本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



新型コロナワクチン「安全神話」完全崩壊を裏付けるドイツ製薬会社の「重大な有害事象」報告
 新型コロナウイルスのワクチン接種に関しては、いまだ否定派も多い。副反応を伴う死亡例が多数報告されているにもかかわらず、因果関係不明としていることも、そうした風潮に拍車をかけているようだ。 そしてついに、その安全性を揺るがす「証拠」が出てきたのである。 国際ジャーナリストが証言する。...
別窓で開く

「北朝鮮 核実験可能性」アメリカが先手を打って情報を公開する理由
アジア・パシフィック・イニシアティブ主任研究員の相良祥之が5月19日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。「バイデン大統領の日韓歴訪中に、北朝鮮が核実験やミサイル発射に踏み切る可能性がある」とする米サリバン大統領補佐官の発言について解説した。...
別窓で開く

今後の新型コロナのキーとなる「米ノババックス製のワクチン」 東京都医師会会長・尾﨑治夫
東京都医師会会長の尾﨑治夫氏が5月9日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。新型コロナウイルスに対する今後の日本の医療体制について解説した。米バイオ医薬品企業ノババックスのロゴと新型コロナウイルスワクチンのラベルが貼られた薬瓶。...
別窓で開く

中国外交部報道官、中国が「mRNAワクチン」を使用しない理由について明言を避ける
中国が新型コロナウイルスに対するmRNAワクチンを使っていない理由について、外交部の趙立堅(ちょう・りっけん)報道官が言及した。趙報道官は11日の定例記者会見に出席。会見では、中国で高齢者へのワクチン接種が進んでいないことや中国がmRNAワクチン接種を行っていない理由について質問がなされた。...
別窓で開く

5月下旬から接種開始「ノババックス製」ワクチンのメリットとは?
今月下旬から、ノババックス社製の新型コロナワクチンの選択が可能に。これまでのワクチンとは仕組みが異なり、副反応の頻度や保管方法など、複数のメリットがあるというーー。「4月19日、厚生労働省がノババックス社製の新型コロナウイルスワクチンを承認し、5月下旬から国内で使用される見込みです。...
別窓で開く

新型コロナワクチン4回目接種前に知っておきたい5つのこと
 新型コロナワクチン接種が始まって1年2カ月が過ぎた。この間、早い人で3回接種を終えたが、連休明けには4回目接種が始まるという。対象は3回目接種から半年以上たった人だ。接種を希望する人が知っておきたい5項目を、先日、新型コロナウイルスの新しい治療メカニズムをつきとめ英医学誌に発表した、ハーバード&ソ...
別窓で開く

在中国EU商工会議所会頭「中国は世界で最後にコロナから抜け出す国になるかもしれない」
台湾メディアの自由時報によると、在中国欧州連合商工会議所(EUCC)のイエルク・ブトケ会頭はこのほど、ドイツメディアの単独インタビューで、「中国は世界で最後にコロナから抜け出す国になるかもしれない」との見方を示した。ブトケ氏は、中国政府が2022年の国内総生産(GDP)成長率目標を「5.5%前後」に...
別窓で開く

追加接種のワクチンは『変異株対応型』であるべし
我が国では5月以降、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の4回目のワクチン接種が始まろうとしています。4回目接種の対象は、60歳以上の高年齢層と、基礎疾患を持ち医師が必要と認めた方々に限定されそうです。ただ、用いるワクチンはこれまでと同じファイザー社のコミナティ—(BNT162b2)およびモ...
別窓で開く

文大統領、新型コロナのワクチン開発成功に「SKの努力が実を結びうれしい」
韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は26日、SKバイオサイエンスが新型コロナウイルスのワクチン臨床3相試験に成功したことと関連し「SKバイオサイエンスが許可申請をすれば、食品医薬品安全処(食薬処)は安全性に対する徹底した検証を迅速に進め、国内だけでなく海外でも活用できるよう努力してほしい」と呼びか...
別窓で開く

「7月にはマスクを外そう」感染症の専門医が明かす、マスクを外せる3つの条件
マスクを常に着用していると、子どもたちへの大きなリスクが……。浜松医療センターの矢野邦夫医師が警鐘を鳴らす。(「文藝春秋」2022年4月号より、全2回の1回目/ 後編 に続く)◆ ◆ ◆■人間らしい生活を送りたい 新型コロナウイルスの世界的なパンデミックが始まってから、2年以上が経過しました。...
別窓で開く


[ mrna ] の関連キーワード

アメリカ 北朝鮮 ドイツ