本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“偽サイン”の出品に日ハム・伊藤大海が憤慨!「想いを込めて書いてます。踏みにじる行為はやめてください」
国内最大級のフリマアプリで偽サインが流出した日本ハムの伊藤大海が、自身のTwitterで怒りを露わにしている。 事の発端は8月7日の朝、とあるファンによるTwitterでの投稿だ。「伊藤大海選手の偽サイン。『海』の字が全然違います。他に出品しているカードの書体もどれも似ているので、非常に怪しいです」...
別窓で開く

【7月の投打部門別ベスト3:パ・リーグ】「打」は吉田正、中川らオリックス勢が躍動、伊藤は6月の不振から復活<SLUGGER>
●OPS ※60打席以上1.吉田正尚(オリックス).9822.島内宏明(楽天).9613.茂木栄五郎(楽天).937 1位の吉田は7月にリーグ最多の19四球を獲得し、出塁率.454もリーグ1位。(三振は12しかなかった)。昨季のOPSリーダーが本領を発揮し、相棒の杉本裕太郎も.913と完全に息を吹き...
別窓で開く

「頭が良くなるらしい」新庄剛志ビッグボスが念願のサウナを自宅に設置!後半戦はサウナ効果で“奇策”も多用!?
7月29日、日本ハムの新庄剛志ビッグボスが、自身のインスタグラムで「家の庭に念願のサウナを作ってもらうことができました」と報告した。 昨年12月14日に「北海道に住む家も決まり、寒いので庭にサウナを作って貰います」と宣言していた新庄監督は、その言葉どおり実行。そして1枚の写真で完成したサウナを公開し...
別窓で開く

【パ・リーグ球団別WARトップ3】ロッテの1位はもちろん“令和の怪物”佐々木朗希。ギータが不振のソフトバンクで光った野手は?<SLUGGER>
前半戦、各チームで最も勝利に貢献したのは一体誰なのか。総合指標WARで各球団のトップ3を見ていこう。  WARとは、打撃・走塁・守備・投球を総合的に評価して選手の貢献度を表す指標で、野手も投手も同じ基準で評価できるのが最大の特徴。MLBではMVP投票などでかなり重視されている。では、パ6球...
別窓で開く

【セ・リーグ球団別WARトップ3】ヤクルト・村上&塩見がトップ2に君臨、前半戦首位打者のDeNA佐野が意外に「低迷」した理由とは<SLUGGER>
前半戦、各チームで最も勝利に貢献したのは一体誰なのか。総合指標WARで各球団のトップ3を見ていこう。  WARとは、打撃・走塁・守備・投球を総合的に評価して選手の貢献度を表す指標で、野手も投手も同じ基準で評価できるのが最大の特徴。MLBではMVP投票などでかなり重視されている。では、セ6球...
別窓で開く

超スローカーブが米国でも話題に!「やりたかった事」初球宴で伊藤大海が“思惑どおり”3人斬りを披露
プロ野球のオールスターゲームで目を疑うような“超スローカーブ”が披露され、これが米国でも話題になっている。 7月27日に松山坊ちゃんスタジアムで行なわれた第2戦の8回、伊藤大海(日本ハム)が魅せた。8番手としてマウンドに上がった伊藤は、まず坂倉将吾(広島)を超スローカーブで右...
別窓で開く

識者が選ぶ前半戦ベストナイン。“話題が絶えない”佐々木朗希は必然的決定! 熾烈な外野手で選んだ3人は?【パ・リーグ編】
7月29日からプロ野球のレギュラーシーズン後半戦がスタートする。そこで、『THE DIGEST』では、プロ野球に精通する出野哲也氏に、前半戦を振り返りながら、独自の視点でパ・リーグの「ベストナイン」を選んでもらった。——◆———◆———◆——投手:佐々木朗希(ロッテ) 山本由伸や山岡泰輔のオリックス...
別窓で開く

【前半戦通信簿|日本ハム】新庄ビッグボスの起用法は賛否両論でも、清宮らが台頭して「見ていて楽しいチーム」に<SLUGGER>
日本ハム37勝55敗0分 勝率.402(6位/12.0ゲーム)平均得点:3.25(4位)平均失点:3.63(6位)得失点差:−35(6位)▼前半戦通信簿:可もなく不可もなく 前半戦は見方によっては合格点とも、0点とも言えるだろう。...
別窓で開く

【オールスター好プレー3選】江夏豊の有言実行の「9者連続三振」、王貞治を苦しめた野村克也、新庄剛志の“お祭り男”ぶり
7月26、27日に開催されるプロ野球のオールスターゲーム。日本野球界の実力者が集う球宴は、これまで数多くのドラマが繰り広げられてきた。そのなかでも野球ファンを大いに盛り上げ、今なお語り継がれているプレーがある。今回は好プレーを3つ紹介する。———◆———◆———▼江夏の9連続三振の裏側 今年4月10...
別窓で開く

3割打者は4人いても、今季以上の“投高打低”!史上初の「打率2割台の首位打者」誕生が期待(?)された1976年の思い出<SLUGGER>
今季のプロ野球では、すでにノーヒッターが4度も達成される「投高打低」のシーズンとなっている。ソフトバンクの千賀滉大が「将来3割打者はいなくなる」と発言したことも話題になった。実際、特にパ・リーグは前半戦終了時点で、規定打席以上で打率3割に達しているのは2人しかいない(セ・リーグは7人)。...
別窓で開く