本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ファーウェイがハーモニーOS3.0発表、IoTの進化による「全く新たな体験」強調
ファーウェイ(華為技術)は27日、オンライン方式で同社開発のOSである鴻蒙3.0(ハーモニーOS3.0)のリリースを宣言した。■IoTをさらに進化させ深化させるためのOSハーモニーOSは2019年の「1.0」の発表時から、IoT(モノのインターネット)を特に念頭に置いたOS(基本ソフト)と紹介されて...
別窓で開く

日本で「トップ賞」を獲得、ファーウェイの“技ありタブレット”の実力とは
華為技術(ファーウェイ)のHUAWEI MatePad Paperに触れてみて、「これは興味深い」と感じずにいられなかった。既存の商品カテゴリーにより同製品を分類するならば電子書籍リーダーとせざるをえないだろうか。たしかに電子書籍リーダーとしてとてもよく考えられている製品だ。しかし、単なる電子書籍リ...
別窓で開く

イメチェン進行中、次のステップ目指す「ファーウェイ in JAPAN」
華為技術の日本法人である華為日本(ファーウェイ・ジャパン)は15−17日に開催された日本国内最大級のICTイベントである「Interop Tokyo 2022」(会場・幕張メッセ)に出展して、多くの製品やソリューションを紹介した。今回の出展では、日本企業との協力の紹介に力を入れるなどで、「日本に根付...
別窓で開く

ファーウェイがE Ink採用の10.8インチタブレット「HUAWEI MatePad Paper」を6月9日発売へ
ファーウェイ・ジャパンは、「HUAWEI MatePad」タブレットの新製品「HUAWEI MatePad Paper」を6月9日に発売します。市場想定価格は6万4800円(税込)。シリーズで初めて、E Inkを採用した10.8インチ HDディスプレイを搭載するタブレット。重量360g、厚さ6.65...
別窓で開く

ファーウェイ「スマートオフィス」グローバル発表会
 2022年2月27日、中国通信機器大手のファーウェイ(華為技術・HUAWEI)は、「スマートオフィス」グローバル発表会を開き、コンシューマー事業担当の余承東(リチャード・ユー)最高経営責任者(CEO)が新製品を紹介した。価格はユーロで発表され、日本円表示は参考価格。...
別窓で開く

ユニークな使い方ができる低価格タブレット4選【価格破壊なヒットモノ実力診断】
【価格破壊なヒットモノ実力診断】iPad以外にもユニークな製品が登場しているタブレット。ペンでの描画やメモ付きドキュメントのやり取り、読書、動画視聴、ゲーム、リモート会議など、用途を考えてチョイスすれば、スキマ時間が豊かになること間違いなし!*  *  *ブレット市場はiPadシリーズが牽引する状況...
別窓で開く

高級機とお手軽モデルの二極化が顕著だったタブレット4選【2021上半期PC&ガジェット大賞】
【2021上半期PC&ガジェット大賞】昨年から続くワークスタイルやライフスタイルの急激な変化に対応した新モデルが続々とリリースされ、まさに買い替え需要も絶好調だ。...
別窓で開く

PCとワイヤレス接続可能な外付けモニターで手軽に大画面化しよう!
もはや日常の一部となったテレワーク、仕事の効率を考えたらPCモニターの選択はかなり重要です。8月20日発売予定のファーウェイ・ジャパン「HUAWEI MateView」(市場想定価格:8万9800円)は、4K解像度による緻密な表現とリアルな色表現、さらにシームレスな操作感を追求したハイエンドなディス...
別窓で開く

軽くてディスプレイも見やすく音もいいハイコスパなタブレット
いまや大人はもとより子どもたちも、オンラインでの授業や習い事、ワークショップへの参加が当たり前にできる時代です。「そろそろ、子どもと一緒に使うタブレットがあってもいいかも」と考え始めているなら、ぜひチェックしておきたいのがファーウェイのエントリー向けタブレット「MatePad T」シリーズの新モデル...
別窓で開く

もうこれだけハイスペックだとPC代わりとしても余裕です!
ちょっと前まで「見る専用」と割り切って使うことの多かったタブレットPC。でもスペックにこだわって選べば、十分PC代わりになるのでは…そんな思いを新たにさせてくれるのが、ファーウェイ・ジャパンの新作タブレット「HUAWEI MatePad Pro」(市場想定価格:5万9800円/税別)。PC顔負けの強...
別窓で開く


<前へ12次へ>