本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



男に媚びを売るだけの誰でもできる仕事——夜の街で働く女性たちは、そう色眼鏡で見られがちだ。が、実際には、多種多様な客の要求を見抜き、日々の自己研鑽をも必要とする高度な接客能力が求められる。 クラブ、キャバクラ、スナック、ショーパブ…様々な業態で働く女性たちの普段は口にしない“仕事論”を掘り下げ、仕事...
別窓で開く

BLACKPINKジェニー、CHANELの肩出しワンピ着こなすショットに「美があふれ出てる」「やんばぁぁあ!」の声
ジェニー、色っぽい肌見せショットでファンを魅了! 韓国の4人組ガールズグループBLACKPINKのジェニーが、10月4日に自身のInstagramを更新。クールな雰囲気漂うワンピース姿を公開し、「かわいいがすぎる」「肩にキュンとする」とファンを沸かせ...
別窓で開く

チャールズ国王、国葬後初の公務で群衆から無料のヘアカットをオファーされる
チャールズ国王とカミラ王妃が、エリザベス女王の国葬後初となる公式公務を行った。スコットランドの都市ファイフのダンファームリンを訪問した国王は、群衆の中にいた男性から無料のヘアカットをオファーされる場面があった。エリザベス女王の国葬が現地時間9月19日に執り行われた後、チャールズ国王とカミラ王妃は7日...
別窓で開く

メーガン妃、過去にモデルを務めた表紙に「人種差別的」と激怒していた
メーガン妃が、2017年に表紙モデルになった雑誌に対して激怒していたという。新たな暴露本によると妃は当時、ヘンリー王子とのロマンスに言及した見出しが「人種差別的だ」と強く非難し、表紙の変更を求めたそうだ。メーガン・マークル(現・メーガン妃)は2017年、ヘンリー王子と婚約発表する直前に『Vanity...
別窓で開く

ヘンリー王子はかつてカミラ夫人に「卑劣な言葉を放っていた」 王室伝記作家が告白
ヘンリー王子が、過去にカミラ夫人(当時)について酷い言葉で罵っていたことを王室伝記作家が明かした。王子は当時、父チャールズ皇太子が母ダイアナ妃と結婚しているにかかわらず愛人関係にあった夫人に嫌悪感を抱き、このような発言をしたとみられている。...
別窓で開く

開かれた英王室とタブー化した日本の皇室。どちらが成熟した社会か?
『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、英王室と日本の皇室について語る。* * *9月8日に亡くなった英エリザベス女王は70年の在位中、伝統と威厳を保ちながらも国民に寄り添い、親しみのある「開かれた王室」を進化させてきました。...
別窓で開く

「ITZY」YUNA、へそ出し&超ミニの抜群スタイルに世界中から絶賛の嵐「天使」ビューティフル」
 韓国の5人組ガールズグループ「ITZY」の公式インスタグラムが更新され、YUNAのノースリーブと超ミニのスラリとしたスタイルを公開した。 1日に投稿された公式インスタでは、ノースリーブのショートトップスに超ミニのブラックコーデを披露。へそ出しに生美脚姿で、美しいボディーラインを披露した。...
別窓で開く

三浦瑠麗氏のスケスケ喪服に見る、国葬で目立ちたがる丸出しのエゴとは
9月27日に安倍晋三元首相の国葬が執り行われました。国論を二分する中での開催はさらなる議論を呼びそうです。◆三浦瑠麗氏のシースルー喪服に賛否 そんな中、国際政治学者・三浦瑠麗氏の装いが話題を集めています。胸元と腕が四角くシースルーになった喪服で参列したのです。さらに、その喪服でポーズを取った写真をわ...
別窓で開く

古代エジプトの謎多き王妃ネフェルティティ その墓とミイラに迫る
古代エジプトの王や王妃の中でも有名な人物は多々いる。中でも精巧な胸像が現存しており、その美貌が現代にも伝わっている人物がネフェルティティ女王だ。 ネフェルティティは古代エジプトの第18王朝時代、長年にわたり夫のファラオであるアクエンアテンとともに古代エジプトを統治していた。...
別窓で開く

『ウマ娘』新CMシリーズ放送開始 名レース繰り広げた牝馬にスポット…第1弾はニシノフラワー
人気コンテンツ『ウマ娘 プリティーダービー(以下、ウマ娘)』の新たなCMシリーズが1日よりスタートした。第1弾はニシノフラワーが登場している。 これまで『ウマ娘』では、ライバル同士のウマ娘を描いた「Rivals」や、世代をテーマにした「GENERATIONS」といったCMシリーズを放送してきた。...
別窓で開く