本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「天才的」か、それとも「無謀」——リスクを承知で“地上最強投手”デグロムに総額約250億円を投じたレンジャーズの「本気度」<SLUGGER>
衝撃的なニュースが飛び込んできた。 12月2日(現地)、メッツからフリーエージェント(FA)になっていたジェイコブ・デグロムが5年1億8500万ドル(約247億9000万円)でレンジャーズと契約したことが決まった。 デグロムと言えば、“地上最強”との呼び声もあるMLB屈指の好...
別窓で開く

吉田正尚はあえて単年契約を選ぶべき? ポスティングでMLB移籍をする日本人選手に伝えたい「成功への道」<SLUGGER>
イチローのメジャーデビューからもう20年以上経つが、未だにメジャーリーグ(MLB)における「日本人野手の数=サンプル」は、ドミニカ共和国やベネズエラ、プエルトリコの野手に比べて圧倒的に少ない。 そういう状況で「日本人野手はMLBで通用しないのか?」などと考えるのはナンセンスで、そもそもその「『通用』...
別窓で開く

J-ROD、ソト、ゲレーロJr.の若手トリオにサイ・ヤング右腕…WBCドミニカ共和国代表最強メンバーはアメリカ以上?<SLUGGER>
現地11月20日、ドミニカ共和国野球連盟が第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ向けた50人の代表予備リストを発表した。現役のメジャーリーガー輩出数ではアメリカに次ぐ規模を誇り、しかもWBCへの熱意も高いとあって、そこで今回はその中から「最強メンバー」を編成してみよう。 まず、打線は以...
別窓で開く

ロドリゲスを新人王1位に推さなかった記者が“説明責任”!「ラッチマンを評価した理由は…」
 これが「記者投票」のあるべき姿なのだろう——BBWAA(全米野球記者協会)は現地時間11月14日、今シーズンの新人王を発表し、ア・リーグはフリオ・ロドリゲス(マリナーズ)が、ナ・リーグではマイケル・ハリス2世(ブレーブス)が受賞を果たした。 ロドリゲスは投票者30名のうち29名から1位票を獲得し、...
別窓で開く

傷だらけの勲章——満身創痍で死力を尽くして戦った男たちが示した「ワールドシリーズ優勝の価値」<SLUGGER>
30日間にわたって行われたMLBの頂点を争う戦いに、ようやく終止符が打たれた。162試合の長い長いレギュラーシーズンを終えた後、さらに1ヵ月に及ぶ戦いを勝ち抜かなければワールドチャンピオンにはなれない。その事実に改めて驚愕すると同時に、最後まで死力を尽くしたアストロズとフィリーズの選手たちを称えたい...
別窓で開く

“下克上”でワールドシリーズに進出したフィリーズとエンジェルスの「決定的で絶望的な差」<SLUGGER>
「あらゆるリソースを駆使して得た情報を分析、及び理解して、選手の獲得や育成に活用しています」サム・ファルド(フィリーズGM) 今年のワールドシリーズは、アメリカン・リーグ最高勝率のアストロズ対ナショナル・リーグのワイルドカード3位のフィリーズの対決となった。第3戦を終えてフィリーズが2勝1敗。...
別窓で開く

快進撃続くフィリーズがリアルミュートの延長弾で先勝! バーランダー炎上のアストロズは“不敗神話”が崩れる【ワールドシリーズ】
“最強軍団”アストロズ vs“雑草軍団”フィリーズが頂点を争う舞台、ワールドシリーズが現地時間10月28日から開幕し、第1戦をフィリーズが6対5で制してシリーズ先勝を果たした。【動画】リアルミュートが値千金の決勝弾! フィリーズが先勝 今季ア・リーグ最...
別窓で開く

王座奪還を誓う“最強”アストロズ。「達成できたら素晴らしい」世界一とダブルで狙う46年ぶりの大記録とは——
ヒューストン・アストロズ対フィラデルフィア・フィリーズの顔合わせになったメジャー・リーグのワールドシリーズ(WS)。アストロズは2年連続4度目、フィリーズは13年ぶり8度目のWS進出で、熱戦の火蓋は現地時間10月28日(日本時間29日)に切られる。【動画】最後に笑うのはどちらか。...
別窓で開く

【ワールドシリーズ展望】「いてまえ軍団」フィリーズが「球界最強」アストロズの牙城を崩して究極の下克上なるか。カギとなるのは?<SLUGGER>
2022年のワールドシリーズは好対照なチームの対決となった。 ア・リーグ覇者のアストロズは、ここ6年間で4度目のワールドシリーズ出場と“フォール・クラシック”ではすっかり定番の存在になっている。今季もリーグ最多の106勝を挙げ、ポストシーズンではマリナーズ、ヤンキースをスイー...
別窓で開く

アストロズをワールドシリーズに導いた新星ペーニャ。打撃開眼のきっかけは大谷翔平との対戦だった!<SLUGGER>
ここ6年間で4度目のワールドシリーズ出場を果たしたアストロズ。このポストシーズンで特に目立っているのが、25歳のルーキー遊撃手ジェレミー・ペーニャだ。 マリナーズとの地区シリーズ第3戦では、0対0で迎えた延長18回に値千金の決勝ホームラン。ヤンキースとのリーグ優勝決定シリーズでも、4試合で打率.35...
別窓で開く


[ slugger マリナーズ ] の関連キーワード

ドミニカ共和国 slugger ロドリゲス アメリカ ヤング
rod wbc