本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



望月慎太郎が17歳でツアー本戦出場を果たした舞台裏。常に上のレベルの大会出場を狙え【山中夏雄コーチ】<SMASH>
錦織圭のアメリカ留学をサポートした盛田正明テニスファンド(MMTF)のコーチとして、アメリカのIMGアカデミーに常駐し、日本のジュニアたちの成長を支えている山中夏雄氏。このコラムでは日本のトッププロたちが、いかにして成長してきたのか、日米テニス界の違いなどを教えてもらう。...
別窓で開く

メドベージェフがトイレ休憩の新ルールに怒り。着替えを拒否され「ナンセンスで筋が通っていない」<SMASH>
現在開催中のテニス四大大会「全豪オープン」(1月17日〜30日/オーストラリア・メルボルン/ハードコート/グランドスラム)は現地1月24日に男子シングルス4回戦が行なわれ、第2シードのダニール・メドベージェフ(ロシア/世界ランク2位)はマキシム・クレシー(アメリカ/70位)に6−2、7−6(4)、6...
別窓で開く

「簡単だと思っていたことができない」綿貫陽介と望月慎太郎のチグハグトーク。オフの日の過ごし方をアドバイス<SMASH>
未来の日本テニス界を背負う綿貫陽介と望月慎太郎。5歳違いの2人は、チグハグそうに見えて何だか仲がいい。この2人に、自身のプレーについて、お互いへの質問やアドバイスを聞いた。 得意ショットを訪ねると、望月が「バックハンド」と即答。そのショットを打つ時に意識していることは、「試合中に考えてもダメだと思っ...
別窓で開く

ジョコビッチはダメなのに“コロナ陽性”のルブレフは「オーストラリア入国許可」の謎<SMASH>
現在開催中のテニス四大大会「全豪オープン」(1月17日〜30日/オーストラリア・メルボルン/ハードコート/グランドスラム)で、3回戦進出を果たした男子世界6位のアンドレイ・ルブレフ(ロシア)。その彼が母国ロシアのスポーツメディア『Sportklub』のインタビューで、オーストラリア入国時は新型コロナ...
別窓で開く

全豪オープン初戦に快勝したナダル。「どんどん良くなっている」と調子は上向き<SMASH>
現地1月17日に開幕したテニス四大大会「全豪オープン」(1月17日〜30日/オーストラリア・メルボルン/ハードコート/グランドスラム)は大会初日に男子シングルス1回戦が行なわれ、世界ランク5位のラファエル・ナダル(スペイン)が登場。同66位のマルコス・ギロン(アメリカ)に6-1、6-4、6-2で快勝...
別窓で開く

苦難を乗り越えたコキナキスが母国での初優勝に感涙。フェデラーからメッセージが届く!<SMASH>
男子テニスツアー「アデレード国際2」(1月10日〜15日/オーストラリア:アデレード/ハードコート/ATP250)は現地1月15日にシングルス決勝を実施。地元勢で世界145位のタナシ・コキナキス(オーストラリア)が同58位のアルトゥル・リンデルネック(フランス)を6-7(6) 、7-6(5) 、6-...
別窓で開く

完全復活間近!マリーが2019年以来のツアー決勝に進出「1年かけて大きな進歩があった」と手応え<SMASH>
現在開催中の男子テニスツアー「シドニー・テニス・クラシック」(1月10日〜15日/オーストラリア・シドニー/ハードコート/ATP250)は現地1月14日にシングルス準決勝を実施。元世界王者のアンディ・マリー(イギリス/現135位)が第4シードのライリー・オペルカ(アメリカ/同25位)を6−7(6)、...
別窓で開く

「動くことができなかった」ナダルがコロナ感染の症状を明かす。全豪へ最大限の準備「優勝候補者だとは思っていない」<SMASH>
世界ランク6位のラファエル・ナダル(スペイン)は、2022年シーズンの開幕戦となった男子テニスツアー「メルボルン・サマー・セット」(1月4日〜9日/オーストラリア:メルボルン/ハードコート/ATP250)で優勝。2009年の全豪オープン以来13年ぶりにオーストラリアの地でシングルスのツアータイトルを...
別窓で開く

キリオスが新型コロナ陽性を報告し、今週開催の大会を欠場。「特に症状もなく元気だよ」<SMASH>
男子テニス世界ランク114位のニック・キリオス(オーストラリア)が新型コロナウイルスに感染したことを公表した。 昨年9月のレーバー・カップを最後に2021年シーズンを終了したキリオス。エントリーしていた年初の「メルボルン・サマー・セット」(1月4日〜9日/オーストラリア・メルボルン/ハードコート/A...
別窓で開く

西岡良仁と柴原瑛菜が全豪前哨戦で本戦入り!【1月10日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
1月10日からの週は、男女とも「シドニー・テニス・クラシック」と「アデレード国際2」の2大会ずつ開催される。 日本人男子選手は、西岡良仁が「アデレード国際2」の予選を勝ち上がり、1回戦はラッキールーザーのチアゴ・モンテーロ(ブラジル)と初対戦が決まった。この大会の第1シードはガエル・モンフィス(フラ...
別窓で開く