本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



まだ対策してないの? 体や心の不調を改善する、月経周期に基づくフェムケアとは
アンノーンは、NHK「あさイチ」出演で話題の日比野佐和子先生と女性医療の第一人者・太田博明先生による、フェムテック完全攻略ガイド『医者が教えるすごい生理循環』を2022年10月25日に発売しました。■今日、私がやるべきフェムケアがわかるかゆみ・ニオイ・ムレ・経血モレ・PMS……。...
別窓で開く

女性に新たな選択肢を。フェムテックブランド「WOOCA(ウウカ)」誕生
CREASは10月20日、フェムテックブランド「WOOCA(ウウカ)」をローンチし、公式オンラインストアをオープンしました。■デリケートゾーンのケアで、PMSや生理痛などのケアも「WOOCA」というブランド名は、WOMEN(女性)、OPTIMAL(最適な・最良の)、 CHANCE(機会)の造語で、大...
別窓で開く

アラサー女子が体験。生理痛やPMSの助けになる「フェムテック鍼灸」とは
「生理痛が辛い」「生理前はイライラする」……そんな女性特有の悩みは、なかなか相談する機会が少ないもの。私もPMS(月経前症候群)に悩まされていますが婦人科に行くほどでもなく、ただただ耐えていました。「生理痛やPMSには、鍼灸が助けになるんです」と教えてくれたのは鍼灸師・温活士でyuragi鍼灸院の院...
別窓で開く

注目集まる「フェムテック」...の前に、理解深めたい女性ホルモンと身体のこと【尾藤克之のオススメ】
生理痛・PMS・婦人病、デリケートゾーンの悩み、妊娠出産......。誰も教えてくれない女性ホルモンと身体のことがマンガで丸わかり。今回は、医師と専門家が完全監修した一冊を紹介します。「なんとなくずっと不調なんですが膣ケアで健康になれるって本当ですか?」(若林杏樹 著、山口明美 著)サンクチュアリ出...
別窓で開く

「紙ナプキンは子宮を冷やす」は誤り。生理痛の疑問に医師が答えます
女性にとって、生理の悩みは尽きないもの。毎月起こるものだからこそ、正しい知識と行動を心がけていくことで、よりストレスなく生理期間を過ごすことができます。女性のための総合クリニック・イーク表参道の副院長で、産婦人科医の高尾美穂先生の最新著書『オトナ女子をラクにする心とからだの本』では、「女性ホルモンと...
別窓で開く

即別れて大正解! 秒でドン引き「ベッド上で彼が放った衝撃的な言葉」
現在大量発生中のレスなひとびと、いわゆる「レスびと」の相談内容を、TVや雑誌など多くの媒体で活躍中の、恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにうかがいます。セックスレス、恋愛レスと、レスにもいろいろある。今回は、月経痛が酷い31歳女性。さんざん悩んでピルを服用し始めた彼女に、彼が言った衝撃的なセリフ...
別窓で開く

生理前の不調を“朝食”で改善。忙しくても食べられるスコーン&グラノーラ新発売
eminessが展開するフェムテックブランド「MOON TREATS(ムーントリーツ)」は、スコーンとグラノーラがセットになった朝食セット「Breakfase BOX」を発売します。■女性の不調を「朝食を食べてご機嫌に」同商品は、「生理前の不調をスイーツで整える」という新しいコンセプトで開発しました...
別窓で開く

IMALU・三上悠亜・NANAMIが女性の“性とカラダ”のお悩みに真剣に向き合う。『ハダカノココロ』配信スタート
動画配信サービス「Paravi」は8月12日の23時より『ハダカノココロ』を順次独占配信します。■3人のMCと、話しにくい、相談しづらい性の悩みを話し合う女性の“性”に関する話はなかなか話しづらいもの。同番組は「フェムテックって何?」「女性の性について思うことは?」「女性特有のカラダの悩みや性につい...
別窓で開く

「膣トレ」ってなに!? アラサー膣トレ初心者が膣プランナーにやり方を聞いてみた
最近、フェムテックやフェムケアという言葉をよく耳にするようになりました。よく聞く言葉ではあるけれど、具体的にどんなことを指して、なぜ必要なのか分からない。そんな人も多いのではないでしょうか?今回はフェムケア初心者であるマイナビウーマン編集部スタッフが、膣プランナーの山口明美さんに「膣トレ」についての...
別窓で開く

生理は4か月に1度でOK!? ルナルナ顧問医が監修するオトナ女子のための教科書
生理や更年期、閉経など女性ならではの悩みは個人差が大きく、女性同士でもなかなか聞きづらい。手元にあると安心なオトナ女子のための1冊が発売された。...
別窓で開く


<前へ12次へ>