本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



世界トップランナーの“シューズ事情”を徹底分析! 「厚底全盛時代」のオレゴン世界陸上を制するメーカーは?
薄底から厚底へ——。近年、世界のマラソンは厚底シューズが中心になっている。その大きな変革をもたらしたのが、ナイキだった。 42.195kmを2時間以内で走るプロジェクトである「Breaking2」 に向けて、革新的な厚底モデルを開発。2017年5月に行なわれた非公認レースでエリウド・キプチョゲ(ケニ...
別窓で開く

最適なモノ選びで脱三日坊主!アガるランニングギア7選【趣味な男の欲しいモノと秘密基地】
【趣味な男の欲しいモノと秘密基地】ランニングは気軽なスポーツで、一歩ドアから外に出ればすぐに始められる半面、3日坊主にもなりがち。しかしアガるアイテムを選べば、走ることも習慣にできるのだ。*  *  *ランニングシューズにおいて、「速い」「スピードが出る」というワードを聞くとムクムクと食指が動いてし...
別窓で開く

国産メーカーの意地!アシックス「メタスピード」開発秘話【趣味な男の欲しいモノと秘密基地】
【趣味な男の欲しいモノと秘密基地】昨年0人だったシェアが今年は24人に——。ナイキにほぼ独占されていた箱根駅伝にアシックスが風穴を開けたシューズ「メタスピード」。その開発秘話を担当者に聞いた。アシックス 竹村周平さんトップモデル「メタスピードシリーズ」のプロジェクトリーダーを担当。...
別窓で開く

「簡単だと思っていたことができない」綿貫陽介と望月慎太郎のチグハグトーク。オフの日の過ごし方をアドバイス<SMASH>
未来の日本テニス界を背負う綿貫陽介と望月慎太郎。5歳違いの2人は、チグハグそうに見えて何だか仲がいい。この2人に、自身のプレーについて、お互いへの質問やアドバイスを聞いた。 得意ショットを訪ねると、望月が「バックハンド」と即答。そのショットを打つ時に意識していることは、「試合中に考えてもダメだと思っ...
別窓で開く

新シーズンを全身アシックス製品でスタートさせる綿貫陽介。同社のシューズの魅力と今季の抱負を語る
男子テニス世界ランク252位の綿貫陽介(日清食品)が、今年からアシックスとのウェア契約を開始。元々同社のシューズ契約している綿貫は、オリンピックイヤーとなる重要なシーズンを、アシックス製品に全身を包んでスタートさせる。 スマッシュ編集部では、そんな綿貫に対して独占インタビューを実施。アシックス製品の...
別窓で開く

セリエA最新スパイク事情をシェア! お気に入りプレーヤーの愛用モデルは?
 この冬、スポーツ界で大きな話題となったのがナイキ社の超厚底ランニングシューズだった。冬の風物詩、箱根駅伝では、「ヴェイパー」を着用していたランナーが85パーセントになるほど、陸上長距離界を席巻。それまでの"薄底神話"を覆し、厚底シューズがマラソンランナーのマストアイテムとなっている。...
別窓で開く


<前へ1次へ>