本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



交渉解禁初日から大型契約続出のNBA。イングルズのバックス移籍第一報を報じた“極めて近しい”情報源とは<DUNKSHOOT>
現地時間6月30日、フリーエージェント(FA)選手との交渉が解禁となったNBAでは、初日から多くの選手が延長契約や再契約、移籍に合意するニュースが報じられた。...
別窓で開く

初の1stチーム入りしたテイタムがオールNBAチームのルール改正を提案「何かを変える余地はある」<DUNKSHOOT>
現地時間5月24日、NBAは2021−22シーズンのオールNBAチームを発表した。 1stチームから3rdチームまで各5選手ずつ、計15人の精鋭が選ばれたなか、自身初となる1stチーム入りを果たしたのがボストン・セルティックスのジェイソン・テイタムだ。 キャリア5年目の今季、24歳のフォワードは平均...
別窓で開く

「我々はがっかりしている」エイトンのサンズ退団は不可避?代理人が移籍匂わせ「リーグには他のチームもある」<DUNKSHOOT>
約1か月後に迫ったオフの移籍マーケットで、去就が注目されている1人がフェニックス・サンズのディアンドレ・エイトンだ。 2018年のドラフト1位でサンズに入団したエイトンは、今季開幕前にMAX契約での延長を望んでいた。同期入団のミカル・ブリッジズは一足早くチームとの延長契約に合意したが、エイトンとの交...
別窓で開く

エイトンとサンズの間に亀裂?大一番で17分の出場に終わった一件にウィリアムズHCは「内部の問題」<DUNKSHOOT>
現地時間5月15日にアリゾナ州フェニックスで行なわれたフェニックス・サンズとダラス・マーベリックスによるプレーオフ・カンファレンス準決勝第7戦は、123−90と予想外の大差でアウェーのマーベリックスが勝利。初優勝を果たした2011年以来のカンファレンス決勝に駒を進めた。...
別窓で開く

「フェニックスが大好き」サンズとの延長契約を望むエイトンが心境を告白「僕はリスペクトされたいだけ」<DUNKSHOOT>
2018年のドラフト全体1位でフェニックス・サンズから指名されたディアンドレ・エイトンは、211センチ・113キロのビッグマンだ。キャリア3シーズンでいずれも得点とリバウンドで平均ダブルダブル、昨季は平均14.4点、10.5リバウンド、1.4アシスト、1.2ブロックにフィールドゴール62.6%を記録...
別窓で開く

コビーと「ショーを披露できただろう」。ポールが破談となった2011年のレイカーズ移籍を回顧<DUNKSHOOT>
現代トップクラスの司令塔であるクリス・ポールは、昨年11月にトレードでフェニックス・サンズへ移籍し、プロ16年目で初のNBAファイナル進出を果たした。オフには4年総額1億2000万ドル(約132億円)で再契約を結び、悲願のリーグ優勝を目指すが、ポールのキャリアを語るうえで、今でもたびたび話題に上る&...
別窓で開く

レナードの引き留めに成功したクリッパーズ。現体制での優勝のチャンスはあと3年?<DUNKSHOOT>
8月2日(日本時間3日、日付は以下同)に幕を開けたフリーエージェント(FA)戦線は選手の移籍が落ち着き、各チームの戦力が徐々に明るみになってきた。 イースタン・カンファレンスではマイアミ・ヒートがカイル・ラウリー、PJ・タッカー、ブルックリン・ネッツはパティ・ミルズ、ジェームズ・ジョンソンといった計...
別窓で開く

点取り屋のウォーカー、名シューターのアレン、リバウンド王ドラモンドらを輩出したコネティカット大の最強メンバーは?<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)。そこでの活躍はプロを目指す若手選手たちにとってNBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターを送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大...
別窓で開く


<前へ1次へ>