本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ダルビッシュ聖子、水族館へのお出かけを懐古 「素晴らしいママ」の声も
MLBサンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有投手の妻で元レスリング世界女王・ダルビッシュ聖子さんが25日、自身のAmeba公式ブログを更新。5年前にダルビッシュが遠征したときのことを振り返った。■水族館に訪れる聖子さんは、「今日は我が家が唯一一緒に遊びに出かけるお友達家族とシーワールドへ」と、水族館...
別窓で開く

大谷翔平にいまだ燻り続ける“今オフ”トレードの可能性。MLB公式サイト記者が予想する最有力候補は?
今季もMVP最終候補に挙がるなど、シーズンオフも米球界で話題の中心となったロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平。ワールド・ベースボール・クラシックへの出場の意思も表明するなど、2023年の新たな戦いへと向かおうとしている。【動画】MVP争いは必然!? 打っては34本塁打、投げては15勝! 大谷翔平の...
別窓で開く

J-ROD、ソト、ゲレーロJr.の若手トリオにサイ・ヤング右腕…WBCドミニカ共和国代表最強メンバーはアメリカ以上?<SLUGGER>
現地11月20日、ドミニカ共和国野球連盟が第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ向けた50人の代表予備リストを発表した。現役のメジャーリーガー輩出数ではアメリカに次ぐ規模を誇り、しかもWBCへの熱意も高いとあって、そこで今回はその中から「最強メンバー」を編成してみよう。 まず、打線は以...
別窓で開く

左翼手が必要なエンゼルス ミナシアンGMはミッチ・ハニガーを獲得すべきか?
 マリナーズがトレードでテオスカー・ヘルナンデス外野手を獲得したため、同球団からFAになったミッチ・ハニガー外野手(31)の移籍の可能性が高い。MLBネットワークのジョン・モロシ記者が21日(日本時間22日)ドジャースとエンゼルスが興味を持っていると報じている。 エンゼルスは大谷翔平とマイク・トラウ...
別窓で開く

3年前にMVPとなったベリンジャーがまさかの“自由契約”。日本の常識では想像しにくいノンテンダーとなった背景<SLUGGER>
現地時間11月18日、2019年にナショナル・リーグのMVPに輝いたロサンゼルス・ドジャースのスラッガー、コディ・ベリンジャーが「ノンテンダー」となって波紋を呼んでいる。 ベリンジャーと言えば、つい最近までMLBを代表する若手スター選手としての地位を確立していた。メジャーデビューした2017年にいき...
別窓で開く

「もう対戦しなくて済む」エンジェルス新加入左腕が大谷翔平との共闘に胸躍らす! 偉才放つ二刀流に「世代を超えた才能」と敬意
新加入の左腕も二刀流スターとの“共闘”に胸を膨らませている。 現地時間11月15日、MLB公式サイトをはじめとする複数の米メディアは、今オフにロサンゼルス・ドジャースからフリーエージェント(FA)となっていたタイラー・アンダーソンが、ロサンゼルス・エンジェルスと3年総額390...
別窓で開く

He'll dictate the dance steps.=キャッシュマンGMが呟いた「彼は交渉の主導権を握るだろう」【SHOHEI OHTANIに学ぶMLB英語】
(アーロン・ジャッジ(ゲッティ=共同))【SHOHEI OHTANIに学ぶMLB英語】#17 少し難解なフレーズだが、ジャッジとの契約延長交渉を前にヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMが呟いた言葉だ。ジャッジは今季開幕前、ヤンキースがオファーした8年総額2億1350万ドル(当時約256億円)の...
別窓で開く

大谷翔平に“ノーヒッターを阻まれた男”がエ軍加入! 米記者は「これは良い賭けだ」と投手力改善へ期待
ロサンゼルス・エンジェルスにとっては、願ってもない補強だ。 現地時間11月15日、MLB公式サイトをはじめとする複数の米メディアは、今オフにロサンゼルス・ドジャースからフリーエージェント(FA)となっていたタイラー・アンダーソン投手と3年総額3900万ドル(約54億2600万円)で合意したと一斉に報...
別窓で開く

エンゼルス 今季15勝の先発左腕アンダーソンを獲得 3年総額54億円
 エンゼルスは15日(日本時間16日)、ドジャースからフリーエージェントとなったタイラー・アンダーソン投手(32)と3年総額3900万ドル(約54億2600万円)で契約した。複数の米メディアが伝えた。 MLBで7シーズンプレーしたベテラン、アンダーソンは最初の6年間は29勝38敗、防御率4・62の平...
別窓で開く

「MLB断念」菅野智之に“温室育ち”のレッテル? “生涯巨人”で「監督当確」の声
■「もうメジャーで投げることはない」 プロ野球巨人の菅野智之投手(33)が来季も巨人に残留することが決まった。2020年オフは、ポスティングシステムによるMLB挑戦を目指しながら条件面などで折り合わずに断念。海外フリーエージェント(FA)権を初取得した昨オフに続き、今オフも行使はせず、「生涯巨人」が...
別窓で開く