本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「言葉が出ない…」村上宗隆がノムさん&落合に並ぶ52号!異次元の打棒に名捕手も絶句
甲子園の夜空を、怪童の一振りが切り裂いた。 9月6日に行われている阪神対ヤクルトの一戦。ヤクルトの村上宗隆内野手が4対3の1点リードで迎えた6回表、阪神先発の青柳晃洋から今季52号となるソロホームランをバックスクリーン左に叩き込んだ。...
別窓で開く

王貞治、落合博満、バースらはいかに“偉業”をやってのけたのか? 村上宗隆が迫る金字塔の到達者たち【三冠王列伝】<SLUGGER>
今季のセ・リーグで、いや日本球界において話題沸騰となっているのが、「村上宗隆(ヤクルト)の三冠王なるか?」だ。 三冠王は、打率、本塁打、打点と打撃主要三部門を手にし、技術とパワーを極めた打者だけに与えられる究極の称号だ。過去に日本球界においてこの偉業をやってのけたのは、2リーグ制以降で6人だけと多く...
別窓で開く

【MLBから何を学んだか】「僕はイチローさんや大谷くんとは違う」岩村明憲がつかんだ独自のサクセス・ストーリー<SLUGGER>
“パイオニア”野茂英雄のメジャー挑戦から25年以上が経った。大谷翔平(エンジェルス)の活躍に代表されるように、メジャーリーグの舞台に日本人選手が立つ光景はもはや当たり前となっている。 昨季は日本球界でもメジャーの影響が見て取れた。かつてメジャーでも活躍した高津臣吾が監督として...
別窓で開く

レギュラー固定か、それとも柔軟な選手起用か。初戦敗退の明徳義塾が直面した“甲子園のジレンマ”<SLUGGER>
3大会連続出場の明徳義塾高が初戦で姿を消した。 九州の雄・九州国際大付高と投手戦を演じて、1対2で惜敗。エースの吉村優聖歩は相手打線翻弄するピッチングを見せたが、エラーがらみの2失点を攻撃陣が跳ね返すことができずに力なく敗れた。「吉村はよく投げたんじゃないかと思いますけど、打線が奮起して3、4点取っ...
別窓で開く

想定通りの継投だった市立船橋、突然の投手交代だった興南。指揮官の「準備の差」が招いたサヨナラデッドボール<SLUGGER>
起こるべくして起きた決着だったかもしれない。「(最後のチャンスを)副キャプテンの黒川(裕悟)に託したんですけども、本当にここまでいろんなことをチームのために動いてくれてた子だったので、黒川の気持ちが呼び込んだデッドボールだったのかなっていうふうには思ってます」 市立船橋高の海上雄大監督は、興南高戦を...
別窓で開く

「なんて怪物的シーズンなんだ」村上宗隆の“3打席連発”にMLB記者も「逆方向にこのパワーとは」と感銘!
“村上様”と呼ばれるのも、当然と言える活躍かもしれない。 7月31日、甲子園で行なわれた阪神戦に「4番・三塁」で先発出場した村上宗隆(ヤクルト)は、プロ初となる35号、36号ソロ、37号2ランの3打席連続本塁打を放ち、チームの逆転勝利の原動力となった。 まず一発目が飛び出した...
別窓で開く

仰木監督が見出した元ドラ1、MLB通算601セーブの殿堂入りクローザー。根尾昂の指針となり得る「投手転向の成功例」<SLUGGER>
中日の立浪和義監督が根尾昂の投手転向を発表した。 野手から投手へのコンバートは、日本では数少ないがまったくないわけではなく、アメリカではむしろ盛んに行なわれている。ここでは過去にあった日米における成功例をそれぞれ見ていこう。 NPBの投手コンバートについて特筆すべき名伯楽が、1994年から2001年...
別窓で開く

開幕1か月の「ブレイク野手」は? “4割打者”・松本は危険フラグも、三森と石川は今後も活躍をキープか<SLUGGER>
プロ野球も開幕から1か月以上が経過。昨季上位のチームが下位に沈むなど、異なる様相を呈している。また、異なるのは選手も同様だ。昨季まで無名だった選手、あるいはルーキーのなかにも、ここまで非常に優れた成績を残している選手もいる。彼らは今後も活躍を維持できるのだろうか。3・4月にブレイクした野手3名をピッ...
別窓で開く

セ・リーグ6球団から“新人王候補”を選ぶなら?中日は大卒スラッガー鵜飼、巨人は開幕一軍入りの剛腕・大勢に期待!<SLUGGER>
3月25日のプロ野球開幕に向け、オープン戦ではルーキーたちのアピールが続いている。ここでは、セ・リーグ6球団それぞれの新人王候補たちにスポットを当ててみよう。【宮崎キャンプPHOTO】侍ジャパン・栗山監督が視察!巨人キャンプの模様を一挙公開▼ヤクルト内山壮真(捕手) 昨季、20年ぶりの日本一に輝いた...
別窓で開く

性格は「優等生」でも選手としては「ダイヤの原石」——「勝負の4年目」を迎える根尾昂に贈りたいイチローの金言<SLUGGER>
中日の根尾昂が「勝負の」4年目を迎える、ことになっているらしい。 確かに、周囲がそう煽りたくなる気持ちも分からないではない。プロ入り同期の小園海斗(広島)はすでに遊撃のレギュラーを獲得。さらに昨年は、ポジションこそ違うが1学年下の奥川(ヤクルト)や宮城大弥(オリックス)、佐々木朗希(ロッテ)も一軍で...
別窓で開く


<前へ12次へ>