本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“MVP落選”がビッグ3結成の引き金に? ウェイドが12年前の失意を回想「あれで個人成績を気にしなくなった」<DUNKSHOOT>
レブロン・ジェームズやカーメロ・アンソニー(現ロサンゼルス・レイカーズ)やクリス・ボッシュ(元トロント・ラプターズほか)など、NBA歴代屈指の当たり年と言われる2003年ドラフトでマイアミ・ヒートから5位指名を受けたのが、ドゥエイン・ウェイドだ。...
別窓で開く

「皆それぞれの『G.O.A.T.』がいる」名手ウェイドが“NBA史上最高選手論”に持論「1人に絞らなくたっていい」<DUNKSHOOT>
現地時間11月16日、マイアミ・ヒートで3度の優勝を経験したレジェンドのドゥエイン・ウェイドのインタビューが、米紙『Washington Post』へ掲載された。 2003年のドラフト1巡目5位でヒートから指名されたシューティングガードは、NBAキャリア16シーズンのうち約15シーズンをヒートでプレ...
別窓で開く

ウィザーズが3連勝でイースト首位タイ!八村塁の復帰は不透明も、指揮官は「戦術の一部を学んでいる」と明言<DUNKSHOOT>
ワシントン・ウィザーズは今季、開幕から八村塁、トーマス・ブライアントの主力2選手を欠くなか、予想を上回る好成績を残している。 先発パワーフォワードには今夏加入したカイル・クーズマ、センターには昨季途中に加わったダニエル・ギャフォードが入り、ポイントガードとスモールフォワードにもスペンサー・ディンウィ...
別窓で開く

好調ウィザーズを牽引するビールに“移籍の心配”はなし?「僕はここにいる。そう決めたんだ」<DUNKSHOOT>
現地時間11月7日(日本時間8日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズはホームのキャピタルワン・アリーナでミルウォーキー・バックスと激突。クリス・ミドルトン(新型コロナウイルス陽性)を欠くなかでヤニス・アデトクンボ、ドリュー・ホリデーを中心に攻め立てる昨季王者に対し、相手のフィールドゴール成功率を...
別窓で開く

「ルイは次のステップを踏む時」現地識者が八村塁のさらなる躍進に期待「軌道に乗っている」<DUNKSHOOT>
ワシントン・ウィザーズの八村塁にとって、NBA3年目は真価が問われるシーズンとなりそうだ。 8月24日には地元メディア『NBC Sports Washington』が八村に関する記事を掲載。その中で識者が「ルイは次のステップを踏む時だ」と、新シーズンに期待を寄せたコメントを残している。...
別窓で開く

【欧州ドラフト候補生チェック】ラメロ以上の強烈インパクトを残した有望株。欧州No.1プロスペクト、ロカス・ヨクバイテイス<DUNKSHOOT>
7月29日(日本時間30日)に開催される、今年のNBAドラフト。過去2シーズンはギリシャ出身のヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)が、今季もセルビア人のニコラ・ヨキッチがシーズンMVPに輝いたように、ヨーロッパ出身選手の活躍が目覚ましい近年、ドラフト候補生にも将来有望な“欧州...
別窓で開く

ウィザーズGMが八村塁の東京五輪での活躍に期待「彼にとって素晴らしい経験になる」<DUNKSHOOT>
今からちょうど2年前の2019年6月20日(日本時間21日)、日本バスケットボール界に新たな歴史が刻まれた。この日はブルックリンのバークレイズ・センターでNBAのドラフトが開催。八村塁が1巡目9位でワシントン・ウィザーズから指名された日だ。 それから2シーズン、八村はウィザーズの主力として着実に成長...
別窓で開く

今年のNBAドラフトの注目株!ドンチッチの軌跡を辿る“スペインバスケ界の真珠”ウスマン・ガルバ<DUNKSHOOT>
先週発表されたユーロリーグの今季アウォードで、コーチ陣の投票で決まる22歳以下の将来性ある若手選手に贈られる“ライジングスター賞”に、レアル・マドリーに所属する19歳のビッグマン、ウスマン・ガルバが選出された。...
別窓で開く

“渡邊雄太vs八村塁”今季初対決の行方は?昨季は2試合で1分のみの共演だったが…〈DUNKSHOOT〉
世界最高峰の舞台で日本人選手が対決——。野球のメジャーリーグやサッカーの欧州リーグでは頻繁に見られるようになった光景だが、NBAでは昨シーズンに初めて現実のものとなった。 昨季2試合で相まみえた渡邊雄太と八村塁は、日本時間2月11日、今季初&通算3度目の直接対決を迎える。...
別窓で開く


<前へ1次へ>