本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



幻惑投法で大谷翔平に挑んだ“ナスティ・ネスター”。ヤンキースを支える苦労人左腕の「適応能力」と熱い想い<SLUGGER>
好調チームからは得てして「ラッキーボーイ」あるいは「嬉しい誤算」と呼べる選手が出てくるものだ。今季のヤンキースでは、ネスター・コルテスがそれにあたるのだろう。 現在27歳の左腕は今季初めて先発ローテーションに定着。最初の13試合で6勝3敗、防御率2.31と見事な数字を残し、特に6月中旬までは1点台の...
別窓で開く

13K大谷翔平と「見合う投球ができなかった」とロイヤルズ左腕はお手上げ! 敵地メディアも感嘆「オオタニという存在を堪能した」
圧巻の“奪三振ショー”に相手先発もお手上げだ。【動画】メジャー自己最多の13奪三振! ガッツポーズも飛び出した大谷の投球シーンをチェック 現地時間6月22日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「2番・DH兼投手」で先発出場...
別窓で開く

ネビン監督代行が明かす“舞台裏のやり取り”——。7回降板も考えたが、大谷翔平は「『まだ投げるよ』と譲らなかった」
試合後に“8回続投の舞台裏”が明かされている。【動画】メジャー自己最多の13奪三振! ガッツポーズも飛び出した大谷の投球シーンをチェック 現地時間6月22日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地のカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「2番・DH兼投手」で先発出場。...
別窓で開く

「ショウヘイはとんでもない奴だ!」疲れ知らずの快投に“伝説左腕”サバシアも熱狂! 大谷翔平が8打点の翌日に「13奪三振、被安打2」
疲れ知らずの快投に殿堂入り投手も賛辞を惜しまない。【動画】メジャー自己最多の13奪三振! ガッツポーズも飛び出した大谷の投球シーンをチェック 現地時間6月22日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「2番・DH兼投手」で今季12度目の投打同時出場。...
別窓で開く

2発8打点の翌日に”メジャー自己最多”13奪三振! 米記者は大谷翔平に「こんなことが可能なのか?」と驚き隠せず
現地時間6月22日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれているカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「2番・DH兼投手」で先発出場。メジャー自己最多の13奪三振をマークするなど、8回(108球)無失点の好投を見せ、勝ち投手の権利を持って降板した。...
別窓で開く

「戦力充実度」と「財政余裕度」から診断! 23年オフのFA市場で大谷翔平と最もマッチするチームは?【ア・リーグ編】<SLUGGER>
2023年シーズン終了後にFAとなる大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。その頃、彼に最もフィットする球団は果たしてどこなのか? 主力選手との契約内容や若手の育成状況、そして何より「24年以降に勝てるかどうか」。さまざまな要素から大谷との「マッチ度」を検証する。※SLUGGER2022年3月号の企...
別窓で開く

大谷翔平の表情に「純粋な喜びと感謝が溢れている」。イチローとの“再会ショット”に稀代の大谷マニアも注目
日本球界が誇る新旧2大スターの2ショットが現地で反響を広げている。【画像】稀代の愛好家も「表情が素晴らしい」と注目! “大谷&イチローの再会ショット”をチェック! 注目を集めているのは、現地時間6月17日に行なわれたシアトル・マリナーズとロサンゼルス・エンジェルス戦での一幕だ...
別窓で開く

仰木監督が見出した元ドラ1、MLB通算601セーブの殿堂入りクローザー。根尾昂の指針となり得る「投手転向の成功例」<SLUGGER>
中日の立浪和義監督が根尾昂の投手転向を発表した。 野手から投手へのコンバートは、日本では数少ないがまったくないわけではなく、アメリカではむしろ盛んに行なわれている。ここでは過去にあった日米における成功例をそれぞれ見ていこう。 NPBの投手コンバートについて特筆すべき名伯楽が、1994年から2001年...
別窓で開く

大物を相次いで外した楽天、ソフトバンクは“助っ人史上最悪の投手”と呼ばれた男【平成・令和パ・リーグ6球団のワースト助っ人は誰だ】<SLUGGER>
光があるところにはまた闇もある。優良助っ人がいれば期待外れな外国人もいる。ここでは、各球団の平成以降の“ワースト外国人選手”を紹介しよう。今回はパ・リーグ編だ。▼オリックスエリック・コーディエ(2016年在籍/投手) 往々にして豪腕投手の多くは荒れ球だが、コーディエはその極致...
別窓で開く

「彼には強い信念がある」イチローが太鼓判を押す21歳の新星。“グリフィー2世”がマリナーズの未来を変える【現地発】<SLUGGER>
開幕から低空飛行が続くマリナーズで、一人気を吐く若者がいる。21歳の黄金ルーキー、フリオ・ロドリゲスだ。チームの将来だけでなく、球界屈指のスーパースターへの成長が期待されるドミニカンの素顔を、地元紙『シアトル・タイムズ』紙の記者が記した。 フリオ・ロドリゲスはいつも笑顔を浮かべながらプレーしているよ...
別窓で開く