本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「エシカルファッション」に対抗する「ジャパンレザー」の愁苦【COLUMN】
ファストファッションブランドにおける過剰生産、廃棄ロス、労働搾取、環境汚染などの問題から端を発した、「エシカル」(=倫理的な)の流れは、欧米ではこの数年でファッションブランド、消費者意識の新たな付加価値としてすっかり定着した。1990年代にハイファッションブランドを標的にしたアクティビストの行動が活...
別窓で開く

フルコース、ぜ〜んぶ餃子。大人女子の遊び場「SHE meguro」を体験
新年度が始まってもうすぐ2カ月。外出自粛の制限もなくなって、今後はお仕事終わりに一杯、なんて機会も戻ってくるかもしれませんね。今回は、仕事帰りや週末の女子会にもぴったりな「餃子フルコースディナー」を提供するお店があると聞きつけ、マイナビウーマン編集部の餃子好き、まっつん&あっさんが食べに行ってきまし...
別窓で開く

カワサキ「W」シリーズは何がスゴイのか? 50年以上続く最古参モデル 何度もあった空白期間
カワサキのバイクでZシリーズなどよりも歴史が古く、今なお新車が登場しているのが「W」シリーズです。半世紀以上のあいだに、実は何度も空白期間がありますが、そのたびに復活し、その勢いはますます強まっています。クセつよバイクと思いきや…時代の流れを読んできたWシリーズ 2021年12月にカワサキ「W800...
別窓で開く

川重から分社化「カワサキモータース」発足  HVお披露目 “漢カワサキ”なモデル続々?
川崎重工業からバイク・エンジン部門が分社化され「カワサキモータース」が創立しました。川重のなかではちょっと異質だったという部門、分社化で自由度が増しそうです。バイク事業がちょっと異質な存在だった川重 カワサキのバイクを製造販売する新会社「カワサキモータース」が発足し、2021年10月6日(水)にその...
別窓で開く

名車SR400消滅…しかし諦めるな! 奇跡の復活を遂げた伝説のバイク5選
名車と呼ばれたバイクの生産終了が相次いでいます。しかし、その人気の高さゆえに、復活を遂げたモデルも。熱烈な人気のあった伝説の5車種を紹介します。引退後も語り継がれるバイクたち 2021年3月、ヤマハSR400の最後のモデルとなる「SR400 Final Edition」(税込60万5000円)、「同...
別窓で開く

実は絶滅危惧種!? 空冷エンジンを搭載したネオクラシックなバイク5選
発売と同時に大きな人気を集めているホンダ「GB350」。空冷エンジンに丸目ライト、ティアドロップ型のタンクと、“これぞバイク”というオーソドックスなスタイルがバイクファン以外にも受け入れられているのが人気の理由です。しかし実は、空冷エンジンを搭載したネオクラシックスタイルのバイクは今や絶滅危惧種と言...
別窓で開く

アーモンド・スパークリングワインの「試飲イベント」が無料で開催!
SoCalizationから、試飲イベントが、2021年4月24日(土)〜4月25日(日)の期間開催になります。試飲イベントは、クラウドファンディングキャンペーン「金賞アーモンドスパークリングをコンテナ輸入し5000本分の“家族愛”を広めたい!」をさらに推進するべく開催する企画です。...
別窓で開く

眠っていた心に火をつける「最新個性派マシン」傑作12台【再びバイクにハマる理由】
【特集】再びバイクにハマる理由2020年秋に登場予定だったモデルが後ろ倒しになるなど、例年に比べ今春のニューモデルは大豊作。13年ぶりにフルモデルチェンジしたスズキの「ハヤブサ」や、ハーレー初のアドベンチャー「PAN AMERICA」、購入ラストチャンスとなったヤマハ「SR」など、注目の新作や復刻モ...
別窓で開く

自宅で大食いチャレンジ! 出前専門店デリズの「デカ盛りメニュー」を注文してみた!
食楽web 緊急事態宣言が再発令され、一層こもりがちな日々をお過ごしのことでしょう。自宅で仕事をするのも慣れたし、食材もネットスーパーで注文できる時代ですから、とくべつ不便はありません。しかし、何らかの娯楽は常に欲しいものです。 テレビ番組の大食い企画が大好きで、「前から挑戦してみたかったデカ盛り料...
別窓で開く

スタンレー×SEA、シンプルなロゴだけどインパクト大なコラボアイテム登場
マグやボトルなどでお馴染みのSTANLEY(スタンレー)といえば、真空スチールボトルの原型を生み出したアメリカのサーマルウェアブランド。この100年を超える歴史を持つスタンレーから、日本のストリートウェアブランド「WIND AND SEA(ウィンダンシー)」とのコラボアイテムが登場しました。...
別窓で開く


<前へ12次へ>