本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



セ新人王は湯浅京己と大勢のどちらがふさわしいか? 「セットアップマンの価値」や投手指標で識者が徹底予想!
今年のセ・リーグ新人王は、大勢(巨人)と湯浅京己(阪神)のいずれかが受賞すると見られている。【動画】新人最多タイ37セーブ!大勢の“圧巻ピッチング”をチェック 昨年のドラフト1位で入団した大勢は、開幕からクローザーに抜擢されてリーグ3位、新人タイ記録の37セーブと立派に大役を...
別窓で開く

【氏原英明が推すWBCベストメンバー28人】難航したのは一塁手と遊撃手。本塁打王・山川をあえて外した理由とは<SLUGGER>
オーストラリアとの強化試合を終えた侍ジャパン。来年3月のWBCへ向け、28人の代表は一体どのような面々になるのか。『甲子園は通過点です』などの著書で知られる氏原英明氏が「理想のベストメンバー」を選出した。【動画】村上宗隆が強化試合3戦連発となる豪快な一発! 豪州戦ハイライト 今年唯一の侍ジャパン強化...
別窓で開く

「清原和博の次男」だけで偉大な父と同じ活躍を期待するのは酷。清原勝児ら“慶応の逸材”たちをどう見るべきか?
高校野球の秋季大会も大詰めを迎え、来春の選抜高校野球への出場校も見えてきた。来秋のドラフト候補となる選手では、大阪桐蔭のエースである前田悠伍、広陵の主砲となった真鍋慧が代表格であり、注目を集めている。そんななかで、彼らよりも高い注目を集めそうなのが、清原和博氏(元西武など)を父に持つ清原勝児(慶応)...
別窓で開く

WBC日本代表を運営側から支えるMLB機構の日本人広報が秋山翔吾から学んだこと<SLUGGER>
来春開催のWBCに向けて動き出した侍ジャパン。ブライス・ハーパー(フィリーズ)やマイク・トラウト(エンジェルス)ら大物メジャーリーガーが大挙出場する国際大会を、運営側から支える日本人がいる。 その存在に気づいたのは、10月11日、アトランタで行われたブレーブス対フィリーズの地区シリーズ第1戦の試合前...
別窓で開く

先発投手が全員100球以内で降板の日本シリーズ。オリックスが見せた新時代の戦い方<SLUGGER>
一人の投手の熱投が騒がれる時代ではなくなった。 かつての日本シリーズでもあった、先発投手が160球以上を投げ、翌日クローザーとしてマウンドに上がることはもうないのだろう。 2022年の日本シリーズを見ていて、そんなことを思った。 オリックス、そして、ヤクルトが見せた戦いは、特定の選手ばかりに依存しな...
別窓で開く

2戦連続で裏目に出たマクガフの投入と、一変した“5番の差”——。手詰まりで王手をかけられたヤクルトに策は?<SLUGGER>
8回裏のヤクルトの攻撃中。一塁側ブルペンで投球練習をする背番号「37」を見て、首を傾げた。 僅差とはいえビハインドの試合展開。 ここで前の試合で黒星がついたばかりのクローザー、スコット・マクガフを投入するとは無謀ではないかと思えたのだ。 もちろん、高津臣吾監督の意図は理解できる。0対1の状態のまま9...
別窓で開く

待望の主砲・吉田がサヨナラ弾、2戦目に被弾の阿部がリベンジ——投打がかみ合って星を五分に戻したオリックス<SLUGGER>
これまでの鬱憤を晴らすかのような、爽快なサヨナラ本塁打だった。「西野さんが気迫のつなぎをしてくれたので、しっかり自分のスウィングを心がけました。(サヨナラホームランを打てて)感無量です」 試合を決めた主砲・吉田正尚はヒーローインタビューでそう振り返った。 感無量という言葉を使ったのは、「ここしかない...
別窓で開く

強みのピッチングスタッフでようやく挙げた1勝。オリックスはシリーズの流れを変えられるか<SLUGGER>
ヒット数は相手を下回る3安打のみ。  それでも、杉本裕太郎の適時打で奪った虎の子の1点を守り切り、オリックスがシリーズの初勝利を挙げた。 薄氷の勝利にオリックス・中嶋聡監督は言葉に力を込めた。「本当に苦しいですよね。連敗と言いますか、一つも勝っていない中でしたからね。お互い、走者は出すんですけど、得...
別窓で開く

逸材を最も多く指名できた球団はどこなのか? 「ドラフト候補ランキング」から振り返る2022年のドラフト<SLUGGER>
10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議。思惑通りの指名ができたかなどの考察も多いが、今回は補強ポイントについては度外視し、単純に選手の実力と将来性のみで各球団の採点を行ってみたい。採点はA、B、C、Dさらに+、無印、−をつけて12段階になるようにした。また選手の評価については、下記のドラフト会議...
別窓で開く

打つべき球を打てなかったオリックスと、早いカウントを制したヤクルト。山田の3ランに見る両軍のアプローチの差<SLUGGER>
両サウスポーによる投手戦の様相に変化が生まれたのは、4回裏からのことだった。 オリックスは宮城大弥、ヤクルトは高橋奎二。両先発による一歩も引かない投げ合い。どちらが先に根を上げるのかが見えてこない、そんな投手戦だった。 2人のピッチングが良かったのは、投手優位なカウントに持っていくのがうまかったこと...
別窓で開く


[ slugger 甲子園 ] の関連キーワード

slugger オリックス ヤクルト wbc