本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



欧州のバスケ育成はアメリカより上?ヨキッチやドンチッチをその理由に挙げるメディアにデュラントが反論<DUNKSHOOT>
今季のNBAはセルビア人のニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)が2年連続でシーズンMVPに輝いた。 その前は、ギリシャ国籍のヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)がこちらも2連覇。さらに今年の投票結果を見てみると、上位5位以内にヨキッチ、アデトクンボ、そしてスロベニア人のルカ・ドンチッチ...
別窓で開く

「最初の3分間で12得点だな」シャックがゴベアへ再び“口撃”。ジャズの守護神は「動けなくしてやる」<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのユタ・ジャズは、レギュラーシーズンでウエスタン・カンファレンス5位の49勝33敗(勝率59.8%)を残し、6年連続のプレーオフ進出を飾った。 だがドノバン・ミッチェル、ルディ・ゴベアというオールスター常連組を擁するも、ダラス・マーベリックスの前に2勝4敗で敗れてファーストラウ...
別窓で開く

“96年ブルズ”vs“17年ウォリアーズ”はどちらが強い? 名手がブルズ圧勝を予想する理由「マイケルを止められる選手はいない」<DUNKSHOOT>
史上最高の選手(GOAT)や史上最高のチームは、NBAを語るうえで大いに盛り上がるテーマだ。 マイケル・ジョーダン、スコッティ・ピッペン、デニス・ロッドマンの三銃士を擁した1995−96シーズンのシカゴ・ブルズは、当時のNBA記録となる72勝をあげ、4度目優勝(その後3連覇達成)を果たすなど、史上最...
別窓で開く

「スーパーチームの失敗ではない」2004年レイカーズの敗因を米記者が分析「勝てなかった理由はシャック&コビー」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは今季開幕時、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニーというスター選手を揃え、「スーパーチーム」と呼ばれた。 フランチャイズの歴史を遡ると、2003−04シーズンにもシャキール・オニール(シャック)、コビー・ブライアント、ゲ...
別窓で開く

ハーデンとシモンズの大型トレードはネッツの勝利?「シクサーズはアドバンテージを失った」と指摘も<DUNKSHOOT>
今年2月のトレード期限最終日、主軸の1人だったベン・シモンズを放出したフィラデルフィア・セブンティシクサーズは、ブルックリン・ネッツからジェームズ・ハーデンを獲得する大勝負に出た。 これによりハーデン&ジョエル・エンビードという強力コンビが誕生したが、元NBA選手のギルバート・アリナス(元ワシントン...
別窓で開く

「ジョーダンはピッペンなしでも勝てた」泥沼化する“最強デュオ”の関係性に元同僚が言及<DUNKSHOOT>
マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンは、かつてシカゴ・ブルズで2度の3連覇を果たした史上最高のデュオのひとつだ。しかし現在は確執が泥沼化し、「どちらが選手として上か」といった比較論にまで発展。そのなかで、元同僚のチャールズ・オークレーは、独自の視点で見解を述べている。...
別窓で開く

「あんな振る舞いは許さない」75周年記念式典でのロッドマンの“問題行動”にシャックが苦言<DUNKSHOOT>
2022年NBAオールスターのハーフタイム中に行なわれた、リーグ75周年記念チームの表彰セレモニー。マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)やマジック・ジョンソン(元ロサンゼルス・レイカーズ)といったレジェンドから、レブロン・ジェームズ(レイカーズ)やステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォ...
別窓で開く

1990〜2000年代のNBAでアデトクンボは通用しない?マッグレディが持論を展開「当時だったら苦しんでいたと思う」<DUNKSHOOT>
ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボは、現代NBAを代表するスーパースターにして、歴代屈指のオールラウンダーだ。その実力に疑いの余地はないが、殿堂入り選手のトレイシー・マッグレディは、1990年代後半〜2000年代前半であればアジャストに苦戦していたはずだと持論を展開している。...
別窓で開く

セルティックス躍進の鍵は新加入のホワイト?大学時代の恩師が魅力を熱弁!「本物の2WAYコンボガード」<DUNKSHOOT>
ボストン・セルティックスは現地時間2月10日(日本時間11日、日付は以下同)のトレード・デッドラインに、サンアントニオ・スパーズからコンボガードのデリック・ホワイト、ヒューストン・ロケッツからセンターのダニエル・タイスを獲得した。 29歳のタイスは昨季途中まで約4シーズン在籍したビッグマンで、復帰後...
別窓で開く

ジョーダンとピッペンの関係は「終わった」。元同僚オークレーが断言<DUNKSHOOT>
マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペン。シカゴ・ブルズで2度の3連覇(1991〜93、96〜98)を成し遂げた黄金デュオだが、かつての絆は今や跡形もなく、関係は泥沼化している。元同僚のチャールズ・オークレーも、修復は不可能と考えているようだ。...
別窓で開く



<前へ1234次へ>