本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



なでしこ初得点の清水梨紗が喜び「かわせたタッチがうまくいった」
 日本女子代表(なでしこジャパン)DF清水梨紗が、11日の国際親善試合パナマ女子代表戦を振り返った。 右サイドバックとしてフル出場を果たした清水は1−0のリードで迎えた16分、ゴール前での冷静なフェイントから右足でゴール左に突き刺し、代表初得点を記録する。なでしこジャパンはこの後も得点を積み重ね、8...
別窓で開く

【なでしこジャパン】FIFAランク47位・パラグアイとの対戦が決定! 4月8日、仙台で16時半キックオフ
 パラグアイサッカー協会は現地時間3月9日、パラグアイ女子代表が日本女子代表(なでしこジャパン)と、4月8日(木)にユアテックスタジアム仙台で国際親善試合を実施すると発表した。 パラグアイはFIFAランキング47位(日本は同10位)の南米のチームで、女子ワールドカップ(W杯)、五輪の出場経験はない。...
別窓で開く

なでしこジャパンの2020年総括。コロナ禍で活動制限も、高倉監督が「楽しみでしかない」と言う理由は?
 世界中で吹き荒れるコロナ禍は、なでしこジャパンのスケジュールにも大きく影響し、3月のSheBelievesCup以降の活動はすべて中止。最大目標の東京五輪も、来年への延期を余儀なくされた。「人々の生活と平和があってのスポーツだと考えさせられました。そして再開後は、サッカーに携わっている人たちの喜び...
別窓で開く

なでしこジャパン、3連敗のアメリカ遠征で“覚醒した45分”。東京五輪へのヒントは拾えたか?
 東京オリンピックの前哨戦と言える「SheBelievesCup」(アメリカ)に参戦したなでしこジャパン。今大会の日本の失点は、最も集中しなければならない立ち上がりとゲーム終了までの10分間に多く生まれた。特に試合入りの失点は、ゲームプランを水泡に帰す。世界ランク1位のアメリカと対戦した最終戦でも、...
別窓で開く

2連敗中のなでしこに痛手。今大会未出場の長谷川唯の負傷離脱を発表
 JFA(日本サッカー協会)は9日、「2020 SheBelieves Cup」に出場しているなでしこジャパンからMF長谷川唯が負傷のため離脱することを発表した。 3月6日に行なわれた、初戦のスペイン戦では、開始8分に失点。前半終了間際に岩渕真奈の技ありボレーで追いつくものの、後半に2失点を喫し1−...
別窓で開く


<前へ1次へ>