本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



MAX額の延長契約を望むグリーンに、ウォリアーズはオファーせず?黄金期を築いた生え抜きビッグ3に存続の危機<DUNKSHOOT>
現地時間7月27日、米メディア『The Athletic』のマーカス・トンプソン二世記者とアンソニー・スレイター記者が、ゴールデンステイト・ウォリアーズに所属するドレイモンド・グリーンの契約に関する話題を伝えた。 ウォリアーズはステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、グリーンという自チームでドラフト...
別窓で開く

「ここが僕のホームなんだ」ウィザーズ残留のビールが“チーム愛”を語る「19歳の時と同じような気持ち」<DUNKSHOOT>
ワシントン・ウィザーズは現地時間7月6日、エースのブラッドリー・ビールと5年約2億5100万ドル(約341億3600万円)というMAX額で再契約を締結した。 ビールは2012年のドラフト1巡目3位でウィザーズに入団。1年目から先発シューティングガード(SG)を任され、平均13.9点をあげる活躍でオー...
別窓で開く

ビールがウィザーズ残留を決断した理由を告白「4人のオールスターとプレーするより、このチームでやり遂げたいんだ」<DUNKSHOOT>
2012年のドラフト1巡目3位でワシントン・ウィザーズから指名されたブラッドリー・ビールは、昨季までのキャリア10シーズンで3度のオールスター出場、1度のオールNBA3rdチーム選出に加え、2020、21年には2シーズン連続で平均30点超えをマークするなど、リーグ屈指の実力者として名を馳せてきた。...
別窓で開く

交渉解禁初日から大型契約続出のNBA。イングルズのバックス移籍第一報を報じた“極めて近しい”情報源とは<DUNKSHOOT>
現地時間6月30日、フリーエージェント(FA)選手との交渉が解禁となったNBAでは、初日から多くの選手が延長契約や再契約、移籍に合意するニュースが報じられた。...
別窓で開く

「今の彼は楽しめていない」ウィザーズOBがビールの精神状態を危惧「色んなことを考えすぎている」<DUNKSHOOT>
現地時間2月7日(日本時間8日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズはホームのキャピタルワン・アリーナでマイアミ・ヒートを迎え撃つも、一度もリードを奪うことができずに100−121の完敗を喫した。 イースタン・カンファレンス首位のヒート(35勝20敗/勝率63.6%)に対し、ウィザーズは序盤戦こそ...
別窓で開く

点取り屋のウォーカー、名シューターのアレン、リバウンド王ドラモンドらを輩出したコネティカット大の最強メンバーは?<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)。そこでの活躍はプロを目指す若手選手たちにとってNBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターを送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大...
別窓で開く

ブッカーは不動のエース、エンビードは古豪復活の立役者に。各チームの最古参プレーヤーは?【Part.2】〈DUNKSHOOT〉
1990〜2000年代のNBAには、ジョン・ストックトン、レジー・ミラー、ティム・ダンカン、コビー・ブライアントといった引退まで同一チームで過ごしたフランチャイズプレーヤーや、ケビン・ガーネットやポール・ピアース、ドゥエイン・ウェイドなど、ドラフトで指名された球団に10年以上在籍した選手が複数いた。...
別窓で開く


<前へ1次へ>