本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



スマートウォッチだけどシンプル三針でビジネスにも使えちゃう!
さまざまな情報を表示するウォッチフェイス(ディスプレイ)が見所のひとつといえるスマートウォッチ。ただ、アクティビティ時以外のシーンにおいては、そのデジタル感がちょっと…と思ってしまう人もいるのでは。...
別窓で開く

健康管理機能はモリモリ!倒れた時には家族に通知が届くぞ
ウエアラブルデバイスを選ぶポイントはいろいろあるけど、ライフトラッカー機能をメインに選ぶなら、心拍数や睡眠状態のモニタリングなどに加え、もう一歩進んだ健康管理機能が欲しいもの。例えば、ファーウェイの「HUAWEI WATCH」シリーズの最新モデルとして発表された「HUAWEI WATCH 3」(市場...
別窓で開く

超薄い!光発電!しかも5気圧防水まで実現したぞ
わずかな光でも充電でき、定期的な電池交換作業を不要にしているCITIZEN(シチズン)の技術「Eco-Drive(エコ・ドライブ)」は、1976年に誕生した同社を代表するテクノロジーのひとつです。その技術を用いてわずか1mmで作成したムーブメントを載せた「Eco-Drive One」は、世界最薄の光...
別窓で開く

「wena 3」×「Riiiver」で見えてくる新しいスマートウォッチのカタチ
シチズン時計のIoTプラットフォームサービス「Riiiver(リィイバー)」が、この夏大きく対応ラインナップを拡充。新製品「CITIZEN CONNECTED Eco-Drive W770」5モデル(6万3800〜7万4800円)の発売に加えて、既存のBluetooth対応キャリバー搭載モデルが無料...
別窓で開く

時計の新たな可能性を秘めた「Eco-Drive Riiiver」新デザイン
時計そのものを楽しむ新たな発想と、充電いらずのエコな技術で、スマートウォッチの概念を変えたシチズンの「Eco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ リィイバー)」。ボタンひとつで、現在の天気に合わせた音楽を流したり、好きな野球チームの試合結果を時計の針で表示したり。...
別窓で開く

カスタムウォッチで感じた”ユーザーがモノづくりを楽しむ”意義
ここ数年、オーダーメイド制のカスタムウォッチが人気を博しています。主に新興メーカーによるこうした仕掛けは功を奏しており、その理由のひとつとして、単純に「モノ」を買うという行為だけでなく、自分でパーツを選んでオリジナルのアイテムを作るという「コト(行動)」の楽しさが大きいのではないかと思います。...
別窓で開く


<前へ1次へ>