本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



滴滴出行の赤字が1兆円に拡大、DiDi Food撤退の日本事業はどうなる?
2021年、配車アプリ(ライドシェア)最大手「滴滴出行」の赤字額が、日本円で1兆円近くにも膨らんだ。MaaS(Mobility as a Service)を推進する代表企業だが、この1年はかつてない激動の連続に見舞われた。その近未来について見通してみよう。■日本事業…トヨタと提携まず日本との関わりで...
別窓で開く

第二新卒が「入ってよかった!」 待遇いい&成長できる企業ランキング...外資系抜いた1位の日本企業は?
近年、就活市場で「第二新卒」が台風の目のような存在になってきた。若者の転職が珍しくなくなってきた今、本人はもちろん、採用する企業側にもメリットが大きいからだ。そんな「第二新卒」が「入ってよかった!」と高く評価する企業はどこか。...
別窓で開く

車がスマホのようになる?コネクティッドカーの特徴や各メーカーのサービスも解説
車がスマホのようになっていっているのをご存じでしょうか。購入後に車がネットワークに繋がり、ソフトウェアのアップデート、地図データのアップデートなどを行うことができるようになりつつあります。今回はこの繋がる車「コネクティッドカー」について紹介します。■コネクティッドカーとはそもそもコネクティッドカーの...
別窓で開く

ソニーがEVに参入 トヨタや米テスラ、中国BYDに独VWだけじゃない熾烈な競争に「勝算」は?
ソニーグループが電気自動車(EV)に参入する。吉田憲一郎社長が2022年1月4日、世界最大級の家電IT見本市「CES」(米ラスベガス)の開幕に合わせて、新会社「ソニーモビリティ株式会社」を今春に設立し、量産化を検討すると発表した。EVは「脱炭素」の流れが強まるなか、ガソリン車に比べて技術的な障壁が低...
別窓で開く

ビットコイン乱高下も同志社大は継続保有 明大はイーサリアム売却で資産2万円乗せ、職業大は静観(第25節)【暗号通貨バトル Aグループ】
ビットコイン相場が荒れ模様。1BTC=700万円を突破して最高額を更新。どこまで上がるのかと思われたが調整が入って下落した。こうした状況にも、同志社大学のしがないトレーダーさんは、「半年前のような売りが強すぎる暴落は見られない」と判断。9月に買ったビットコインを継続保有する。一方、保有するイーサリア...
別窓で開く

空飛ぶクルマに乗れるのはいつ?市場規模は160兆円?
2025年に開催される大阪・関西万博において空飛ぶクルマの活用を目指し、大阪府・大阪市・株式会社SkyDriveが「空飛ぶクルマの実現に向けた連携協定」を締結したという発表が2021年9月14日にありました。このように日本でも空飛ぶクルマのニュースが増え、実用に向かっていることを実感する機会が増えま...
別窓で開く

【新連載】トヨタの「平均年収」は、なぜ7.5万円も下がったのか?
有価証券報告書などの公開情報を読み解く「会社こたつ記事」。今回は世界最大級の自動車メーカーであるトヨタ自動車を取り上げます。最新の有価証券報告書(2021年3月期)によると、トヨタ自動車社員の平均年間給与額は858万3267円。前期から7.5万円あまり減っています。景気の変動に関係なく安定的な給与が...
別窓で開く

世界的な自動車賞WCAでふたりの日本人が“今年の顔”に選ばれた理由☆岡崎五朗の眼
いつの時代も世界の経済を牽引する自動車業界。それだけに、世界にはさまざまな自動車賞が存在しています。そんな中、2021年春、ふたりの日本人が世界的な自動車賞において名誉ある“今年の顔”に選ばれました。なぜ今、日本人の業界関係者が高く評価されたのでしょうか? その理由をモータージャーナリストの岡崎五朗...
別窓で開く

去年の都民生活の調査結果 暮らし向きの変化で不満ポイント増加
暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月—金曜、朝7:15〜)。今回は都が毎年実施している「都民生活に関する世論調査」の結果についてや、都内で創業を予定している人に賃貸料・広告費・人件費など初期に必要な経費の一部を助成する事業を紹介し...
別窓で開く

トヨタ販売店が公共交通にどっぷりのナゼ MaaSアプリ「my route」横浜で展開 日産も連携
複数の交通手段の検索、予約、決済までをスマホで完結できるというトヨタのアプリ「my route」、その横浜版がリリースされました。複数の交通事業者や地域の商店街などが連携したサービスですが、その旗振り役は、トヨタ販売店です。...
別窓で開く


<前へ12次へ>