本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



徳島の病院に謎のサイバー攻撃 電子カルテ使えず診療に大きな支障
徳島県西部の小さな町、つるぎ町にある半田町立病院が、全国的に注目されている。患者情報などを蓄積しているコンピューターシステムが、国際的な犯罪組織によるサイバー攻撃を受けて使えなくなり、「身代金」を要求されたのだ。町は要求に応じない姿勢だが、診療体制は大打撃。全国メディアでも再三報じられる事態となって...
別窓で開く

なぜ日本ではキャッシュレス決済が広がらないのか。一橋大学名誉教授の野口悠紀雄さんは「日本のキャッシュレス決済は手数料が高い。小売業の営業利益率を考えれば、広がらないのは当然だろう」という——。※本稿は、野口悠紀雄『CBDC 中央銀行デジタル通貨の衝撃』(新潮社)の一部を再編集したものです。■韓国は9...
別窓で開く

急成長の巨大プラットフォーマー「LINE」のずさんな管理体制 〜朝日新聞社取材班が「新聞協会賞」受賞
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月22日放送)に朝日新聞編集委員の峯村健司が出演。2021年度の新聞協会賞ニュース部門での朝日新聞社「LINE」問題調査報道取材班の受賞について解説した。LINEのロゴ 政府、LINEに報告要求=2021年3月19日 写真提供:共同通信社LIN...
別窓で開く

「ワイド!スクランブル」視聴者質問偽装、BPO入りで浮き彫りになったテレビマンの苦悩
 テレビ朝日の「大下容子ワイド!スクランブル」で、視聴者からとして放送していた質問は番組スタッフが作ったものだったという問題が再燃している。11月12日、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が、放送倫理違反の疑いがあるとして審議入りを決めたのだ。確かに視聴者を装った質問は問題ではある...
別窓で開く

“平井卓也推し”を隠さない四国新聞…「身内びいき」せざるを得ない記者の“本音”とは?
 ずっと心配してました。選挙が終わってから急に元気がなくなったからです。どうしたんだ、四国新聞さん。香川県の外から心配していました。 おさらいしておくと四国新聞は平井卓也氏(初代デジタル大臣)の弟が社長で、母が社主を務める。メディアの経営一族から政治家も出している。...
別窓で開く

《『おかえりモネ』最終回》「お姉ちゃんは正しいけど冷たいよ」…百音・菅波の“東京組”が、決して「ロールモデル」ではなかったワケ
 朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の主題歌BUMP OF CHICKEN『なないろ』は、オープニング映像の時間に合わせて編集されている。もちろん他の作品の主題歌も多くがそうだ。...
別窓で開く

“芸能界最強占い師”といわれ、テレビ・ラジオ・雑誌など、さまざまなメディアで活躍中のゲッターズ飯田が贈る、今週しあわせになる、ちょっといい言葉。ゲッターズ飯田[今週のしあわせ言葉]優しいのに、優しそうに見えない人がいる。優しそうに見せる努力は大切実際に会うと良い人だったり、話してみると面白い人だった...
別窓で開く

松坂大輔・斎藤佑樹 引退試合に見る「歴史の継承」
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、今季(2021年)ユニフォームを脱ぐことを表明し、引退試合を行った斎藤佑樹投手・松坂大輔投手にまつわるエピソードを取り上げる。【プロ野球西武対日本ハム】試合前に西武・松坂大輔が引退会見を行った。...
別窓で開く

“芸能界最強占い師”といわれ、テレビ・ラジオ・雑誌など、さまざまなメディアで活躍中のゲッターズ飯田が贈る、今週しあわせになる、ちょっといい言葉。ゲッターズ飯田[今週のしあわせ言葉]前に進むということは、良いことも悪いことも受け入れるということ新しいことに挑戦するときや、前に進もうとするときは、全部が...
別窓で開く

もはや「嫌がらせ」「ごね得」にしか見えない小室圭母の元婚約者!この期に及んでまだ愚痴と泣き言——ほか9編
もはや小室圭フィーバーといってもいいだろう。彼がちょん髷風の髪を切ったといっては騒ぎ、写真が就職先であるニューヨークの法律事務所のウェブサイトに掲載されたと騒ぐ。嫌いも好きのうちというが、日本人の多くは彼のことが好きなのかもしれない。26日(2021年10月)の会見の日は、結婚を反対するデモもあるか...
別窓で開く


[ line 朝日新聞 ] の関連キーワード

ロールモデル 朝日新聞社 line

<前へ1234次へ>