本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



止まらないピッペンの放言にシャックも呆れ気味?「目の前で聞いたら、腹に一発喰らわせるね」<DUNKSHOOT>
シカゴ・ブルズで2度の3連覇(1991〜93年、96〜98年)を果たし、黄金時代のメンバーとして名を馳せたスコッティ・ピッペンは、今や“時の人”となっている。自身初の自伝『Unguarded』で、史上最高のデュオとも呼ばれた名相棒のマイケル・ジョーダンを辛辣に批判したことが波...
別窓で開く

“誰も語らない”カリーの守備をグリーンが称賛「チームのベストディフェンダーの1人だ」<DUNKSHOOT>
ここまで18勝2敗(勝率90.0%)と圧倒的な成績を残し、リーグ首位を快走しているゴールデンステイト・ウォリアーズ。その快進撃を支えているのが、高いオフェンス力以上に、全チーム中トップのディフェンシブ・レーティング(99.4)を誇る優れた守備力だ。...
別窓で開く

バックスで“3度目の正直”なるか?元オールスターセンターのカズンズが昨季王者と契約へ<DUNKSHOOT>
現地時間11月28日(日本時間29日)、連覇を狙う昨季王者のミルウォーキー・バックスが元オールスターセンターのデマーカス・カズンズと契約を結ぶと海外メディアが報じた。 208センチ・122キロのカズンズは、2010年のドラフトでサクラメント・キングスに1巡目5位指名を受けて入団。...
別窓で開く

 【ロサンゼルス時事】米プロバスケットボール協会(NBA)は28日、第6週が終了し、東カンファレンスの南東地区では、八村塁の所属するウィザーズが13勝7敗でヒートと並んだ。大西洋地区はネッツが14勝6敗で首位を守り、渡辺雄太のラプターズは9勝12敗の最下位。中地区は昨季王者のバックスとブルズが13勝...
別窓で開く

受け継がれる“ニックスの天敵”の意思。ミラーが「リーグに欠けているもの」を取り戻したヤングを称賛<DUNKSHOOT>
昨季のプレーオフ・ファーストラウンドで対戦したアトランタ・ホークスとニューヨーク・ニックスは、イースタン・カンファレンスにおいて新たなライバル関係となりつつある。 ホークスは4年ぶり、ニックスは8年ぶりのポストシーズンとなった昨季のシリーズは、4勝1敗で前者がニックスを撃破。とりわけ輝きを放ったのが...
別窓で開く

ジョーダンも喜ぶホーネッツの好調ぶり。カプチャックGMは俊英ラメロを往年のレジェンドと比較<DUNKSHOOT>
開幕してからすでに1か月以上が経過した2021−22シーズンのNBA。そのなかで、シャーロット・ホーネッツがここまで好調をキープしている。 昨季のホーネッツは、33勝39敗(勝率45.8%)でイースタン・カンファレンス10位。プレーイン・トーナメントでは初戦でインディアナ・ペイサーズに敗れ、プレーオ...
別窓で開く

 【ニューヨーク時事】米プロバスケットボール協会(NBA)、ラプターズの渡辺雄太は28日、本拠地トロントで行われたセルティックス戦に途中出場し、13分32秒プレーして3得点、2リバウンド、1アシストだった。開幕前に左足を痛めて出遅れた渡辺は、今季2試合目で本拠地では初出場。チームは97—109で敗れ...
別窓で開く

世界卓球・ピンポン外交50周年で米中混合ペア結成…「アスリートファースト」が潰される
 開催中の世界卓球(米ヒューストン)で、いわゆる米中の「ピンポン外交」から50年を記念し、混合ダブルスに両国の選手がペアを組んだ2チームが出場。緊迫する2国間のタッグが波紋を呼んでいる。「ピンポン外交」という言葉が生まれたのは1971年。世界選手権の開催地の名古屋だった。東西冷戦下、日本卓球協会が中...
別窓で開く

絶好調ウォリアーズの“強さの秘密”。「僕らのアイデンティティはディフェンス」とカリーも自信<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズは今季、ここまで1試合を除いて不動の先発陣で試合に臨んでおり、11選手が平均14.0分以上のプレータイムを記録する層の厚いチームと化している。 平均2桁得点はステフィン・カリー(平均28.2点)、アンドリュー・ウィギンズ(同19.1点)、ジョーダン・プール(同18.3...
別窓で開く

ジョーダンとの共闘を経て成長したハミルトンが当時を回顧「GOATから学べる。最も偉大な経験だった」<DUNKSHOOT>
デトロイト・ピストンズの2004年のNBA制覇に貢献し、フランチャイズの永久欠番(32番)にもなっているリチャード・ハミルトン。現役時代、リーグ指折りのミドルレンジシューターとして名を馳せた彼が開眼した要因には、“神様”マイケル・ジョーダンの存在があったという。...
別窓で開く