本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ローラ、パートナーからの暴力「私自身も経験」と明かす 女性への暴力撤廃の社会活動に「素晴らしい取り組み」
ローラが25日、都内で開催されたイヴ・サンローラン・ボーテ「ABUSE IS NOT LOVE」限定イベントに出席し、親しいパートナーからの暴力の撤廃について持論を述べた。 「イヴ・サンローラン・ボーテ」は、パリ発祥のラグジュアリークチュールブランドYSL(イヴ・サンローラン)のビューティライン。...
別窓で開く

「修羅のまち」が「希望のまち」に生まれ変わろうとしている——。特定危険指定暴力団・工藤会が拠点を置き、「修羅のまち」と揶揄される福岡県北九州市。市民を狙った凶悪犯罪が相次いだが、2020年に本部事務所が解体され、組員は300人以下に減ったという。その本部事務所の跡地を買い取り、子どもからお年寄りまで...
別窓で開く

ryuchell「人それぞれにいろんな幸せ」「“同意”ないロマンチックって気持ちが悪い」 学生100名にメッセージ
タレントのryuchell(りゅうちぇる)が27日、都内で実施されたトークイベントに登壇した。ryuchellと言えば、2016年に結婚したモデル・peco(ぺこ)と離婚し、今後は“夫”と“妻”ではなく“人生のパートナー”として長男と3人で新しい家族の形を築いていく—と今年8月に発表して話題になった...
別窓で開く

「レールなんて外れてみなよ」13歳年上の姉から受けた「留学へのアドバイス」
ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(11月27日放送)に、認定NPO法人フローレンス会長の駒崎弘樹が出演。幼少期のエピソードについて語った。ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」淵澤由樹(アシスタント):簡単にプロフィールをご紹介します。駒崎弘樹さんは、2...
別窓で開く

「あんな家にしたい!」......それ、本当にあなたの理想ですか?
 あなたの家は、落ち着く場所だろうか? 便利な家具・家電を揃え、インテリアの趣向を凝らし、理想の家に近づける......そんな努力を重ねても、なぜか「自分の家に満足できない」という人はいないだろうか。 自分の家に心から満足したいなら、ものを減らそう——アメリカのミニマリスト、ジョシュア・ベッカーさん...
別窓で開く

直木賞作家・今村翔吾氏がブックサンタ運動に賛同「本が届くとその物語が届きます」
 直木賞作家の今村翔吾氏がオーナーをつとめる書店「きのしたブックセンター」(大阪・箕面市)が27日、リニューアルオープン1周年記念イベントを行った。 NPO法人「チャリティーサンタ」の清輔夏輝(きよすけ・なつき)代表理事を招いてのトークショーで、厳しい状況に置かれている全国の子どもたちに本を届ける「...
別窓で開く

 2020年7月の九州豪雨で被災した事業者が入居する熊本県のJR人吉駅前の仮設商店街「モゾカタウン」(人吉市)で27日、「復興支援さんま祭」が開かれ、500匹のサンマが無料で振る舞われた。...
別窓で開く

ガリガリで遺棄されたペルシャ猫、いじらしくフミフミするも救えなかった…「マイクロチップは万能ではない」
コロナ禍でペット需要が増し、保護犬・猫の譲渡を希望する人も増えたという。だが、行動制限もなくなった現在、犬や猫が遺棄されるケースがよくあるそうだ。小雨が降る公園をさまよっていたペルシャ猫「ペペ」も、おそらく遺棄された猫。一命を取りとめたペペには、今年6月から事業者に義務化されたマイクロチップが装着さ...
別窓で開く

直木賞作家の今村翔吾氏「人生を変え、支えます」“ブックサンタ”運動の応援理由を熱弁
直木賞作家今村翔吾氏(38)が27日、オーナーを務める書店「きのしたブックセンター」(大阪・箕面市)のリニューアルオープン1周年記念イベントに出席した。NPO法人「チャリティーサンタ」の清輔夏輝(きよすけ・なつき)代表理事(38)を招いてトークショーを開催した。今村氏は、厳しい状況に置かれている全国...
別窓で開く

「この身の程知らず」古市氏の嘲笑発言にデヴィ夫人が激高 共演で謝罪も怒り収まらず<共演NG?【犬猿の仲】の有名人>
タレントのデヴィ夫人(以下、夫人)が2日、不当に解雇されたとして2人の女性マネージャーから労働審判を起こされたと『週刊新潮』(新潮社)に報じられた。記事によると、労働審判では給与の未払い分を求めたほか、過去に夫人から受けたパワハラ一覧表も提出され、そこには「バカ!」「クビだ!」「出て行け!」などの暴...
別窓で開く


[ npo ] の関連キーワード

ペルシャ 直木賞 サンタ ローラ