本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



いま選ぶべきミッドレンジスマホ10選【冬の最優秀ベストバリューモノ】
【冬の最優秀ベストバリューモノ】スマートフォンの話題は、iPhoneなどの最新上位機種に偏りがちだが、これらの価格は10万円超えも珍しくない。そんな中、近年はミドルクラスにコスパの高い実力派モデルが増えている。端末価格を抑えたい人は必見だ。*  *  *圧倒的なスペックのカメラや高性能CPU、斬新な...
別窓で開く

まさかのコラボ! 「シナモロール」音声搭載イヤフォンを予約開始
ネインはこのほど、ハイレゾ完全ワイヤレスイヤフォン「Zeeny Artist」と、サンリオキャラクターズの「シナモロール」とのコラボレーションモデルの予約販売を開始しました。操作音のカスタマイズや音声通知機能が特徴のZeenyシリーズ最新モデル「Zeeny Artist」は、Qualcomm社の最新...
別窓で開く

スマートウォッチにもデザインを!ディーゼルの新作で腕元をスタイリッシュに!
トレーニングや日頃のヘルスケアをサポートする多彩な機能性と洗練されたデザイン、入手しやすい手頃な価格帯など、スマートウォッチの人気の高まりはここ数年で顕著なものになっています。最近のトレンドは、オンオフを気にせず装着できるクラシカルな雰囲気のケースデザインを採用したタイプ。...
別窓で開く

finalが満を持して送り出すフラッグシップ機「ZE8000」、音も機能も一切の妥協なし!
映像がハイビジョンから4K、そして8Kへと高画質化していったように、音も8Kの領域へ。国産オーディオブランドのfinalから、今までの完全ワイヤレスイヤホンの音の常識を覆す、“8K SOUND”を奏でる新たなフラッグシップモデル「ZE8000」(3万6800円)がfinalより登場。...
別窓で開く

マイクロソフト「Surface Pro 9」 「Windows 11」搭載タブレット
日本マイクロソフトは、タブレットパソコン(PC)「Surface Pro(サーフェス プロ) 9」を2022年11月29日に発売する。■CPUは第12世代「Core」アルマイト処理を施した新しいカラーを採用した高品位のアルミニウムボディに13型(2880×1920ドット)「PixelSense ディ...
別窓で開く

外国製部品を増やすサムスンスマホ、ブランド価値低下に懸念の声「これでは中国と変わらない」
2022年11月24日、韓国・デジタルデイリーは「サムスン電子のスマートフォンの外国製部品の割合が拡大し続けている」とし、「コスト削減のための戦略とはいえ、ブランド価値の低下につながりかねない」と指摘した。記事によると、サムスンは来年発売するGalaxy S23シリーズで米クアルコムのアプリケーショ...
別窓で開く

『Meta Quest Pro』レビュー:開放感とお手軽さが魅力のクリエイティブ用途向けVRデバイス
メタバース事業を推し進めるメタ社の新型VRデバイス『Meta Quest Pro(メタクエストプロ)』が発売された。その名の通り、『Meta Quest』シリーズの新機種ではあるのだが、従来までの『Meta Quest』がお手頃価格なのに対し、『Meta Quest Pro』は22万6800円という...
別窓で開く

薄くて軽いが音がいい! 10.3インチタブレット「OPPO Pad Air」レビュー
OPPOが9月30日に発売した10.3インチタブレット「OPPO Pad Air」のレビューをお届けします。発売当初は3万7800円(税込)だった価格が、記事執筆時点ではAmazonで9%引きの3万4364円(税込)に。高コスパなエンタメタブレットとして注目できる製品です。厚さ約6.9mm、重量約4...
別窓で開く

片手で操作しやすいASUS「Zenfone 9」はハード面ソフト面ともに工夫満載
最近のスマートフォンは大画面化の傾向に。動画やゲームを楽しむとなると、やはり大画面は魅力ですが、当然ながら、片手で操作するのは難しい。下手に片手で操作しようものなら、ツルッと手から落ちてしまいそうになることも。片手でも操作しやすいサイズ感を求めているなら、ASUSから発売の新作SIMフリースマホ「Z...
別窓で開く