本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【11周年】「ダークソウル トロフィー100%&やり込み解説」がニコニコ動画に投稿されたのは2012年1月8日
 2012年1月8日、ふぅさんがニコニコ動画に投稿した『【ダークソウル】トロフィー100%&やり込み解説 【実況】Part1』が、本日2023年1月8日で投稿から11周年を迎えました! 再生数は累計1,718,282回にのぼり、動画につけられたコメント数は10,151件を超えています(※記事製作時)...
別窓で開く

『MOTHER2』全32種の記念写真を撮影し、最速でエンディングを目指すRTA 乱数調整や壁抜けなど派手なテクニックを多用するガチプレイを紹介
 1994年にスーパーファミコン向けのRPGとして発売された『MOTHER2 ギーグの逆襲(以下、MOTHER2)』。 名作RPG『MOTHER』のシリーズ二作目として発売された同作は、その独特なテイストでプレイヤーを魅了し、発売から30年近くが経過した現在でも圧倒的な人気を誇る。...
別窓で開く

Netflixの韓国ドラマがベースのアクションRPG『Kingdom: The Blood』発表 「なんかSEKIROっぽい」「Ghost of Korea」
7月11日、韓国のACTION SQUAREがNetflixのドラマをベースにしたアクションRPG『Kingdom: The Blood』を発表しました。対応プラットフォームはPC及びモバイルで、リリース時期は追って発表するとのことです。...
別窓で開く

『Trek to Yomi(黄泉への旅路)』レビュー:時代劇×日本神話の世界を圧倒的な映像美で描いたチャンバラアクション
時代劇×日本神話の世界を圧倒的な映像美で描いたチャンバラアクション『Trek to Yomi(黄泉への旅路)』。筆者はビジュアルを見た時点で「これは!」と引き付けられたため自腹で購入。その魅力をぜひ紹介したい。ちなみに今回購入・プレイしたのはSteamから配信しているPC版だ。...
別窓で開く

左手は添えるだけ。右手だけを使って『SEKIRO』を2時間半でクリア!??戦闘よりも移動に苦戦するトンでもRTAに「なんだこの縛りは」と視聴者困惑
 ゲーム開始からクリアまでのタイムを計測し、記録するタイムアタック動画はニコニコ動画でも特に人気の高いジャンルのひとつだ。 タイムアタック動画が投稿されている作品は最新のアクションゲームから今では入手が難しいレトロゲーム、果ては国内で販売されていないゲームまでさまざま。...
別窓で開く

『エルデンリング』みんなはもうクリアした?死にゲーの面白さが詰まった人気の実況シリーズをまとめてご紹介!
 全世界待望の新作アクションRPG『エルデンリング』が発売されてから約3週間が経過したが、褪せ人の友人諸君は本作をクリアしただろうか? 本作はマップの広さからもかなりのボリュームがあるようだが、いわゆるソウルボーンに馴れたプレイヤーなどはとっくに1周目をクリアし、周回を始めているのだろう。...
別窓で開く

『エルデンリング』発売のいま振り返る“死に覚えゲー”の魅力。『ダークソウル3』から見えるソウルシリーズの様式美とは?
 実況プレイ動画で選ばれるゲームジャンルの中でも特に人気の高いジャンルのひとつである“死に覚えゲー”。 死にゲーとも呼ばれるこれは、ゲーム自体の難易度が比較的高く、強敵に対し倒されては挑むを繰り返すような作品をまとめた総称。有名どころではフロム・ソフトウェアの『ダークソウル』シリーズなどが挙げられる...
別窓で開く

女性にも人気!? ゲーム実況“でびさま”の目標は「ピカチュウのポジションを奪うこと」
でびさまの愛称で日々契約者と呼ばれる視聴者を増やし続けているでびでび・でびるさん。見た目は灰色の小さな可愛らしいぬいぐるみのようで、独特なボイスは不思議な癒しがある。YouTubeのチャンネル登録者数は約3年で45万人以上。その4割が女性というのも特徴だろう。ゲーム配信ではでびさまの言動や一喜一憂す...
別窓で開く

『パワポケR』野球ゲームなのに戦場で生き残るRTA? 完走が難しい「サクセス戦争編」で200週生き残るコツを解説
 たくさんのゲームをプレイしていると、度々トラウマを植え付けられるようなゲームに出会うことがある。 ゲームのトラウマと言っても、シナリオが衝撃的すぎてショックを受けた作品だったり、ボスが強すぎて何回も何回もリトライした苦い記憶だったり、シンプルにホラーゲームで寝れなくなったりと、作品やプレイヤーによ...
別窓で開く

『SEKIRO』RTA世界一の走りを見よ! バグ使用禁止・4時間半でトロフィーコンプした圧倒的プレイを走者が解説してみた
 2019年にフロム・ソフトウェアから発売され、心地よいテンポの戦闘と、いわゆる“死にゲー”に分類されるようなクセになる難しさが魅力のアクションゲーム『SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE』(以下、SEKIRO)。 倒されて覚える死にゲーと言えば同社の『DARK SOULS』シリーズが有...
別窓で開く


<前へ12次へ>