本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



DJ KEKKE、3年振りとなるワンマンDJ開催決定!独自コメントも到着
DJ KEKKE、3年振りとなるワンマンDJ開催決定!独自コメントも到着 年間400本を超える絶対的な現場主義者であり、オーバーグラウンドとアンダーグラウンドを常に行き来し、日本のクラブシーンを牽引するDJ KEKKE。...
別窓で開く

異彩放ってる! 身近な素材でカワイイを作る「おかんアート」
フェイスタオルのゾウさんに、PPバンドの魚たち。「おかん」が作る作品は、独創的でありながら、どこか家庭の温かみを感じさせる。2022年1月から4月にかけて、東京都渋谷公園通りギャラリーで開催されて大きな話題を呼んだ展覧会「Museum of Mom's Art にっぽん国おかんアート村」をご存じだろ...
別窓で開く

「ウィリアム王子がモデル立ちしてる!」 夫妻初の公式肖像画に王室ファン沸く
ウィリアム王子とキャサリン妃を描いた、夫婦として初の肖像画が公開された。すると王室ファンはウィリアム王子の立ち方がいつもと違うことに注目し、「ファッションモデルみたい」「こんな風に立っているのを見たことない!」とコメントしている。ウィリアム王子とキャサリン妃が現地時間23日、夫妻の称号の由来となった...
別窓で開く

世界を魅了したメディアアート作品を20数年ぶりに公開! 『どっちがどっち? いわいとしお×岩井俊雄』開催
『100かいだてのいえ』で知られる人気絵本作家いわいとしおと、メディアアートの第一人者、岩井俊雄。一見相反するジャンルで活躍するアーティストのように見えるが実が同一人物である。その多様な表現世界の全貌と創作の秘密に迫る展覧会が、7月2日(土)より茨城県近代美術館にて開催される。...
別窓で開く

フランス近代絵画の重要な美術運動を網羅『スイス プチ・パレ美術館展』7月13日より開催
スイスのジュネーヴにあるプチ・パレ美術館が収蔵する19世紀後半から20世紀前半にかけてのフランス近代絵画を紹介する『スイス プチ・パレ美術館展 印象派からエコール・ド・パリへ』が、7月13日(水)よりSOMPO美術館にて開催される。1968年、熱心な美術蒐集家だった実業家、オスカー・ゲーズが自身のコ...
別窓で開く

印象派の作品世界に“没入”する、“鑑賞”を越えたアート体験プログラム「Immersive Museum」7月8日より開催
最新のテクノロジーでモネやルノワールなど「印象派」の芸術作品の世界を蘇らせる日本初の没入体験型ミュージアム「Immersive Museum(イマーシブミュージアム) 」が、7月8日(土)より東京・日本橋の日本橋三井ホールにて開催される。...
別窓で開く

幅5メートルに及ぶ未完の大作を初公開!『かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと』7月16日より開催
「だるまちゃん」シリーズ、『からすのパンやさん』や『どろぼうがっこう』などの絵本で知られるかこさとし(加古里子)。その生涯と作品世界から、絵本作家としてだけでなく、「かこさとし」というひとりの人間が、絵本を通して未来に残し、伝えたかった想いを紐解く『かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと』が7月...
別窓で開く

レトロモダンな「図案」の世界を展観『津田青楓 図案と、時代と』6月18日より開催
6月18日(土)より渋谷区立松濤美術館では、明治30年代に京都で多くの図案集を出版し、大正時代には夏目漱石らの本の装幀も手掛けた画家・津田青楓(つだ・せいふう/1880〜1978)を軸に、明治、大正、昭和にかけての図案集と図案に関する作品を紹介する『津田青楓 図案と、時代と』が開催される。...
別窓で開く

銅版画家・長谷川潔の全貌に迫る『長谷川潔 1891-1980展』7月16日より開催
大正から昭和にかけてフランスで活躍した銅版画家・長谷川潔の足跡をたどる『長谷川潔 1891-1980展 —日常にひそむ神秘—』が、7月16日(土)より町田市立国際版画美術館にて開催される。画家を志し、1910年代半ばに文芸同人誌『仮面』の版画家として創作活動を始めた長谷川は、1918年に渡仏。...
別窓で開く