本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本ハム・栗山監督の最後の作品は“10勝投手・伊藤大海”だった
 ファイターズを取り巻く空気がガラッと変わって、僕も「新庄ビッグボス」の新しい熱狂のなかにいる。毎日、国頭秋季キャンプから届くニュースを追いかけて、早く次のシーズンが来ないかなと思いをはせている。 ただそれでも夜遅く仕事に疲れてリビングのソファにごろんとなり、ぼんやり思い浮かべているのは過ぎ去ったシ...
別窓で開く

松坂大輔・斎藤佑樹 引退試合に見る「歴史の継承」
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、今季(2021年)ユニフォームを脱ぐことを表明し、引退試合を行った斎藤佑樹投手・松坂大輔投手にまつわるエピソードを取り上げる。【プロ野球西武対日本ハム】試合前に西武・松坂大輔が引退会見を行った。...
別窓で開く

首位オリックスが宮城大弥のローテ再編で2位ロッテとの最終3連戦で決める!
 先週のオリックスは3勝2敗と勝ち越し。2位ロッテとのゲーム差を2.5にし、12日から京セラドーム大阪で2位ロッテとの最終決戦(3連戦)を迎えることになった。...
別窓で開く

オリックス首位陥落…吉田正尚ら離脱の中、7日からロッテと首位攻防戦!
 6月20日からパ・リーグの首位を守り続けてきたオリックスだが、5日の福岡ソフトバンク戦に敗れ、1ゲーム差でオリックスを追っていた2位の千葉ロッテが勝利したため、ゲーム差は「0」ながら、勝率でロッテがオリックスを上回ったため、首位の座を明け渡してしまった。...
別窓で開く

プロ野球後半戦のキーマン?五輪中断中のエキシビジョンマッチで爪痕を残した6人<SLUGGER>
いよいよ明日からプロ野球のペナントレースが再開する。後半戦のキーマンは一体誰になるのか。五輪開催期間中に行なわれたエキシビジョンマッチで印象を残し、一軍での出場機会を増やしそうな選手を紹介しよう。■リチャード(ソフトバンク)エキシビションマッチでは全9試合とも4番に抜擢され、7月28日のDeNA戦で...
別窓で開く

まだその雄姿を見たかった。現役中に志半ばで倒れたプロ野球選手たち<SLUGGER>
まだ現役の、27歳の右腕の突然の訃報だった。中日ドラゴンズは8月6日、木下雄介投手が3日に亡くなっていたことを発表した。今季は一軍定着が期待されていたリリーフ右腕の訃報に球界全体が大きなショックを受けている。しかし、現役中の選手が命を落としてしまうケースはこれまでにも何度かあった。...
別窓で開く

オリックス首位死守も2カード連続負け越しに中嶋監督「打つ方と守る方のバランスがあまり良くなかった」
 首位独走ムードに入ったかに思われたオリックスだが、東北楽天戦で引き分けや勝てる試合を最終回の大量失点で落としてしまったことから、つまずきを見せている。後半戦は残り2試合。12日に3位東北楽天が福岡ソフトバンクに敗れ、2位千葉ロッテともども2.5ゲーム差となり、オリックスは7年ぶりの首位ターンが決定...
別窓で開く

「試合をほぼ支配していた」メジャー2勝目・有原航平の好投を指揮官が絶賛!「オオタニの第3打席を迎える前」に交代させた理由は…
昨オフに日本ハムからテキサス・レンジャーズに移籍した有原航平が4月19日(日本時間20日)、敵地で行なわれたロサンゼルス・エンジェルス戦に先発。今季4試合目の登板では5.2回77球を投げ、被安打2、無失点、2四球6奪三振の好投で2勝目を飾った。...
別窓で開く

開幕戦は接戦ばかりの好ゲーム! “元巨人”の田中俊太が躍動するも、代打・亀井善行が劇的なサヨナラ弾!その裏でオリックスは開幕戦10連敗
3月26日、ついに幕を開けた2021年プロ野球。全12球団ファンが待ち望んだ開幕戦は果たしてどんな結果になったのか。143試合の初陣は悲喜こもごもの内容に?【パ・リーグ】・楽天8−2日本ハム(楽天生命パーク)[勝]涌井 [敗]上沢 [本]楽:辰巳(1回裏) 16時開始の“ひと足早い&rd...
別窓で開く

【パ・リーグ開幕展望】震災から10年、田中も復帰した楽天が打倒ソフトバンクを狙う。オリックスのチーム変革にも期待〈SLUGGER〉
●ソフトバンク−ロッテ(PayPayドーム)開幕投手:石川柊太−二木康太  ソフトバンクの開幕投手は、千賀滉大、東浜巨が出遅れたこともあり、8年目の石川が務める。昨季は規定投球回未到達ながら最多勝と最高勝率のタイトルを獲得した。シュート成分の強いストレートを生かしながらのスライダー、パワーカーブとの...
別窓で開く


[ pay 日本ハム ] の関連キーワード

slugger ソフトバンク パ・リーグ オリックス 日本ハム
ロッテ

<前へ123次へ>