本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大谷のフェンウェイでの活躍からつながった「MLBの救世主」ベーブ・ルースとの奇妙な歴史の偶然<SLUGGER>
2022年5月5日(現地)木曜日、エンジェルスの大谷翔平は、現存するメジャーリーグ最古(1912年開場)の球場フェンウェイ・パークでのレッドソックス戦に「投手/3番・DH」として出場した。 この日、「投手・大谷」は11三振を奪いながら7回6安打無失点で今季3勝目を挙げ、そして「打者」としても4打数2...
別窓で開く

レギュラーシーズン初の日米同日快挙! ソフトバンクの東浜巨が自身初のノーヒットノーランを達成<SLUGGER>
ソフトバンクの東浜巨が、5月11日に行なわれた西武戦でノーヒットノーランを達成。2四球で出塁した走者をいずれも併殺で仕留め、打者27人で西武打線を抑え込んだ。 現在、パ・リーグ本塁打王の山川穂高らを擁する“山賊打線”を相手に、東浜の右腕が唸りを上げた。...
別窓で開く

昨季の快進撃時もそうだった“覚醒”の兆候!? 米記者も指摘する大谷翔平の左中間打球増加は苦境脱出のサインだ
復調を物語るような一打が生まれた。現地時間5月8日、本拠地で行なわれたワシントン・ナショナルズ戦で、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)が放ったそれだ。【動画】あとわずかでサヨナラアーチ! 大谷翔平の復調ぶりを示す同点タイムリー二塁打 エンジェルスが2対4とリードを許した9回裏2死一、三塁。...
別窓で開く

大谷翔平の危機一髪にヒヤリ!強烈ファウルボールを“全力回避”する姿に「何としてでもオオタニを守れ!」
現地時間5月8日のワシントン・ナショナルズ戦で大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)の身に思わぬハプニングが起きていた。 この試合「指名打者」で先発出場した大谷は、チームメイトらが守りで奮闘する様子をダグアウトから見守っていた。そんなサムライの身に危険が迫ったのは、3回表1死無塁でライリー・アダムス...
別窓で開く

「ショウヘイがフェンス越えを打てばよかった」劇的勝利を演出した大谷翔平に味方打者がまさかの“クレーム”!?
現地時間5月8日、ロサンゼルス・エンジェルスはワシントン・ナショナルズとの3連戦の最終戦に挑んだ。この試合でエンジェルスの大谷翔平は「3番・DH」で先発出場すると、リードを許した最終回に大仕事をやってのけた。 2対4とビハインドを背負っていたエンジェルスは、9回裏に2死一、二塁という好機を創出する。...
別窓で開く

土壇場での“ショータイム”に敵将は嘆き! 大谷翔平のフェン直同点タイムリーは「凄まじい打球だった」
土壇場で見せつけた“ハイパフォーマンス”には、敵将も感服するしかなかった。【動画】大谷が土壇場で魅せた! “フェン直同点打&激走サヨナラ生還”をチェック 現地時間5月8日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたワシントン・ナショナル...
別窓で開く

「こんなエキサイティングなことはない」大谷翔平、同点二塁打→激走サヨナラ生還に現地記者らが絶句!「言葉が見つからない」
現地時間5月8日、本拠地で行なわれたワシントン・ナショナルズ戦に「3番・DH」でスタメン出場した大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は、9回に同点タイムリー二塁打を放った。その後、味方の安打から激走を披露しサヨナラ生還。チームは5-4で白星を飾った。 第4打席までは左飛、四球、中飛、三振に倒れた。...
別窓で開く

大谷翔平らも悩ませる“誤審”。アメリカで進むロボ審判導入は必然か? 「審判の権威低下」の意見は本末転倒だ<SLUGGER>
今季ここまでのMLBとNPBで共通するキーワードがある。それは「判定」であり「審判」だ。 大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)の打席で首を傾げたくなるストライクを巡る判定は、再三日本のメディアでも紹介された。さらにボール判定に不服な態度を見せた佐々木朗希(千葉ロッテ)に対する白井一行球審の対応は、...
別窓で開く

佐々木朗希ら若手のための投球制限は「過保護」なのか? メジャーでも話題となる“金の卵”を守る育成法の是非<SLUGGER>
4月のプロ野球で最大の話題は佐々木朗希(ロッテ)だった。 10日のオリックス戦では、プロ野球新の13者連続奪三振を含むタイ記録の1試合19三振を奪い、28年ぶりの完全試合を達成。7日後の日本ハム戦でも8回までパーフェクトを続けた。 その試合では、ロッテの井口資仁監督の決断が世間の注目を集めた。...
別窓で開く

FA権取得時期が延びる「投げ抹消」、年俸調停制度の拡充——日本にMLB並みの労使交渉があったら問題になり得る争点<SLUGGER>
このオフのメジャーリーグは、ロックアウトの話題で持ちきりだった。新労使協定をめぐってオーナー側と選手会が激しく対立。昨年12月に始まったロックアウトは99日間に及び、その影響で開幕が1週間延期となった。 争点はプレーオフ枠の拡大、ナ・リーグのDH制導入からFA補償、若手選手の待遇改善、ドラフト改革、...
別窓で開く


[ slugger アメリカ ] の関連キーワード

slugger ソフトバンク アメリカ 佐々木 ルース
mlb