本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



体重超過で減給のザイオン、減量でボーナス支給のディーオウ——NBA選手たちの特殊な契約形態<DUNKSHOOT>
先日、ニューオリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンが延長契約を締結。内容は5年で1億9300万ドルのMAX契約だが、ここに今季オールNBAチーム入り、あるいはMVP、最優秀守備選手賞に選ばれれば、金額が2億3100万ドルに跳ね上がることが話題になった。 ただしこの契約には条項が盛り込まれてい...
別窓で開く

MAX額の延長契約を望むグリーンに、ウォリアーズはオファーせず?黄金期を築いた生え抜きビッグ3に存続の危機<DUNKSHOOT>
現地時間7月27日、米メディア『The Athletic』のマーカス・トンプソン二世記者とアンソニー・スレイター記者が、ゴールデンステイト・ウォリアーズに所属するドレイモンド・グリーンの契約に関する話題を伝えた。 ウォリアーズはステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、グリーンという自チームでドラフト...
別窓で開く

8人の“オリジナル選手”が所属するウォリアーズ。オーナーが贅沢税の支払いに不満を吐露「非常に不公平なシステム」<DUNKSHOOT>
NBAの2022−23シーズンのサラリーキャップは1億2365万5000ドル(約170億6439万円)となり、ラグジュアリータックス(贅沢税)支払いを課される基準となるタックスレベルは1億5026万7000ドル(約207億3685万円)となった。『SPOTRAC』のキース・スミス記者によると、現時点...
別窓で開く

「ここが僕のホームなんだ」ウィザーズ残留のビールが“チーム愛”を語る「19歳の時と同じような気持ち」<DUNKSHOOT>
ワシントン・ウィザーズは現地時間7月6日、エースのブラッドリー・ビールと5年約2億5100万ドル(約341億3600万円)というMAX額で再契約を締結した。 ビールは2012年のドラフト1巡目3位でウィザーズに入団。1年目から先発シューティングガード(SG)を任され、平均13.9点をあげる活躍でオー...
別窓で開く

ビールがウィザーズ残留を決断した理由を告白「4人のオールスターとプレーするより、このチームでやり遂げたいんだ」<DUNKSHOOT>
2012年のドラフト1巡目3位でワシントン・ウィザーズから指名されたブラッドリー・ビールは、昨季までのキャリア10シーズンで3度のオールスター出場、1度のオールNBA3rdチーム選出に加え、2020、21年には2シーズン連続で平均30点超えをマークするなど、リーグ屈指の実力者として名を馳せてきた。...
別窓で開く

「彼らを失望させるわけにはいかない」22歳の誕生日にペリカンズと延長契約を結んだザイオンが決意表明!<DUNKSHOOT>
現地時間7月6日(日本時間7日)。80人もの子どもたちが参加するサマーキャンプの会場(ニューオリンズのドリュアデス)で、ニューオリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンがチームから受け取った“誕生日プレゼント”にサインした。「(これまでで)一番だね」とザイオンが口にしたプ...
別窓で開く

「シカゴは僕のホーム」ブルズと再契約したラビーンが“チーム愛”と新シーズンへの意気込みを語る<DUNKSHOOT>
昨季はイースタン・カンファレンス6位の46勝36敗(勝率56.1%)でレギュラーシーズンを終え、2016−17シーズン以来、5年ぶりのプレーオフ進出を飾ったシカゴ・ブルズ。だがミルウォーキー・バックスとのプレーオフ1回戦では、左ヒザの関節鏡手術から回復が遅れていたロンゾ・ボールが全休、ザック・ラビー...
別窓で開く

トレードの噂が浮上しているアービング。元得点王のレジェンドは実力を評価「カイリーは長期契約に値する」<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは、FA交渉が解禁された現地時間6月30日(日本時間7月1日)を前に来季のプレーヤーオプション(3690万ドル)を行使し、形式的にはチームに残留する格好となった。 しかし、本人が望んでいたとされる長期契約を結ばなかったことでトレードの噂が浮上、さらにチームメ...
別窓で開く

交渉解禁初日から大型契約続出のNBA。イングルズのバックス移籍第一報を報じた“極めて近しい”情報源とは<DUNKSHOOT>
現地時間6月30日、フリーエージェント(FA)選手との交渉が解禁となったNBAでは、初日から多くの選手が延長契約や再契約、移籍に合意するニュースが報じられた。...
別窓で開く

初の1stチーム入りしたテイタムがオールNBAチームのルール改正を提案「何かを変える余地はある」<DUNKSHOOT>
現地時間5月24日、NBAは2021−22シーズンのオールNBAチームを発表した。 1stチームから3rdチームまで各5選手ずつ、計15人の精鋭が選ばれたなか、自身初となる1stチーム入りを果たしたのがボストン・セルティックスのジェイソン・テイタムだ。 キャリア5年目の今季、24歳のフォワードは平均...
別窓で開く


[ max dunkshoot dunkshoot ] の関連キーワード

dunkshoot ザイオン ブルズ シカゴ nba

<前へ123次へ>