本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



脱炭素目指す国際会議、日本で集中開催…水素・アンモニア活用など議論
 経済産業省は、脱炭素社会を実現するグリーントランスフォーメーション(GX)に関連した国際会議を26日から集中して開く。会議には海外の閣僚も参加し、次世代燃料の水素やアンモニアの活用や、液化天然ガス(LNG)の安定供給といった課題を議論する。...
別窓で開く

 【ヒューストン時事】「シェール革命」で世界最大の産油国となった米国では、ロシアのウクライナ侵攻を背景にエネルギー価格の高止まりという追い風が吹く中、原油増産への機運が盛り上がりを欠いている。設備や人件費の高騰で開発が進まず、バイデン政権誕生後、脱炭素化の流れも加速したためだ。...
別窓で開く

ニチレキ×MORESCO 資源の確保が重要テーマに…石油製品関連メーカーを比較【ライバル企業の生涯給与】
(ニチレキとMORESCO(C)日刊ゲンダイ)【ライバル企業の生涯給与】 資源をいかに確保するか──。世界的な問題となっています。ロシア産のLNG(液化天然ガス)を巡り、欧州各国はそれぞれの立場で対応が異なっているようです。原油も似たような状況で、ウクライナ紛争をきっかけに資源エネルギー問題は重要テ...
別窓で開く

 大阪ガスは20日、12月検針分からガス料金の上限額を段階的に引き上げると発表した。都市ガスの原料である液化天然ガス(LNG)などの高騰が今後も続く見通しのため。 対象は一般料金を契約している大阪など2府4県の一般家庭や法人。12月〜来年5月に上限額を徐々に引き上げる。...
別窓で開く

ロシア産天然ガス、中国を経由して欧州に流れる—独メディア
2022年9月17日、独国際放送局ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは、ロシアの天然ガスが中国を経由して欧州に輸出されていると報じた。記事は、今年に入って中国のエネルギー企業が国際市場ですでに400万トンの液化天然ガス(LNG)を販売しており、欧州が今年上半期に消費した天然ガスの7%前後に相当すると紹...
別窓で開く

電力不足ニッポンで「EV普及」を一気に進めても大丈夫?
"EV元年"と呼ばれる今年は、国内の自動車メーカーから新型EVが続々デビュー! しかし、ここで気になるのは電力不足だ。一時期ほどの騒ぎにはなっていないが、相変わらず厳しい状況は続いており、「今冬はもっと電力逼迫が綱渡り状態になる」なんて声も!そんななか、充電時に大量の電力を使うEV推しを続けて問題な...
別窓で開く

フジテレビ「全力!脱力タイムズ」で齋藤孝教授にモノマネされたYouTuberのヘライザー総統「テレビ、がちオワコンてこと」
9月16日のフジテレビ「全力!脱力タイムズ」では、「今からでも間に合う! SNS動画の入門編を解説!」との特集が放送された。生配信の練習ということで、犯罪心理学者の出口保行さんが暴露系YouTuberのガーシー議員っぽい配信を、教育学者の齋藤孝教授が時事系YouTuberのヘライザー総統っぽい配信を...
別窓で開く

「岸田不況」という悪夢 専門家も呆れる「所得の国外流出」「LNG大型契約打ち切り」の大失態
 小麦、大豆、肉、原油……。日々の生活に欠かせない品々の価格高騰が止まらない。先ごろ、政府が発表した物価高対策も弥縫策の域を出ず、日本はすでに“経済無策”によって「岸田不況」に突入していると、専門家は警鐘を鳴らす。 *** 9月9日、首相官邸で開かれた「物価・賃金・生活総合対策本部」において、低所得...
別窓で開く

■日本企業で拡大する政治と経済のジレンマゾーン ウクライナ侵攻によって日露関係が悪化する中、ロシア極東の石油・天然ガス開発プロジェクト「サハリン2」について、ロシア政府は8月31日、三井物産と三菱商事が新たに設立したロシア企業に出資することを承認した。 プーチン大統領は6月末、サハリン2について事業...
別窓で開く

【深センIPO】LNG輸送、販売の勝通能源、初値は公開価格を20%上回る32.14元
 深セン証券取引所のメインボードへの上場を目指している、勝通能源(001331/深セン)が9月8日、深セン証券取引所のメインボードに新規上場した。公開価格78.80元に対し、初値は20.01%高い32.14元だった。取引開始後さらに値上がりし、終値は値幅制限いっぱいとなる同43.99%高の38.56...
別窓で開く