本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



NATO加盟へフィンランド外相「6月下旬までに成果を」
NATO=北大西洋条約機構への加盟を申請しているフィンランドの外相は焦点となっているトルコの説得について、来月下旬までに何らかの成果を得たいとの考えを示しました。アメリカを訪れているフィンランドのハービスト外相は27日、同じくNATOへの加盟を申請しているスウェーデンとともに、今週水曜日にトルコとの...
別窓で開く

ロシア地方議会で異例の反戦声明 ウクライナ東部セベロドネツクの3分の2をロシア軍が包囲
ロシア軍による激しい攻撃が続くウクライナ東部ルハンシク州の要衝セベロドネツクについて、州知事は「3分の2を包囲された」と明らかにしました。東部ルハンシク州のセベロドネツクは、陥落すれば州全体の制圧につながる「最後の拠点」とみられていますが、州知事は27日、3分の2がロシア軍によって包囲されたと明らか...
別窓で開く

NATOの加盟承認は全会一致が原則ロシアのウクライナへの軍事侵攻を受け、長年、軍事的中立の立場を守り、北大西洋条約機構(NATO)の加盟を控えてきた北欧のフィンランドとスウェーデンが加盟申請に踏み切った。自国の軍事力だけでロシアの脅威に対抗できないと判断したからだった。ところがNATO加盟国でしかも...
別窓で開く

維新、安全保障政策で独自色強める「岸田氏では物足りないと感じる保守層の支持得たい」
 日本維新の会が、安全保障政策で独自色を強めている。「憲法9条改正案」を発表したほか、防衛費の増額や、自衛目的でミサイル基地などを攻撃する敵基地攻撃能力の保有についても積極的な姿勢を示している。「核戦力共有」を巡る議論の必要性にも踏み込み、夏の参院選で自民党に対抗...
別窓で開く

東京が舞台の『外交』は成功したか? アメリカの“あいまい戦略”の行方と日本に求められる役割【国会トークフロントライン】
ロシアの侵攻によるウクライナでの悲劇的な紛争が激しさを増す中、日米が中心となり「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、東京を舞台に行われた外交。日米首脳会談、QUAD(日米豪印)首脳会合、米国が主導して発足した新たな経済枠組みIPEF(インド太平洋経済枠組み)について、その成果と評価をキヤノング...
別窓で開く

ウクライナ「空飛ぶ砲兵隊」に「SUV砲兵隊」も!? 西側供与のM777榴弾砲 使い勝手抜群なワケ
NATO加盟国がウクライナへ大量に供与しているM777榴弾砲、その使い方が見えてきました。空を飛んで運ぶことよりも、陸上輸送時の使い勝手の抜群さが「目玉」だとか。持ち前の「軽さ」が戦い方を変えています。軽さこそ強さ! M777榴弾砲の使い方 ロシアによるウクライナ侵攻が長期化するなか、アメリカを始め...
別窓で開く

米国のジョー・バイデン大統領が初来日する中で、「インド太平洋経済連携枠組み(IPEF)」の発足を宣言した。「中国封じ込め」を念頭に置いた米国主導の新経済圏構想において、日本と岸田文雄首相の対中姿勢が問われている。(イトモス研究所所長 小倉健一)■バイデン大統領が「IPEF」発足を宣言TPP、RCEP...
別窓で開く

ジョージ・ウィリアムズ、安田レイがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」。5月21日(土)の放送は、BE:FIRSTのMANATOさんとJUNONさんが登場。5月18日(水)にリリースしたセカンドシングル「Bye-Good-Bye」について、...
別窓で開く

岸田首相「視察」で参院選てこ入れ=激戦区めぐりを本格化
 夏の参院選を控え、岸田文雄首相が地方視察に熱心だ。5月は3週連続で日程を組み、首相としての公務と自民党総裁としての党務を、精力的にこなしている。参院選の勝利を目指し、今後も激戦が見込まれる選挙区を中心に、てこ入れを図る構えだ。 首相は21日、京都市で文化庁の移転先を視察。併せて同党候補の応援に駆け...
別窓で開く

岸田首相、NATO首脳会議出席検討=実現なら歴代初
 岸田文雄首相は、6月29、30両日にスペインのマドリードで開かれる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席する検討に入った。政府関係者が27日明らかにした。実現すれば日本の首相では初めて。ロシアのウクライナ侵攻や覇権主義的動きを強める中国への対応をめぐり、米欧首脳と連携を確認したい考えだ。...
別窓で開く