本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



クルマの性能を証明するモータースポーツの熱さは健在!「東京オートサロン」レポート
「東京オートサロン」はそもそもチューニングカーのお祭り的な性格をもって始まったイベント。2023年も、モータースポーツの雰囲気は濃厚でした。■ ■【トヨタ】世界ラリー選手権ドライバー監修モデルたとえば、トヨタのガズーレーシングが発表した、GRヤリスRZ ハイパフォーマンスの(さらなる)スポーツバージ...
別窓で開く

1月13日から15日まで千葉・幕張メッセで開かれていた世界最大級のカスタムカーショー『東京オートサロン2023』は、熱い話題が満載だった。その1つが、日産自動車が発表した「NISSAN GT-R」2024年モデルだ。スカイラインの名が外れたニッサンGT-Rとして現行モデルが世に出たのは2007年。先...
別窓で開く

出た! 最新モデルの日産「GT-R」追求したのは史上最高のパフォーマンス 発売は今春
「Tスペック」のTにふたつの意味があるって知ってた?日本を代表するスーパースポーツカーがさらに深化 日産は2023年1月13日(金)、「NISSAN GT-R」2024年モデルを発表・発売に先駆けて公開し、特別仕様車「NISSAN GT-R Premium edition T-spec」と、「NIS...
別窓で開く

2022年、日刊SPA!で反響の大きかった記事からジャンル別にトップ10を発表。高額な商品を買うときの参考になった「家電・趣味」部門の第7位は、こちら!(集計期間は2022年1月〜11月まで。初公開日2022年3月20日 価格等は取材時の状況) *  *  *◆ロシアが何をしても値上がりを続ける、ス...
別窓で開く

いま流行りのDX、GX、クルマの世界では?
「報道部畑中デスクの独り言」(第304回)ニッポン放送報道部畑中デスクのニュースコラム。今回は、クルマの世界のDX・GXについて—セドリック(430型)280Eブロアム(日産自動車提供)「科学技術・イノベーション、スタートアップ、GX、DXの4分野に重点を置いて、官民の投資を加速させます...
別窓で開く

世界初のミニカーブランド「マッチボックス」から日本車シリーズが登場!ラインナップがおもしろい!
リアルなダイキャストカーを手掛けるマッチボックスから、日本車を集めた「マッチボックス ジャパンシリーズ アソート」(各440円)が登場。そのラインナップはスポーツカーから軽トラックまで、新旧バラエティ豊かな車種を厳選。左ハンドルの輸出仕様車や、マイナーチェンジされた北米仕様車といったちょっとマニアッ...
別窓で開く

最速の「フェアレディZ」ベール脱ぐ 新型レースカー「Z GT4」公開 日産
めざせ市販車最速!フェアレディZのレース仕様車 日産と日産モータースポーツ&カスタマイズ(NMC)は2022年9月28日、「Nissan Z」(日本名フェアレディZ)をベースとしたカスタマー向けのレース車両「Nissan Z GT4」を発表しました。 市販車をベースに開発したレース車両で行われる「G...
別窓で開く

最後の高性能ガソリンエンジン車となりそうな、Z史上もっともパワフルな“史上最強のZ”
きっと、モーターを組み合わせない高出力のガソリンエンジンの「フェアレディZ」はこれが最後になるだろう。日産としてはそんなことはいっていませんが、クルマ好きの多くはそこに気が付いているのではないでしょうか。地球温暖化対策として二酸化炭素削減が声高に叫ばれる昨今、自動車メーカーもそれに従わなければなりま...
別窓で開く

日産ノート e-POWERは残価設定型クレジットで買うとお得?残価率を調べてみた
− 残価設定型クレジットは得なのか損なのか −日産が近年力をかけて宣伝しているのがe-POWERと呼ばれるハイブリッドシステムを搭載した車。その皮切りとなって発売されたのがコンパクトカーのノートe-POWERです。この車はフルモデルチェンジ後、e-POWER専用車として売られていますが、利用率が高い...
別窓で開く

大人向けチョロQにフェラーリ「F40コンペティツィオーネ」「F355スパイダー」登場 どちらも3色展開
新規金型で製品化!F40はコンペティツィオーネ、F355はスパイダー トミーテックは「チョロQ zero」シリーズから、新製品の「フェラーリ F40 コンペティツィオーネ」と「フェラーリ F355 スパイダー」を発売します。...
別窓で開く


[ nismo ] の関連キーワード

フェラーリ ベール

<前へ12345次へ>