本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「青木宣親2世」それとも「鈴木誠也よりずっと上」?——レッドソックス入りした吉田正尚は150億円の投資に見合う活躍ができるのか<SLUGGER>
まさに電光石火の早業だった。現地12月7日、前日に正式にポスティング公示されたばかりの吉田正尚(オリックス)がレッドソックスと5年契約に合意したとアメリカの複数メディアが報じた。 契約条件は5年9000万ドル(約122億4000万円)+ポスティング料1540万ドル(約20億9440万円)で、どちらも...
別窓で開く

「エンジェルスはなぜ弱いのか?」来日したベテラン番記者が考えるチームの課題と改善策。そして「外野手・大谷」の実現性は?<SLUGGER>
ロサンゼルス・エンジェルスの地元紙『Orange County Register』紙のエンジェルス番記者で、大谷翔平の渡米4年間の活躍を振り返った書籍『SHO−TIME 大谷翔平 メジャー120年の歴史を変えた男』の著者でもあるジェフ・フレッチャー氏が11月下旬に来日し、インタビューに応じてくれた。...
別窓で開く

ジャッジがFA史上最高額でヤンキースと再契約!たった半年で200億円以上も価値を上げた男<SLUGGER>
“アーロン・ジャッジ狂騒曲”がついに決着した。 現地12月6日、今オフにフリーエージェント(FA)となっていた大砲ジャッジがニューヨーク・ヤンキースと9年3億6000万ドル(約489億6000万円)で再契約したとアメリカの複数メディアが一斉に報じた。契約総額3億6000万ドル...
別窓で開く

藤浪晋太郎のMLB移籍には「ロマン」がある。アメリカでの開花を予感させる理屈抜きの期待感<SLUGGER>
藤浪晋太郎のメジャーリーグ(MLB)移籍には、他の選手とは少し違った意味でのドキドキがある。古い言葉を使えば、「ロマン」と言ってもいいかもしれない。 なぜなら、日本プロ野球(NPB)、いや、阪神タイガースですら圧倒的なエースというわけでもないだろうが、潜在能力が高い藤浪には「MLBで開花するかも?」...
別窓で開く

不正投球を“エンタメ”に昇華させたゲイロード・ペリー。殿堂入りも果たした名投手と薬物疑惑に揺れ続けるバリー・ボンズの「違い」<SLUGGER>
12月1日(現地)、殿堂入りの名投手ゲイロード・ペリーが84歳で死去した。 メジャー22年間で通算314勝を挙げ、1972年にア・リーグ、78年にはナ・リーグでサイ・ヤング賞を受賞。素晴らしい実績の持ち主であるのは間違いないが、彼にはもう一つの顔があった。...
別窓で開く

ダルビッシュを14年ぶりのWBC出場に駆り立てたものは一体何なのか?改めて蘇る09年決勝の“咆哮”の記憶<SLUGGER>
12月6日、ダルビッシュ有(パドレス)が自身のツイッターで来年3月に行なわれるWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に出場することを明言した。 ダルビッシュは侍ジャパンの栗山英樹監督と握手を交わす写真とともに「栗山監督に『来年のWBC出場しなさい』と言われたので出場します」とツイート。すぐさま...
別窓で開く

サイ・ヤング賞投手バーランダーがメッツ、盗塁王2度のターナーがフィリーズへ。ナ・リーグ東地区の“仁義なき戦い”<SLUGGER>
日本中がワールドカップに熱狂する中、アメリカから驚愕のニュースが飛び込んできた。 アストロズをFAになっていた今年のサイ・ヤング賞投手ジャスティン・バーランダーが2年8666万ドル(約117億8500万円)でメッツと合意。その数時間後には、快足遊撃手のトレイ・ターナーが11年3億ドル(約348億円)...
別窓で開く

「20本塁打以上は難しい」「今のメジャーにいないタイプ」MLBスカウトによる吉田正尚の“リアル評”<SLUGGER>
日本の投手たちは長年、吉田正尚の攻略に頭を悩ませてきた。そして今、MLBの各球団は吉田の特異なスキルが今後のチーム作りにどうフィットするのか、同じように頭を悩ませている。 ポスティング・システムを使ってMLB球団との交渉に臨むオリックスのチームリーダーには、数多くの長所がある。吉田は打席での辛抱強さ...
別窓で開く

名だたるエースをことごとく“血祭り”に。中日期待の新助っ人アキーノが持つ「メジャー通算41発」の凄み<SLUGGER>
11月28日に中日との契約が明らかになったアリステディス・アキーノ。「メジャー通算41本塁打」の実績から、深刻なパワー欠乏症に悩むチームの救世主的存在になるとの期待が高まっている。だが、この「通算41発」を詳しく調べてみるとさらに凄さが分かってきた。なにせこの新助っ人がこれまで餌食にしてきたのは、メ...
別窓で開く

今オフのジャッジか来オフの大谷、どっちを選ぶ?ナ・リーグ最強軍団ドジャースに迫られる“究極の選択”<SLUGGER>
2022年、アーロン・ジャッジ(ヤンキース)と大谷翔平(エンジェルス)は、MLB史上でも稀に見るハイレベルなMVPレースを展開した。 そして今、ある強豪チームがこの2人の獲得をめぐって難しい決断を迫られているようだ。 MLB.comのジョン・モロシ記者によると、ドジャースがこのオフFAとなったジャッ...
別窓で開く


[ slugger アメリカ アメリカ mlb ] の関連キーワード

slugger ヤンキース ドジャース アメリカ mlb
メッツ ペリー ターナ リアル バリー