本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



三冠王の村上がベストナイン満票受賞ならず、新人王投票では大勢ではなく平内に1票…【ここがヘンだよ2022プロ野球アウォード投票】<SLUGGER>
11月25日に『NPB AWARDS 2022』の発表が行なわれ、2022年の表彰選手がすべて出揃った。MVPにはともに2年連続で村上宗隆(ヤクルト)と山本由伸(オリックス)が順当に選ばれたが、その一方で、首をかしげるような投票もいくつかあった。ベストナイン、MVP、新人王の各アウォード投票にまつわ...
別窓で開く

ゴールデン・グラブ賞投票の「前進」と「課題」。岡林ら若手の正当な評価は喜ばしい一方、非公開投票による“わだかまり”も<SLUGGER>
11月14日、守備の名手に贈られる「第51回三井ゴールデン・グラブ賞」の受賞者が発表された。 菊池涼介(広島)が10年連続の受賞を果たした一方、長岡秀樹(ヤクルト)ら7名が初の栄誉に浴すなど、顔ぶれは多士済済。もっとも、ゴールデン・グラブ賞の結果を巡っては「●●●より××&t...
別窓で開く

「UZR」とは何なのか。近年注目度が増した守備指標に関する“誤解”と“偏見”を解消しよう<SLUGGER>
UZR(Ultimate Zone Rating)というデータを目にしたことがあるだろうか。近年、数多くのメディアなどで紹介されるようになってきた守備指標で、同じポジションの平均的な選手に比べて、どれだけチームの失点を減らす守備を見せたかを示している。 日本でも少しずつ浸透してきてはいるが、多くの「...
別窓で開く

FA“超目玉”の楽天・浅村栄斗を獲得すべき球団はここだ!ポジション、攻撃力、資金および熱意の3点から識者が徹底解説
楽天の浅村栄斗がFA権を取得した。今季も27本塁打、83打点はいずれもリーグ2位(9月20日現在)と、二塁手としては規格外の打撃は健在。来季32歳とまだ第一線で働ける年齢だが、年俸が推定5億円という金銭面で及び腰になる球団も少なくなさそうだ。浅村を獲得すべき球団、最もフィットする球団はどこか。...
別窓で開く

なぜ失策数で守備を評価すべきでないのか。UZRが照らす“真の名手”とは【野球の“常識”を疑え!第4回】<SLUGGER>
「守備力が高い」という表現から何をイメージするだろうか。軽やかなグラブさばき、捕ってからの早さ、正確な送球……。いずれも、守備の名手にとって欠かせない要素だ。しかし、そもそも何をもって「守備力が高い」とされるべきなのだろうか。そして、データによる守備評価はどのようなアプロ...
別窓で開く

セ界の遊撃GGは高卒3年目の若燕・長岡秀樹で決まり!? 失点阻止能力は阪神・中野拓夢の“倍”、西武・源田壮亮に匹敵<SLUGGER>
プロ野球もペナントレース終盤戦に突入しようとしている。混戦模様のパ・リーグに対し、セ・リーグは序盤戦から昨季日本一のヤクルトが首位を快走している。その最大の原動力はもちろん村上宗隆だが、昨年のチームと異なる“新鋭”の存在も忘れてはならない。高卒3年目の若手ショートストップ・長...
別窓で開く

中日のような貧打線でも送りバントは非効率。“堅実な戦術”の落とし穴をデータで解き明かす【野球の“常識”を疑え!第3回】<SLUGGER>
日本野球では、昔から「送りバント」が重要な戦術として位置付けられてきた。近年になって、「送りバントは非効率な戦術である」というセイバーメトリクスに基づいた主張が広まってきてはいるが、今もプロアマ問わず送りバントは多用されている。 だが、海の向こうのMLBでは近年送りバントが激減。...
別窓で開く

【データで見る「後半戦要注目選手】セ・リーグ編】虎ケラーの投球はサファテ級! 中日・京田の不振の原因は“不運”?<SLUGGER>
プロ野球は前半戦が終了。大記録が飛び交った2022年前半戦だが、期待を裏切ってしまった選手もいる。今回は後半戦の巻き返しが期待できるセ・リーグの3選手をピックアップした。●上茶谷大河(DeNA)10登板 50.2イニング 2勝6敗 防御率5.15 上茶谷は2勝6敗、防御率5.15で前半戦を終えた。...
別窓で開く

【前半戦通信簿|巨人】4試合連続満塁弾を献上した投手陣が大きすぎる穴に。新たな“勝利の方程式”を確立できるか<SLUGGER>
巨人45勝50敗1分 勝率.474(5位/13.5ゲーム)平均得点:3.86(3位)平均失点:4.54(6位)得失点差:−65(5位)▼前半戦通信簿:がんばりましょう 3・4月は20勝11敗、勝率.645のロケットスタートで首位に立ちながら、5月6日からの対ヤクルト3連戦に3連敗するなどして失速。...
別窓で開く

【パ・リーグ球団別WARトップ3】ロッテの1位はもちろん“令和の怪物”佐々木朗希。ギータが不振のソフトバンクで光った野手は?<SLUGGER>
前半戦、各チームで最も勝利に貢献したのは一体誰なのか。総合指標WARで各球団のトップ3を見ていこう。  WARとは、打撃・走塁・守備・投球を総合的に評価して選手の貢献度を表す指標で、野手も投手も同じ基準で評価できるのが最大の特徴。MLBではMVP投票などでかなり重視されている。では、パ6球...
別窓で開く



<前へ1234次へ>