本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



井上尚弥のバンタム級は何位? 元2階級王者が全17階級をランク付け!「現ボクシング界がいかに強いかを示している」
各階級で猛者たちがひしめき合う現在のボクシング界だが、今回、元世界2階級王者から興味深い“ランク付け”がなされた。【動画】ドネアを渾身の左フックで撃破! 井上尚弥のKOシーンをチェック 現地時間8月9日、ボクシングの元スーパーライト、ウェルター級王者であり、米放送局『ESPN...
別窓で開く

井上尚弥vsノニト・ドネア、アントニオ猪木vsモハメド・アリ…格闘技「世紀の一戦」の舞台裏
 今も格闘技ファンの間で語り継がれる、「世紀の一戦」がある。令和の世に、そんな“歴史的試合”を次々と生み出しているのが、日本人初のボクシング3団体統一王者として、その名を世界に轟かせる井上尚弥だ。「今年6月7日、WBAスーパー&IBF世界バンダム級王者として、WBC同級王者でフィリピンの英雄、ノニト...
別窓で開く

井上尚弥「親子二人三脚で世界王者になることに意味がある」〜心に響くトップアスリートの肉声『日本スポーツ名言録』——第14回
(画像)Tiko Aramyan / shutterstock3階級制覇、3団体統一など文句なしの実績と圧巻の試合内容から、歴代最強の日本人ボクサーといわれる〝モンスター〟井上尚弥。次戦で4団体統一を達成すれば、階級を上げてスーパーバンタム級での挑戦も視野に入れているようだ。...
別窓で開く

「圧倒している」井上尚弥のPFP1位に不満? ウェルター級王者クロフォードが「俺こそがナンバーワン」と断言
去る6月8日に発表された“あるパウンド・フォー・パウンド(PFP)”は、ボクシング界で小さくない話題となった。米老舗ボクシング誌『The Ring』がWBAスーパー、IBF、WBC世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)を1位に選出したのだ。...
別窓で開く

“驚異の男”マルチネスが独自のPFPで1位に選んだのは? 猛者たちと並べて井上尚弥を「信じられない存在だ」と称賛!
強者がひしめき合う現在のボクシング界。そのなかで度々、各メディアの話題に上がるのが、階級を度外視した格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」だ。...
別窓で開く

アリやルイスも出来なかった“無敗引退”。井上尚弥の掲げた壮大な目標に米メディアも最敬礼「イノウエができないと誰が言える?」
去る6月27日、現WBAスーパー&IBF&WBC同級王者の井上尚弥(大橋)は、自身の今後の目標を問われ、こう語った。「プロボクサーとして到着点、最終地点は35歳まで。そこまでの道のり、理想は無敗でゴール」 無論、容易に到達できる終着点ではない。...
別窓で開く

新たな異名が誕生? 南米メディアが“敵なし”で勝ち続ける井上尚弥を大絶賛「イノウエは貪欲な鬼だ!」
全ての階級の中でも特筆すべき強さを持つ男に対する賛辞は鳴りやむ気配がない。WBAスーパー&WBC&IBF統一世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)だ。 去る6月7日に行なわれた宿敵ノニト・ドネア(フィリピン)との3団体統一戦は、その名をあらためて世界に轟かせるものとなった。...
別窓で開く

進化続ける井上尚弥は「貪欲な鬼」、海外メディア絶賛 「鉄のパンチが相手を酸素不足に」
プロボクシングの世界バンタム級3団体王者・井上尚弥(大橋、29)をチリメディアが絶賛した。「emol」(WEB版)は2022年7月19日に井上の特集記事を公開。井上を世界最高のボクサーと評し、幼少時の父とのエピソード交え井上のボクシング人生を振り返った。...
別窓で開く

香川照之、格闘技の用語交え昆虫のすごさ熱弁 同じ大きさであれば「人間は負けますよ」
大の昆虫好きとして知られる、俳優の香川照之が15日、東京・iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズで行われた昆虫目線の屋内広場『INSECT PARK(インセクトパーク)』オープニングイベントに出席した。 同広場は、香川がプロデュースする自然教育アニメ『インセクトランド』の世界観を再...
別窓で開く

「恐ろしい怪物だ」井上尚弥の圧倒的強さを独メディアが徹底分析!「イノウエほどセンセーションを巻き起こした選手はいない」
文字通り敵なしの強さを誇る“モンスター”は、世界でも高い評価を受け続けている。WBAスーパー&WBC&IBF統一世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)だ。 去る6月7日に行なわれた前WBCバンタム級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との3団体統一戦で、わずか264秒でのTKO勝ち...
別窓で開く



<前へ1234567次へ>