本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



9/23、24、25開催! 超豪華ゲストが参戦するマイクラ肝試し2022Virtuarl Week出演者タイムスケジュールをご紹介!週刊チャンネルウォッチ9/21号
インターネットを通じて公開される様々な動画と、それらを生み出すクリエイターさん達をピックアップしてお届けする「週刊チャンネルウォッチ」。今回は、先週のGaming WeekはTwitterのツイート件数が6万件を超えた大注目のイベント「マイクラ肝試し2022 -宇宙の旅-」のタイムスケジュールをご紹...
別窓で開く

10月1日は国際音楽の日♪ 洋楽界のレジェンドの音楽や演技を楽しむ映画を大特集
マイケル・ジャクソン、エルヴィス・プレスリー、ジョン・レノン、プリンスなどなど…。AXNでは“レジェンド=伝説”のミュージシャンたちの音楽ドキュメンタリーやライヴ映画、さらに劇映画といった、音楽を楽しむ映画を、国際音楽の日である10月1日と、その翌日に11本放送します!私は、長年の海外ドラマファ...
別窓で開く

健康維持が目的の「NMN」サプリの最適な摂取量は?初心者にもおすすめ3選 「NMN」の若返り効果の仕組み(後編)
文=橋本優香摂取量は1日100mgが目安 NMNに関する臨床研究は、現在、世界中で行われていますが、若返りや健康維持を目的とした最適な摂取量まだ判明していません。 ただし、東京大学などで行われているヒトを対象にした臨床試験では、1日あたりの摂取量は100〜250mgと設定されているという点では、1日...
別窓で開く

「長寿遺伝子」を活性化させ、老化を食い止める?「NMN」とは何か 「NMN」の若返り効果の仕組み(前編)
近年、医療技術の進歩と人間の潜在能力を考えると、人生120年時代に到達する可能性があると言われいてます。しかし、たとえ120年生きたとしても、元気じゃなければ意味がありません。そこで健康寿命が向上できるかもしれないと噂のNMN(ニコチンアミドヌクレオチド)についてリポートします。...
別窓で開く

Mrs. GREEN APPLE、フェーズ2の開幕を告げるアリーナ公演『Utopia』オフィシャルレポ
Mrs. GREEN APPLE、新体制によるフェーズ2初のライブであり、2020年2月に終幕したアリーナツアー『エデンの園』以来、約2年半ぶりのライブ『Utopia』が神奈川ぴあアリーナMMで開催された。...
別窓で開く

Mrs. GREEN APPLE、全国Zeppツアー『Mrs. GREEN APPLE ゼンジン未到とリライアンス〜復誦編〜』開催発表
Mrs. GREEN APPLEが、今年の11月から12月にかけて全国Zeppツアー『Mrs. GREEN APPLE ゼンジン未到とリライアンス〜復誦編〜』を開催することを発表した。7月8日に活動再開後初のCDとなるミニアルバム『Unity』をリリースし、神奈川・ぴあアリーナMMにてアリーナ公演を...
別窓で開く

月経、長引いてない? ホルモンを整え「月経の異常を改善する」簡単な方法 #166
中医学士で漢方薬剤師の大久保愛先生によると、暑さにカラダが慣れていない今の時期は、カラダのだるさや月経異常などが起きやすいのだそう。そこで、愛先生がそれら女性特有の不調対策を教えてくれます!最近カラダがだるく、月経絡みの不調が悪化していませんか?【カラダとメンタル整えます 愛先生の今週食べるとよい食...
別窓で開く

純粋さゆえの残酷さ……幼児の何気ない一言にショックを隠しきれないパパ
 小さな子どもの発言や表現は、時に大人をドキッとさせることがあります。基本は笑えることがほとんどですが、純粋かつストレートであるがゆえに、大人の心にグサッとささることも。 今回紹介するのは、男の子がパパとお風呂に入っていた時のエピソード。「お腹」を見て言った何気ない一言が、パパにとっては痛恨の一撃と...
別窓で開く

【付録レビュー】メンソレータムのリップと軟膏が、ポーチに大変身!<GLOW 6月号>
最近の付録は、懐かしのあのアイテムや、人気のお菓子、さらにはミロや猫缶ポーチまで、さまざまなアイテムがポーチになって登場している。今回「GLOW 6月号」(宝島社)の特別付録となったのは、まさかのメンソレータム。唇がカサついたときや、手が乾燥するときの味方「メンソレータムのリップ型&軟膏型ポーチ」を...
別窓で開く

年齢は目もとに表れる。「美ST」6月号が「老けまぶた解消美容」を特集
 口元のシワやほうれい線はマスクで隠れるが、目もとのシワやたるみは隠しようもない。むしろ見えている部分に視線が集中するので、気が抜けない部位だ。若いころはチャームポイントだったのが、コンプレックスに変わったのはいつからだろう......。 『美ST』6月号(光文社)は、そんなアラフォー・アラフィフ世...
別窓で開く


<前へ12次へ>