本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「MLBのレーダーに感知された」村上宗隆&山本由伸のMVP受賞を米メディアが報道!ヤンキースら複数球団が注視も
11月25日、プロ野球の今季のMVPが発表され、セ・リーグはヤクルトの村上宗隆、パ・リーグはオリックスの山本由伸がともに2年連続で選ばれた。【動画】打った瞬間に歓喜の咆哮! 村上宗隆の王超えの56号をチェック 日本人選手のシーズン最多となる56本塁打を記録。...
別窓で開く

圧巻の奪三振ショーに米識者も熱視線! 鷹打線を牛耳った山本由伸を「この名前は覚えておくべきだ」と絶賛
日本球界を代表するエースが圧巻の投球を見せた。 10月12日に行なわれた京セラドームで行なわれたソフトバンクとのパ・リーグのクライマックスシリーズファイナルステージ第1戦で、山本由伸(オリックス)が8回(116球)を投げ、10奪三振、被安打5、無失点と好投。強力打線を見事にねじ伏せ、先勝へ導いた。...
別窓で開く

大物を相次いで外した楽天、ソフトバンクは“助っ人史上最悪の投手”と呼ばれた男【平成・令和パ・リーグ6球団のワースト助っ人は誰だ】<SLUGGER>
光があるところにはまた闇もある。優良助っ人がいれば期待外れな外国人もいる。ここでは、各球団の平成以降の“ワースト外国人選手”を紹介しよう。今回はパ・リーグ編だ。▼オリックスエリック・コーディエ(2016年在籍/投手) 往々にして豪腕投手の多くは荒れ球だが、コーディエはその極致...
別窓で開く

【パ球団別最高年俸】田中将大が2年連続で歴代最高9億円、“ギータ”も野手最高額を更新! オリックスは山本由伸がどこまで食い込むか<SLUGGER>
新年を迎え、いよいよ3月にプロ野球の2022年シーズンが幕を開ける。果たして、今年の年俸各球団トップ選手は誰なのだろうか。今回はパ・リーグだ。...
別窓で開く

最下位から躍進した2球団、日本ハム主砲の不祥事に新人大豊作——2021年プロ野球5大ニュース!<SLUGGER>
2021年もプロ野球は盛りだくさんの話題で我々を楽しませてくれた。今年も残り僅かとなった今、改めて今季のプロ野球5大ニュースを振り返ろう。1位:前年最下位の2球団がリーグ制覇 11月20日から行なわれた日本シリーズで対決したのは、ヤクルトとオリックス。両軍の顔合わせは26年ぶり3度目だったが、同時に...
別窓で開く

“格差”が交流戦を面白くする!セ・12年ぶりの勝ち越しに見た「リーグ間対決」の機運【豊浦彰太郎のベースボール一刀両断!】<SLUGGER>
2年ぶりの開催となった今季のセ・パ交流戦は、49勝48敗11分で12年ぶりにセ・リーグが勝ち越した。 16年目を迎えた今年の交流戦は面白かった。佐々木朗希(ロッテ)の甲子園でのプロ初勝利や、佐藤輝明(阪神)の1試合3発、山本由伸(オリックス)の完全試合あと一歩の快投など数々の印象的なシーン。...
別窓で開く

【パ6球団・開幕ローテ予想】楽天は注目度も充実度も球界最高級!千賀が出遅れのソフトバンクはどうなる?<SLUGGER>
いよいよ3月26日の開幕を迎える2021年のプロ野球。各球団の開幕ローテーションはどのような陣容になるのか。パ・リーグ6球団の最新事情を確認しておこう。●ソフトバンク1 石川柊太2 高橋礼3 和田毅4 笠谷俊介5 武田翔太6 大竹耕太郎 昨年の開幕投手を務めた東浜巨、投手三冠を獲得したエースの千賀滉...
別窓で開く

【パ・リーグ各球団で在籍が最も長い助っ人は?】西武の大砲カブレラと並んで球団野手最長の現役選手は?ロッテは投打ともに助っ人10年選手が存在する唯一のチーム
プロ野球史において、実に1000人以上の助っ人外国人がプレーした。この記事では、その中でも各球団で史上最長の在籍年数を記録した選手を、投手・野手に分けてそれぞれ紹介する。今回はセ・リーグ編だ。今回はパ・リーグ編だ。...
別窓で開く


<前へ1次へ>