗り軽オープンスポーツカー『コペン』のデビュー20周年を記念して、1000台限定の特別仕様車を発売すると、予約開始からわずか4日で完売しました。もっとも『コペン』をス...
別窓で開く

「背の低いSUV」なぜ増える? “らしさ”薄れていくSUV 狙いは何なのか
トヨタの新型クラウンは、SUVを主体とした4つの車型で発表されました。こうした「背の低いSUV」が増えているのはなぜでしょうか。SUVはいま、SUVらしくなくなっているといえそうです。全高1700mm台→1600mm台→「それ以下」が増加中 SUVの人気は留まるところを知らないようです。...
別窓で開く


[ suv ホンダ ] の関連キーワード

トヨタ ヤリス suv